amp編集部amp編集部

【まさにモンスター!】正体の明かされていない世界の未確認生物たち

この世界には数多くの生物が存在していますが、未だ私たちの知らないものがたくさんいます。
そんな生物たちが突然目の前に現れたとしたら…どうしますか?

今回は、偶然発見・撮影されたにも関わらず、未だにその正体のわからない”未確認生物”たちをまとめてみました。


キャンベイ島のモンスター(イギリス)

出典:NERDYGAGA.COM
1954年、イギリスのキャンベイ島の海岸に見たこともないような珍しい生物が打ち上げられました。
この生物は「キャンベイ島のモンスター(The Canvey Island Monster)」 と名付けられ、同じ生物ようなが翌年の1955年にも発見されました。

1954年に発見された個入は、体長76cm、厚手の赤みを帯びた褐色の肌と膨らんだ目とエラを持っており、二足歩行に適しているようだったと言われています。
後ろ脚は凹面のアーチを備えた馬蹄形で5本指の足を持っていましたが、前脚はなかったようです。
1955年に見つかったものは、同じ特徴を持っていながらも最初のものよりはるかに大きい体長120cm、重さ11.3kgでした。

この生物が一体何だったのかは、未だ明らかにされていません。

チュパカブラの水死体(パラグアイ)

出典:YouTube
ある日、パラグアイにあるカルメン・デル・パラナという町の川の浅瀬で奇妙な水死体が浮かんでいるのが発見されました。
死後かなり経過しているようで死体の損傷が激しく、頭は白骨化していましたが、指の形はまるで人間のような形をしており、地元では大騒ぎになったそうです。

すぐに専門家による調査が行われましたが、「死体の損傷が激しく分解が進んでいたために、正確な特定には至らなかった」と、断定にはいたりませんでした。

地元民の間では、主に中南米で目撃される吸血UMAで、ヤギをはじめとする家畜や人間を襲い、その血液を吸う「チュパカブラ」ではないか?と言われています。

冷凍保存されたチュパカブラ(アメリカ)

出典:Norge
チュパカブラは、アメリカでもそれらしき個体が発見されています。
しかも、なんとテキサス州に住む剥製技師のジェリー・エアさんが冷凍保存して保管しているというのです。

「コヨーテなのではないか?」との声もあがっていますが、無毛で大きな牙があり、前足も通常よりも長いというコヨーテにない特徴を持っていたため、断定はできていないといいます。

ジェリー・エアさんはこの生物を剥製にして、博物館に寄付したいと語っています。

5000年前の小人のミイラ(メキシコ)

出典:BURBUJA
中央メキシコの洞窟にてドイツ、ベルリン大学のフランツ博士らが発掘調査を行っていたところ、この身長12センチメートルほどの小さい人骨のようなものが出土しました。

小人の遺骨は数体発見されましたが、いずれもミイラ化した状態で、キレイな人の姿をした状態で残っていました。その特徴は胎児や幼児の骨ではなく、DNA鑑定がなされたそうです。

科学者の鑑定結果によると、およそこの小人のミイラは5000年前のものであることが判明したようです。


その異形な見た目は近づくのもためらってしまうようなものばかりですね。
今回ご紹介したのは、どれも死んでしまっているものばかりですが、もしかしたらいつかこれらの生物が“生きている”ときの姿に出会うことがあるかもしれませんよ?

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP