amp編集部amp編集部

くっつけちゃえばよくね?Googleが自動運転車の安全対策に「人間用ハエ取り紙」の特許を取得

出典:karapaia

 自動運転車のフロント部分に粘着性素材を設置することで、歩行者が自動運転車に衝突した時、はね飛ばされて他の車や物体に衝突する二次衝突を防ぐ画期的なアイデアの特許を取得したそうだ。

 Googleの自動運転車は安全に走行できるよう様々なテストが行われているが、もし間違ってぶつかっちゃった場合も、この「人間ハエ取り粘着素材」が歩行者を二次災害から救ってくれるという。

記事提供:カラパイア


 自動運転車は、基本的には人間が運転しなくても、自動的に走行してくれる車のことである。自動運転の定義にも様々なレベルがあり、前方衝突警告などの運転支援システムからドライバーが全く関与しない完全自動運転まで含まれる。

 グーグルは早くからこの自動運転車の開発に携わっており、2009年から53代の自動運転車を使って計224万キロの走行テストを実地、2017年から20年の実用化を目指している。そして今回グーグルが開発し特許を取得したのは、そんな自動運転者から歩行者を守る技術だ。
出典:karapaia
 グーグルが着目したのが二次衝突である。歩行者が犠牲になる交通事故の際にかなりの頻度で起こる二次衝突とは、車と接触することで歩行者がはね飛ばされ、さらに別の車にはねられたり、地面に頭を叩きつけたり、道路わきにある物体に衝突することで、場合によっては致命傷にもつながる。

 そこでグーグルは走行中の車と接触した場合でも歩行者がはね飛ばされることなく、二次衝突や多重事故を防ぐことを目的とした粘着技術を開発したのだ。

 その仕組みとは、車のフロント部分に粘着層を施し、その上から卵の殻のような薄いコーティングを施し、衝突すると同時にそのコーティングが破れ下の粘着層がむき出しになり歩行者をくっつけるというもの。
出典:karapaia
特許文書にはこう書かれている。

・歩行者と接触した瞬間に車のフロント部分に施している粘着素材が利用できることが理想である

・瞬時、またはほぼ瞬時に粘着素材を露出させることにより、車の運転者(または自動運転車)が接触に気づきブレーキを踏むまで歩行者を車のフロント部分に貼り付けることで、歩行者の動きを制約するのに役立つ可能性がある

・粘着剤は歩行者がはね飛ばされることを予防し、車両も歩行者も段階的な休止が可能となる

・この粘着層の使用は自動運転車に特化したものだが、他の一般車でも使用できる


 歩行者を衝突の衝撃から守るための方法は、これまでも多くの自動車会社が様々な手段を講じてきた。

 ジャガーは、エンジンとボンネットの間でクッションの役割を果たす「デプロイアブル・ボンネット」を搭載している。これは、歩行者と衝突した際にボンネットが自動的に数センチ跳ね上がり、歩行者がエンジンルーム内の固い部分に接触しないための衝撃吸収システムになっている。「このシステムが作動するのに必要な時間は、瞬きをする時間の10分の1以下」とジャガーのホームページには書いてある。

 他にもボルボは2013年に世界初となる歩行者用エアバッグを搭載した車を発売している。車載センサーが歩行者と車体との接触を感知すると、ボンネット内からエアバッグが飛び出し、歩行者を保護する仕組みだ。

 しかし、これらの技術に対してグーグルは特許文書の中で「量産車で見られる既に存在する技術は、歩行者が経験するであろう二次衝突の軽減にはあまり効果がない」と述べている。

 とは言え、実際にグーグルがこの粘着素材を自社の自動運転車に取り付ける予定があるのかは不明だ。
出典:karapaia
 「当社は様々なアイデアの特許を取得しています。いくつかのアイデアは将来成熟して現実の製品やサービスとして提供することができるかもしれませんし、そうではないものもあります」グーグルの広報担当者はメディアに対してこのようにコメントしているという。
via:expresstheguardiancnbcなど・translated melondeau / edited by parumo

記事提供:カラパイア

カラパイアのその他の記事】
人間は500歳まで生きることが可能。グーグルが莫大な資金を投資し技術開発を援助。
巷で話題のGoogle人工知能ニューラルネットワーク「ディープ・ドリーム」で超絶悪夢体験
世にも素敵な拡張現実を作り出す、グーグルが出資している「マジックリープ」の正体とは?
ロシアが開発中の飛行機事故から乗客を守る機体分離型旅客機が更なる進化を遂げた!
相対性理論だけじゃない。アインシュタインが残した5つのあまり知られていない業績

amp編集部amp編集部

【建前だらけの日常を斬る!】絶妙の皮肉に共感!“言うほどじゃないけど”シリーズ

上司や先輩の横柄な態度や武勇伝、悪意のない友人たちの干渉……。

間違っているから言わない。怒られるから言えない。変な空気になるから言いたくない。
そんな「言うほどじゃない」ことをあえて言っちゃう森もり子(@mori_MORIKO_)さんの「言うほどじゃないけど」シリーズ。

タテマエだらけの日常のストレスを鋭いツッコミで解消しましょう!


なんで髪切ったの?

出典:Twitter
“失恋したから髪を切る”なんて聞きますが、すべての人がそういうわけじゃありません。

肩ポンポン

出典:Twitter
気安く人に体を触られる嫌悪感を理解してください。


思うことはあるけれど、それなりに周りと上手くやっていきたいし、まあ不満ってわけじゃないから、言うほどじゃないことは言わないでおきたい。
人間関係にはそんな気持ちも必要ですから、実際にこんなことを言ってはいけませんよ?

<ほかにもTwitterマンガが気になる方はこちらもどうぞ!>
【この方言、理解できますか?】とにかく名古屋弁がでらかわいいだがや!
【妊婦さんのお腹は大忙し!】“子宮の中”を描いたマンガが話題
【世界一笑える“臨死体験”】三途の川の女神に出会った話
【不器用な優しさに涙】中年オネエが子どもを拾ったお話が話題
【ベジータ様のキャラ崩壊!?】ツンデレすぎる”ドラゴンボール”に心がほっこり

PAGE TOP