amp編集部amp編集部

【ダイヤの次に硬い!】井村屋の“あずきバー”が爆笑の事件を巻き起こす!

昔から変わらない製法で無香料、無着色を守り、伝統技術を大切にしている井村屋の“あずきバー”。
7~8月にアイスキャンディの中で日本一の売上高を誇り、2015年度には年間約2億5000万本の販売実績を記録している大人気商品です。

しかし、その“あずきバー”を食べたことのある方ならわかると思うのですが…。
あまりに硬すぎる!!!

ダイヤモンドの次に硬い鉱物であるサファイアにも匹敵するというその硬度は、さまざまなところで事件を巻き起こしていました…。


あずきバーで怪我人続出!?

出典:Twitter
あ、“あずきバー”で前歯が欠けることがあるの!?
しかし、歯医者さんが疑うことなく受け入れていることから、それがどれだけ“よくある”ことなのかわかります。
出典:Twitter
また、冷凍庫から取り出したばかりだと表面が極低温になっていることも多く、唇にくっつくという被害も!
血まみれの“あずきバー”なんてバイオレンスなもの見たくはないですね…。
出典:Twitter
これだけ硬い“あずきバー”を足になんか落としたら…。
そのシーンを想像しただけでもゾッとしてしまいます。

一体、なぜこんなに硬いのか…

一体、“あずきバー”はなぜこんなにも硬いのか…。
その秘密は製法にありました!
実は、公式Twitterアカウントの井村屋(@IMURAYA_DM)さんからその製法が公開されていたのです!
出典:Twitter
“あずきバー”が鍛え上げられている!?
もちろん、こちらはちょっとしたネタ画像。岐阜県関市の関鍛冶伝承館にある日本刀鍛錬所の「古式日本刀鍛錬画像」だそう。

実は“あずきバー”は種類で言うとアイスクリームではなく「氷菓」と呼ばれる氷菓子です。そのため、乳固形分も乳脂肪分もほとんど含まれていません。
さらに、“あずきバー”は昔から無香料・無着色にこだわっており、その素材は砂糖・小豆・水あめ・コーンスターチ・食塩とたったこれだけなのです!

社外秘となっている“あずきバー”の製法は結局わかりませんでしたが、その余計なものを極限まで省いた原料によって、あのおいしさと硬さが実現しているようです。

その実力はたくさんの人に知られていますが、未だに絶えず人々にちょっとした衝撃を与えているみたいですよ!

“あずきバー”で野生化!?

出典:Twitter
あまりの硬さで必死な顔をさらしていることに、本人は気付いているのでしょうか…?

万引き犯に遭遇したとき…

出典:Twitter
まさかちょっとした非常時には武器としても活躍するとは…!
これは本当に取り扱いを間違えたときには、大事件になってしまうかもしれません。

そんな“あずきバー”を…

出典:Twitter
ちょ、この社長何者!?

これまでの語りが嘘であるかのように感じてしまいますが、“あずきバー”の硬さは本物です。
とはいえ、その売上高からもわかるようにおいしいことは間違いありません!
みなさんもふとしたときに食べたくなったら、その硬さに気をつけながら召し上がってください!

【関連記事】



Amp編集部Amp編集部

【電車内閲覧注意】奇想天外な”ボケて”の大喜利があなたを爆笑に誘う!

国内最大級のお笑いWebサービス『ボケて(bokete) 』。
写真や画像で一言ボケるこのコンテンツには、たった3秒で笑えるようなおもしろ回答が日々溢れんばかりに集まってきます!

今回はそんなボケて公式(@boketejp)から、厳選した爆笑回答をご紹介します!

そんな発想ってある!?というようなオモシロ回答の連発に、あなたは笑わずにはいられないはず!
思う存分笑って、日々のストレスを発散させてください!


DJ気分か!

出典:Twitter
めくる側は反対の手を耳に当ててほしいところですね(笑)
ついでにヒューマンビートボックスもお願いしたいくらいです。

まず部長がこの格好で出社したのかが気になる

出典:Twitter
部長以上の役職の人がいないとなかなかツッコミづらい!
勇気を出して言ってみましょう「はよ締めんかーい!」と。
しかし部長、なんの仕事してるんでしょうね(笑)

面接官はこれを心に留めてください

出典:Twitter
学生さんたちの心の叫びを表したこの一枚。
いろんな業種受けているのに、全てにまっとうな志望動機なんかあるわけないだろ!!(笑)

判別処理能力の高さ

出典:Twitter
逃げてお父さん!
ゴミと判別する処理能力があるのに、大きさ的に吸い込めないということがなぜ分からないのか(笑)

世間にはその絵から普通では連想できないことを思いつき、私たちを爆笑させてくれる才能を持った人が大勢いるものです。

笑って心がちょっと晴れやかになれましたでしょうか?
是非あなたも”bokete”に参加して、誰かの笑顔を作り出してみてはいかがでしょうか?

<関連記事>


PAGE TOP