Amp.編集部Amp.編集部

『どうやって飛んでるの!?』ラジコン飛行機の優雅な飛行の秘密

こどもの頃に夢中になったラジコン。
ドイツで開かれたホビーショーに出展されたラジコンの飛行が華麗すぎると話題になっています。その仕組みに迫ってみました。


ドイツ・ライプツィヒで行われたホビーショー

出典:You Tube
 このラジコン飛行機が撮影されたのは、2013年3月にドイツ・ライプツィヒで行われた”modell hobby spiel(モデルホビーゲーム)”というホビーショー。このイベントは2015年に20回目を迎える大規模な展示会で電車や建築の模型、クリエイティブアート、玩具、ゲームなどが出展されます。ドイツ国内はもとより、チェコやポーランドからも人が訪れます。この2013年は、10カ国から650の企業や会社が出展しました。
 これらの飛行機は室内模型飛行機で度々賞を獲得しているマーチン・ミュラー(Martin Müller)さんが製作したようです。

華麗な飛行の秘密に迫る

出典:You Tube
 飛行機の骨組みはデプロンという素材でつくられているようです。デプロンはスーパーにあるような発砲スチロールトレイに似た素材です。
 中にはヘリウムを詰め、20%の重量削減に成功したようです。

おすすめ記事

hanahana

ボール型おもちゃ『フライングボール』が可愛い(モデルの子も)

こちらは、エレス社の『フライングボール』という浮遊するおもちゃです。
別物ですが、同じ動作をする妖精の形をした『フラッターバイフェアリー』なんておもちゃをご存知の方も多いのではないでしょうか。
こちらは1,944円で買えるみたいですね。20〜30分の充電で7〜8分飛ぶみたいです。


Twitterの声


おすすめ記事

PAGE TOP