amp編集部amp編集部

あなたの仕事は大丈夫?10年後に消える仕事と生き残る仕事とは?

Sponsored

昨今、凄まじいITの技術革新によって、これまで人間の手でしかできなかったことも、ロボットや機械がそれを担うようになる時代になりました。
そんなITの進歩によって私達の生活は便利になっていく反面、今後10年以内に消えていく仕事も出てきました。

今回は、先日話題になっていたオックスフォード大学の教授が書いた研究論文を照らし合わせながらこれからの時代を生き抜いていく方法をご紹介いたします。


あと10年で消える職業、生き残る仕事

出典:nikkei.com
AI(人口知能)の研究者であるオックスフォード大学の教授のマイケル・A・オズボーン准教授らが発表した論文が衝撃的で話題になっています。

彼らは、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。
その結果、上記の職種が今後10年以内に「消える職業」「生き残る職業」と判明したそうです。

今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至り、上記の職種は、90%の確率でコンピューターに代わられる確率があるそうです。
もし、あなたが上記の職種に該当するのであれば少し、考えた方が良いのかもしれません。


「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される。」by GoogleCEO

出典:crunchtimer.jp
グーグルの創業者であり、現CEOであるラリーペイジもファイナンシャル・タイムのインタビューでこう語っています。

「ソフトウェアが運転手やウエイター、そして看護師の代行をするため、仕事の需要がどんどん減っていくだろう。特に大したスキルを必要としない仕事は次の20年でどんどん少なくなる。だけど、まだ誰も心の準備ができていないように感じます。」

「コンピューターが数多くの仕事をするようになる。これは私たちが “仕事をする” という考えを大きく変えることになるだろう。あなたはこんな現実は嫌だと思うかもしれないけど、これは必ず起こることなんだ。」


テクノロジーが発達すればするほど、人間が行う仕事はどんどん無くなっていく。
むしろ、知識生産型の仕事はテクノロジーに任せた方が効率的になるはず。
創造性を必要としない仕事はすべてテクノロジーによって代行されるでしょう。
これまでも技術革新によって、人間の生活は変化してきた。これからの10年は今まで以上に加速すると考えられます。


保育、美容師、医療介護などの人間のソフトな部分のニーズは高まる!?

ここまで聞いて、絶望的になることはありません。
人間が行っている仕事が100%ロボットやテクノロジーに代行するということはありえないからです。
ロボットやテクノロジーがどんなに発達してもなくならない仕事が2つだけあります。

それは「人間味・創造性」のある仕事や自らが「仕事をつくる」ことです。

例えば、「教育」「芸術」「芸能」「医療介護」「保育」「美容師」という人間だからこそできる仕事があります。
これらは、ロボットによって代行することも充分可能な分野ですが「人間×人間だからこそ」成立する仕事でもあります。
全てが"効率化を重視する"世界が発達すればするほど、人間の本来あるべき「精神的」な部分のニーズが高まってくるはずです。

自分で仕事を創り出せる人は生き残れる!?

そして、もう一つが「自分で仕事を作り出すこと」です。
10年後は「会社」という組織は過去の遺産となっているはずです。そんな中で自分で仕事を作り出せる人は強いと思います。
最近では、小学生からプログラミングを学ぶ子供も増えているそうで、プログラミングを義務教育化しようという声もあるそうです。

インターネットはこの先もなくなりません。むしろ発展していくと思います。
その時に自分で仕事をつくれる人は、時代に流されずに生きていくことが可能です。
今後、テクノロジーが発達することで「自分で仕事を創造できる人」の価値はますます高まってくると思います。
プログラミングを学ぶことで、自分の手で仕事を創れることは武器になるはずです。

また、プログラミングは開発スキルだけではなく、"論理的思考"も養うことができます。
仕事をより生産的かつ効率的に行うには、論理的思考が不可欠です。

プログラミングを今から学ぶことは遅くありません。
10年後、あなたはどんな仕事をしながら生きていたいでしょうか?



10年先と考えると随分先のようにも思いますが、時間が立つのはすぐ。
今からできることを増やしておくことは、これからの時代を生きていく中で、必ずあなた自身の糧になると思います。


スマ検





Sponsored
amp編集部amp編集部

草生えた!花咲いた!中国最新ファッショントレンドは頭から草生やす。

中国四川省の成都市界隈で流行っているらしいファッショントレンドは、頭から草や花を生やすことだそうだ。老若男女問わず道行く人々の頭から発芽してる。どこかでみたことある光景と思いきや、そうあれだ、ピクミンだな。引っこ抜きたくなるなこれ。


記事提供=カラパイア


街を歩いていると頭に草を生やしたり花を咲かせている人々を目撃することができる。
出典:karapaia
これはヘアクリップにプラスチック製の草や花がくっついているというもので、1つ5元(95円)で売られているそうだ。その種類は100種もバリエーションがあるという。
出典:karapaia
いやでもこれはちょっと欲しくなってきたぞ。
頭から草はやしたくなってきたぞ。
日本でも売ってないかしら。

via:xinhuanet

PAGE TOP