amp編集部amp編集部

【悲痛な叫びが心に刺さる】男性がアイス・バケツ・チャレンジに挑戦した結果…

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会に寄付をする運動“アイス・バケツ・チャレンジ”。

2014年にアメリカ合衆国で始まると、FacebookなどのSNSやYouTubeなどを通して社会現象化し、寄付金の増加やALSの認知度向上に貢献しました。

そんな中、とある男性がこのアイス・バケツ・チャレンジに挑戦した結果…。
そこに待っていたのは、あまりにも悲痛で切なすぎる現実でした。


男性に待っていた悲しすぎる現実とは…?

出典:YouTube
ほかの誰もと同じように、見知らぬ誰かのためを思ってアイス・バケツ・チャレンジに挑戦したにも関わらず、男性に待っていたのは心ない嘲り笑う声…。

病気の人は擁護されている今の世で、なぜ“薄毛”はバカにされるのでしょうか?
なぜ、簡単にネタにされてしまうのでしょうか?

薄毛で悩む人は、日本だけでも1300万人以上いると言われています。
治したいと切に願っている人がたくさんいます。

「薄毛も、病いだ。」

みなさんは、どう思いますか?

“薄毛”の予防・対策まとめ!

この動画を見て「とても他人事とは思えない」と感じた方もいるのではないでしょうか?
人間いつ薄毛になってしまうのかなんて誰にもわかりません。

ここからは“薄毛に悩まないために”しておきたい予防・対策方法をご紹介します!

■食生活を見直そう!

出典:Wikipedia
“薄毛”の予防・対策に必要なのは、とにもかくにもまず食生活を見直すことが大切です。

基本的にお肉や揚げ物などの脂っこいものは、食べ過ぎないようにし、男性ホルモンの働きを抑えてくれる女性ホルモンと似た働きをする「大豆製品」やビタミンE(かぼちゃ、ナッツ)、ビタミンC(みかんなど)、ビタミンA(レバーなど)、ビタミンB2(牛乳など)、ビタミンB6(バナナ、かつおなど)などのビタミン類は、髪の毛の成長に必須なので、積極的に食事に取り入れましょう。

■睡眠時間で発毛に差がつく!

出典:Valley Sleep Center
成長ホルモンは、眠ってからの3時間に分泌されます。 頭皮や髪の健康を維持するためには、夜ふかしをせずにぐっすりと眠り、疲れを取ることが大切です。

しっかりと寝ることは薄毛の原因となるストレス解消にも効果的です。対して、寝不足は頭皮の皮脂を増やし、毛穴詰まりの原因にもなってしまうので、忙しい生活をしていてもなるべく睡眠時間だけはキープしましょう。

■頭皮マッサージして血行促進!

出典:MEN Health
ストレスなどで固くなった頭皮は薄毛の原因となってしまいます。
その凝り固まった頭皮を柔らかくするために、セルフケアで手軽にできるのは頭皮マッサージです。

過度な刺激は避けたほうがいいので、叩いたり、こすったりするのではなく、揉む・押すを意識してマッサージすることが大切です。
また、眉間から頭頂部に向かった線が交差したところにある“百会”や耳のすぐ上の生え際のくぼんだ位置にある“角孫”というツボは、抜け毛予防・血行促進・ストレス緩和・頭痛や不眠の改善など、さまざまな効果をもたらしてくれるので、マッサージをしながら押すことで薄毛の予防や育毛の効果が期待できます。


これらの予防・対策方法を上手に活用して、薄毛に縁のない、薄毛で憂うことのない人生を送りたいですね!
みなさんもお気をつけて…!

【関連記事】
【男女共に必見!】ダイエットにも育毛にも効く”きな粉”が万能すぎ
【"老け"は白髪から…】“白髪”を予防・改善する食べもの
【やる気スイッチはストレッチ】これで肩コリ・腰痛・眠気を解消できる!

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP