MfG AKIMfG AKI

ベルリン出身の美人芸人さんのコメディが際どすぎて衝撃的

最近の日本だったら、多分、放送させてくれなさそうな、ギリギリラインの際どいコントがドイツにはありまして。

演じているのは、数々の賞を受賞している、ベルリン生まれ、ベルリン育ち、実力派女優兼コメディアンMartina Hill (マルティナ・ヒル)。

日常の『あるある』をちょっとひねった、数ある彼女のコントの中から、大人な作品を集めてみました。


Unangenehmer Bus-Nachbar

出典:youtube
整った鼻筋と力強い目元が美しい、この痴女、じゃなくて、この女性がMartina Hill。

たまたま乗ったバスの中、空いてた席に座ったら、隣に座る見知らぬ男性は、爆睡中。。。

Der Geilste!

出典:youtube
仕事中に、上司に、お尻をペロンと触られた!!
こんな時、どうする?どうする?どうする?

「この。。。変態!!」

罵るだけじゃ収まらない!!

Sexy Underwear

出典:youtube
流しの下、どうやら、水漏れしてるみたい。
業者さんに来てもらって、一緒に覗き込んで。。。

こういう格好すると、下がってるのって、やっぱり気になるよね。
分かるよ。分かる。

でも、ゴメン。2度見しちゃうわ〜。

Entspannung

出典:youtube
日頃の疲れは、フィットネスで発散。のつもりが、まだ疲れが取れなくて。。。
親切なトレーナーが、個別指導してくれるのはいいんだけども。。。

えーっと、これ、下心あり?なし?意識し過ぎ???

Weil du so laut redest

出典:youtube
久しぶりに会った友達と、一緒にレストランでランチ。
楽しそうに喋り続ける彼女。
ふと気づいたら、周りの視線が、あれ?
みんな、こっち見てる???

「ねぇ、もうちょっと静かに喋ってよ。みんな見てるから、恥ずかしいわ。」


Auf der Suche nach

出典:youtube
友達の家でホームパーティ。
みんなが、和やかに楽しんでるなか、どうやら、アレ、無くしちゃったみたい。
本棚にも、カーテンの裏にも無いみたい。

どこいっちゃったの〜???

さくさく

【レポート】初めてのWINNER「WWIC 2015」に行ってきた。

私が今ハマりにハマっている「WINNER」。

泣く子も黙るK-POP界のカリスマ・BIGBANGを擁する事務所から、熾烈なサバイバルを勝ち抜き、8年ぶりにデビューした5人組ボーイズグループです。

先日、彼らのファンクラブイベント「WWIC(WORLD WIDE INNER CIRCLE CONFERENCE)2015」に参加してきました。

私にとって初めてのWINNERとの対面。
興奮冷めやらぬうちに、その様子をお伝えしようと思います。


そもそも私がなぜうぃのにはまったか。

WINNERがデビューする頃、私は私生活とヲタ活の狭間で悩み、K-POPのすそ野は縮小傾向。たくさん入っていたファンクラブも次々に退会、ヲタクをやめない程度に落ち着いていくつもりでした。

が、そんな矢先に彼と破局。

愛しさと切なさとやるせなさと寂しさで自暴自棄になり、ストッパーが外れたようにまたK-POPを貪りだしました。

とにかく何かにハマりたくて、ハマりたくて、ハマりたくて、2014秋。
ふと見始めたのが「WINNER TV」。

音楽番組は欠かさずに見ていたのでWINNERの曲は知っていた。
そして、その上曲が好みで気になってた。

その時は「これハマったらやばいなw」と、草生やしてましたが、絶妙なタイミングであの番組を見たがためにまんまと穴に落ちてしまいました。

あの手の番組見てハマらないヲタのみなさん、その自立性尊敬します。

こうして彼氏と引き換えにうぃのに出会い。
ゴリゴリのヲタロードに舞い戻ってきた次第。

ちなみに私のおすすめはep.8ですので貼っておきますw

さすがYG、コンセプトがおしゃれ。

ハマった時期がちょうどツアー終了直後という最悪のタイミングだった為、しばらく目立った活動がないまま、新米ペン(=韓国語読みのファンのこと)としては悶々とした日々が続きました。


そんな中、発表された「WWIC」というキーワード。
「カムバか?」「イベントか?」など様々な憶測が飛び交いました。


そしてティーザー映像公開。ファンミーティングだったのね!

シックながらも、イメージを固めてかっこよく仕上げてるなあ。
初めてのWINNERイベント、しかも韓国芸能界きってのおしゃれ事務所・YGということで期待は膨らむばかり。


ほどなくして、中国・韓国でのファンミーティング開催。

写真とともにメンバーの歴史を振り返るカンファレンス形式のイベントや、テヒョンのDJ・スンユンの弾き語りなどWINNERとは別の一面を見せたパフォーマンス。内容までおしゃれかい!と鼻息荒く日本の公演を待っておりました。

そしていよいよ日本公演!しかし・・・!

出典:WINNER TV放送画面より
ようやく待ちに待った日本公演がスタート。

が、内容を聞いてびっくり。
体力測定にクイズ合戦、伝言ゲームなどでWINNERのWINNERを決めるという、ザ・ファンミーティングなラインナップ!
思いっきり韓流アイドルじゃないか!www

おまけに負けたらコスプレという罰ゲームつきwwww(画像は関係ありません)
おいおいどこまでもアイドルwwww

スーツでビシっと決めてキャスター付きの椅子に座っていた彼らはどこへ…

でもこういうバラエティがかった、はっちゃけたイベントは日本ならでは。
結局終始笑いっぱなしで、思いっきり楽しんでしまいましたw

輝くキムジヌ

出典:Weekly Idol放送画面より
個人的にMVPをあげたいのは自称・愛嬌担当の最年長、ジヌ君。

回数で競う握力測定では、機械の反応がにぶくて記録が伸びず、
二重跳びをすれば一度もできずに縄に絡まり、
早押しクイズは遅れを取ってずっと正解できず…

なんだろうこの報われなさは...
WINNER TVで見せた数々の伝説的な残念が脳裏をよぎります。

しかし、それでも笑顔を絶やすことなく楽しそうにゲームをしている彼を見て、「こうやってゲームできるのもデビューしたからだもんね、デビューできて本当によかったよね…」と、謎の老婆心がわき、不覚にも涙腺ぼろぼろ系アラサーの私は泣きそうになりましたwww

でも、お客様と協力して行うゲームでは、選ばれた方が自分のファンだと知ると、自分と同じチームになれるように気をまわしていたジヌ。

そういう気遣いはできるのね、とにやにやww

ホンモノのジヌヒョン、めちゃくちゃ美人でした。

歌いだしたら豹変!

出典:MUSIC ON! TV
ゲーム中の和気あいあいとした雰囲気からは一転。

ライブが始まると、男の子からアーティストに大変身!
各々盛り上げるのが上手くて、パフォーマンスも楽しくて、本当にかっこよかった。月並みだけどかっこいいとしか言えなかったです。

客席の目の配り方もさすが。
スンユンとばっちり目が合った(気がする。ということにしておこうw)
惚れさせる方法、わかってるね~にやにや

自信にあふれた才能ある若者、最高です。

そしてファンもすごく元気!若い!びっくり!
盛り上がるには、やっぱり演者と客席どちらも楽しいことが必要だと思うので、まわりが陽気で私もノリノリでした。

まだ聴きたい曲がたくさんある!ますますライブに行きたくなりました。

これからも「GO UP」あるのみ。

WINからずっと、リアルタイムで彼らを追っかけている方にとってみたら、今の活躍ぶりには感慨深いものがあると思います。

私はタイミングこそ遅れましたが、それでも色々見ているうちに情がわき(ヲタあるある)、今回「GO UP」を聴いた時に、勝ちが決まった瞬間のあの光景を思い出しました。こういう風にお客さんの前に立って歌うようになるまでに、想像もできない苦労があったんだろうなあ。

てなわけで。
更に深い沼に顔まで浸かり、私のはじめてのWINNER体験は終了しました。
書き足りないことがたくさんあるので、お望みなら直接私がお話ししますw

残念なことに私の周りにWINNERペンは決して多くありません…

これをきっかけにうぃの友達になってくれる方、両手を広げて待ってますw

PAGE TOP