amp編集部amp編集部

【今やビールは“湧く”時代】何杯でも頼みたくなっちゃう!話題のビールサーバー

仕事が終わって一息ついたとき、運動をしたあとのお風呂上がり、むしろ平日の昼間っから!?
いつでもどこでも飲みたくなってしまう“ビール”を、お酒を飲むときの「とりあえず1杯目」に頼む方も多いですよね。

キンキンに冷えたジョッキに、琥珀色と泡の白色の見事なコントラストが効いたビールがサーバーから注がれるところが…。
って、思っている方!ビールを上から注ぐのはもう古いですよ!

今や、ビールは“湧き出る”時代へと移り変わっているのです。


コップの底からビールが湧き出る!?

出典:YouTube
ポンッとカップを置くだけで、下から湧き出るようにコップを満たしていくビール。
こんなビールサーバー見たことありません!

一体どんな仕組みになっているのでしょうか?

その秘密は“カップの底”にある?

出典:YouTube
このビールサーバーのポイントは“カップの底”。
この動画を見ると、カップの底が丸く開いていて、円状の薄い板が敷いてあり、これが磁石の力でカップの底に貼りついて栓の役割を果たしています。

この専用カップを使えば、ビールサーバーに置くだけで栓が外れて下からビールを注ぎ、カップを持ち上げると再び磁石によって栓の役割を果たして、こぼれることなくビールを注ぐことができます。

この魔法のビールサーバーならば、1分間に44杯のビールが作れるのだそうです!

こんな画期的でかっこいいシステムで注がれたビール…。
一度は飲んでみたいものですね。

日本でも“湧き出るビール”が飲める!

出典:Twitter
ちなみに、話題の“湧き出るビール”は日本で飲むこともできます!
こちらは千里阪急ホテルのプールサイドビアガーデンで実装されている「トルネード」の映像。

土日など、人気の日は予約が早く埋まる日も多いと聞きますので、気になる方は早めの予約をオススメします。

今夜の1杯をより美味しく!家庭でビールを美味しく飲むコツ

なんだか、ビールの話をしていたら飲みたくなってきた方もいるのでは?
しかし、お家で飲むビールはどうもお店とはちょっと違うような気がしますよね。

そんな方は、もしかするとビールの飲み方が間違っているかもしれません!
今回は、ご家庭でも美味しくビールを飲むことができるちょっとした“コツ”をご紹介します!

ビールは鮮度が命

出典:thegoodshoppingguide.com
美味しいビール飲みたいならば“鮮度”が命です!
“賞味期限以内”でも時間が経てば経つほど味は落ちてしまうのはビールも同じです。製造されたばかりのものの方が、段違いな美味しさを味わうことができますよ!

鮮度を保つためにも、家庭用ビールはこまめに購入しましょう。
また、ビールは日光によってホップが変色してしまい味が落ちるので、家庭で保存するときは約10~25℃程度の冷暗場所に置いておきましょう。

冷え過ぎのビールはNG!

出典:Hamilton Beach
キンキンに冷えたビールが大好き、という人も少なくありませんが、ビールは冷えていればいいというものではなく、ちょうどいい温度があります。
冷え過ぎのビールは苦味やうまみなどを感じにくくなるだけでなく、泡立ちが悪いので見た目も美味しそうになりません。

「どうしても、凍りそうなほど冷えたのがいい!」という方は、もちろんお好みの温度でいいですが、一般的には4度~9度(冷蔵庫で4時間ほど冷やすくらい)が最も美味しいとされています。

缶ビールを注ぐときは、缶をへこませろ?

出典:SERIOUS EAT
缶ビールを飲むときには、“コップに注いだ方が美味しい”と言われています。
これはビールを注いだとき、程よく炭酸が抜けて泡が立ち、その泡がフタの代わりとなって酸化を防いでくれるからです。

注ぎ方のコツは、初めはゆるやかに、次第に勢いよく注いでいき、きれいに泡ができ始めたら、その泡を持ち上げるようにしゆっくりと注いで、ビールと泡が7対3になれば完璧です。
また、缶の飲み口の下を少しへこませると、よりきめ細やかな泡がたって、泡持ちもよく美味しいビールに仕上がります。


以上の点に注意すれば、格段に美味しいビールを自宅でも飲むことができます!
1日が終わったら、美味しいビールをグイッと飲みたいですね。
みなさん、フライングは禁止ですよ!

amp編集部amp編集部

【意外!日本人は働かなさすぎ!?】ここまで違う!世界の有給制度まとめ

皆さんは有給取れていますか?

実は、日本は消化取得率ワースト2位の国なのです。
一方、ヨーロッパ各国では日数が多い上に有給の消化が法律で義務づけられています。
そのため消化率が100%に近いそうです。日本人の私達からすると驚きですね。

今回はそんな世界の変わった有給制度をご紹介します!


3ヵ月のバカンス…!?ドイツの変わった休暇制度

出典:Twitter
ドイツでは、「社員に最低24日の有給休暇を与えなくてはならない。」というのが法律で決まっています。また管理職は、部下に有給休暇を完全に消化させることを義務付けられているそうです。

実際に大半の企業が約30日の有給休暇を与えており、この場合は給料の1/4を減らした分、3ヵ月またお休みがもらえるという制度まであるんですね。とてもユニークです。

でも日本では考えられないですね…。
ほとんどの人は3ヵ月も仕事を離れていたら不安で仕方がないと思います。これは感覚の違いなんでしょうか…。

突然の風邪…そんなときは病気休暇を使っちゃおう!

出典:Twitter
フランスも「有給休暇5週間」や「週35時間労働」が労働法で規定されているそう。
しかも病気になっても病気休暇があるので、突然風邪を引いて休んでも有給を使わなくていいのですね…。

羨ましい!ヨーロッパの職場事情

出典:Twitter
イタリアも「有給休暇26日」に加えて結婚休暇というのもあるんだとか…。
ヨーロッパ各国は有給制度だけでなく、職場の環境や福利厚生が充実している印象です。

そんな中アメリカは…

出典:Twitter
アメリカの労働基準法は、労働に従事していない時間に対する給与支払いを義務づけておらず、福利厚生は、雇用者と被雇用者間の取り決めるという決まりなんだそうです。
なので有給や育児休暇なども企業によって様々…契約前にしっかり調べておかないといけませんね。

日本の有給制度って…?

出典:GAHAG
消化率がほぼ100%のヨーロッパ各国に比べ、日本の平均有給消化率はとても低い数値です。
企業から平均で20日の有給休暇をもらえますが、実際に使われるのは約半分の12日に過ぎません。
これは日本は有給の取得が企業の法的責任となっていないことが原因だと考えられます。
きっと、皆さん「職場への遠慮」から有給休暇の取得をためらってしまうのでしょう…。

日本は祝日が多すぎ!?

出典:pixabay
「いいなあ、外国の企業は…」と思ってしまいますが、皆さんカレンダーを見てください!
日本は毎年15日もの祝日があるんです。これは驚くことに、OECD(経済協力開発機構)加盟国中、最も多い数字だそう。

有給は満足に消化できていませんが、先ほどの平均12日を加えて見ると…年間27日お休みがもらえることになります。
ヨーロッパの皆さんから「日本人も大して変わらないじゃん…」といわれてしまいそうです。
いかがでしたでしょうか。
割と日本人もお休みをもらっていることが分かりました。
有給で長い休みを取ってバカンス、短いけれどたまに訪れる祝日で小旅行…。
皆さんはどちらが良いですか?

<ビジネス記事まとめ>
【これさえ覚えておけば大丈夫】わかりづらい世を簡単に解説する早見表
もうだらしないなんて言わせない!「時間にルーズ」が直る6つの方法
「明日から月曜日…」仕事が楽しくなる3つのヒントとは!?

PAGE TOP