amp編集部amp編集部

くっつけちゃえばよくね?Googleが自動運転車の安全対策に「人間用ハエ取り紙」の特許を取得

出典:karapaia

 自動運転車のフロント部分に粘着性素材を設置することで、歩行者が自動運転車に衝突した時、はね飛ばされて他の車や物体に衝突する二次衝突を防ぐ画期的なアイデアの特許を取得したそうだ。

 Googleの自動運転車は安全に走行できるよう様々なテストが行われているが、もし間違ってぶつかっちゃった場合も、この「人間ハエ取り粘着素材」が歩行者を二次災害から救ってくれるという。

記事提供:カラパイア


 自動運転車は、基本的には人間が運転しなくても、自動的に走行してくれる車のことである。自動運転の定義にも様々なレベルがあり、前方衝突警告などの運転支援システムからドライバーが全く関与しない完全自動運転まで含まれる。

 グーグルは早くからこの自動運転車の開発に携わっており、2009年から53代の自動運転車を使って計224万キロの走行テストを実地、2017年から20年の実用化を目指している。そして今回グーグルが開発し特許を取得したのは、そんな自動運転者から歩行者を守る技術だ。
出典:karapaia
 グーグルが着目したのが二次衝突である。歩行者が犠牲になる交通事故の際にかなりの頻度で起こる二次衝突とは、車と接触することで歩行者がはね飛ばされ、さらに別の車にはねられたり、地面に頭を叩きつけたり、道路わきにある物体に衝突することで、場合によっては致命傷にもつながる。

 そこでグーグルは走行中の車と接触した場合でも歩行者がはね飛ばされることなく、二次衝突や多重事故を防ぐことを目的とした粘着技術を開発したのだ。

 その仕組みとは、車のフロント部分に粘着層を施し、その上から卵の殻のような薄いコーティングを施し、衝突すると同時にそのコーティングが破れ下の粘着層がむき出しになり歩行者をくっつけるというもの。
出典:karapaia
特許文書にはこう書かれている。

・歩行者と接触した瞬間に車のフロント部分に施している粘着素材が利用できることが理想である

・瞬時、またはほぼ瞬時に粘着素材を露出させることにより、車の運転者(または自動運転車)が接触に気づきブレーキを踏むまで歩行者を車のフロント部分に貼り付けることで、歩行者の動きを制約するのに役立つ可能性がある

・粘着剤は歩行者がはね飛ばされることを予防し、車両も歩行者も段階的な休止が可能となる

・この粘着層の使用は自動運転車に特化したものだが、他の一般車でも使用できる


 歩行者を衝突の衝撃から守るための方法は、これまでも多くの自動車会社が様々な手段を講じてきた。

 ジャガーは、エンジンとボンネットの間でクッションの役割を果たす「デプロイアブル・ボンネット」を搭載している。これは、歩行者と衝突した際にボンネットが自動的に数センチ跳ね上がり、歩行者がエンジンルーム内の固い部分に接触しないための衝撃吸収システムになっている。「このシステムが作動するのに必要な時間は、瞬きをする時間の10分の1以下」とジャガーのホームページには書いてある。

 他にもボルボは2013年に世界初となる歩行者用エアバッグを搭載した車を発売している。車載センサーが歩行者と車体との接触を感知すると、ボンネット内からエアバッグが飛び出し、歩行者を保護する仕組みだ。

 しかし、これらの技術に対してグーグルは特許文書の中で「量産車で見られる既に存在する技術は、歩行者が経験するであろう二次衝突の軽減にはあまり効果がない」と述べている。

 とは言え、実際にグーグルがこの粘着素材を自社の自動運転車に取り付ける予定があるのかは不明だ。
出典:karapaia
 「当社は様々なアイデアの特許を取得しています。いくつかのアイデアは将来成熟して現実の製品やサービスとして提供することができるかもしれませんし、そうではないものもあります」グーグルの広報担当者はメディアに対してこのようにコメントしているという。
via:expresstheguardiancnbcなど・translated melondeau / edited by parumo

記事提供:カラパイア

カラパイアのその他の記事】
人間は500歳まで生きることが可能。グーグルが莫大な資金を投資し技術開発を援助。
巷で話題のGoogle人工知能ニューラルネットワーク「ディープ・ドリーム」で超絶悪夢体験
世にも素敵な拡張現実を作り出す、グーグルが出資している「マジックリープ」の正体とは?
ロシアが開発中の飛行機事故から乗客を守る機体分離型旅客機が更なる進化を遂げた!
相対性理論だけじゃない。アインシュタインが残した5つのあまり知られていない業績

WanderlustWanderlust

【考えさせられる】家族の時間、足りていますか?「とっとりWEST」ストーリーを聞きに《とっとりWEST①》

Sponsored by 鳥取県西部地域振興協議会


どのくらいの時間を「家族」と過ごしていますか?

「家族」と聞いて思い浮かべる顔は人それぞれですが、「1年間に家族と過ごしている時間」について聞かれたとき、あなたは何時間と答えますか?

一人暮らしの方ならば、実家に帰省した日数分。結婚して家庭を持っている人でも働いていれば、意外と家族と過ごす時間は少ないはず。

私の知人の“パパ”たちも仕事で忙しい方が多く、朝は子どもが起きる前に出社し、夜は残業か接待などで遅くなることが大半。平日に子どもと話す時間はほとんどないと言います。

「家族と多くの時間を過ごしている」と自信を持って答えられる人はどれだけいるのでしょうか。

あるいは、家族との時間についてじっくりと考えたことがある人はどれだけいるのでしょうか。

試される家族力「FAMILY TIME TEST」


皆さんに見ていただきたい動画があります。登場するのは、お笑い芸人の千原せいじさんを含めた「東京在住のお父さん」と、「鳥取県西部エリアに住むお父さん」たち。

頭の上に浮かんでいる数字は、1年間に家族と過ごしている時間。2桁台のお父さんから、4桁にも及ぶ時間を過ごしているお父さんまで様々ですが、どうやら鳥取西部にお住まいのお父さんのほうが「FAMILY TIME」が長いようです。

その後、子どもにまつわるクイズに答えていくお父さんたち。

家族と長く一緒にいないと答えられない質問の数々に、見ているこちらもヒヤリとさせられます。

子どもの声や口癖、描いた絵、靴のサイズなど、子どもにまつわるクイズをひとしきり終えた結果はこちら。東京周辺のお父さんと鳥取西部のお父さんでは、正解率に約2倍もの開きがありました。

これはひとえに「家族と過ごす時間」の違い。家族の時間を大切にしたいという想いはどこに住んでいるお父さんも一緒だからです。

あなたは、家族との時間を過ごせていますか?

家族の時間を過ごせる「とっとりWEST」ストーリーを聞きに

実は先ほどの動画は鳥取西部エリアの移住PRを目的に鳥取県西部地域振興協議会が「とっとりWEST」プロモーションの一環として作ったもの。この「とっとりWEST」と地域に根差した雑誌「TURNS」がコラボし、1月13日(金)に有楽町のTURNSカフェでイベントを行いました。

TURNS編集長の坂本二郎さんの挨拶から始まった、このイベントは「家族の時間」を大切にできる、ゆったりした鳥取西部の魅力を伝える目的で行われたもの。
金曜の夜にも関わらず、総勢30名以上の方が集まり、立ち見客が出るほどの大盛況となりました。

イベントの前半は、鳥取西部の魅力をよく知るプレゼンター3名によるプレゼン。一人ひとりの「とっとりWEST」ストーリーが語られていきます。トップバッターは米子市で生まれ育ち、東京で一度働いてUターンした長門さんです。

東京での生活についても、鳥取での生活についてもよく知っている長門さんは、「家族の時間」というテーマで、東京と鳥取を比較。「一緒に星を見る時間」や、「自然の中で家族と一緒に過ごす時間」など、ユニークな切り口で両者を比べ、鳥取の魅力を伝えていきます。

集まった皆さんの表情は、真剣そのもの。皆さんそれぞれに感じ入るところがあるようです。

上京して22年後のUターン 2児の父として米子市で生きるということ


2人目のプレゼンターは、建築家の来間直樹(くるまなおき)さん。鳥取県米子市の出身の来間さんは、大学進学時に上京してから22年後、今から12年前に米子市在住の同じく建築家の奥様との結婚を機にUターンをすることを決めたのだそう。住んでいた当時は気づくことのなかった自分の故郷の良さに戻ってから触れることが多いのだといいます。

現在、10歳と7歳の二人のお子さんのパパである来間さんが挙げるのは「子育ての環境」。地域の結びつきがしっかりとある分「みんなで子育てをしてもらっている」という感覚があると話します。

移住を考えるうえで一番気になるのは、仕事の面。来間さんは手に職があったこともあり、仕事の移行はスムーズだったようです。鳥取では高校時代の友人たちから受注を受けながらネットワークを広げ、最初の1~2年の間は東京と鳥取を行ったり来たりして、徐々に生活を安定させていったといいます。

結果、収入は東京にいたときの7割ほどに減ったものの、同じく支出も減ったため、貧しさを感じたことはないのだそう。それどころか余った時間を家族と一緒に過ごせたり、地域の活動に充てたりと、精神的にも豊かな生活を送れているようです。

最後に、鳥取西部に住む魅力として「人数が少ない分、業界横断的に色んな人と触れ合うことができる」と話してくれた来間さん。人数が少ないとは言いましたが、米子、松江、出雲の3つの市を合わせれば50万人と金沢市と同じ経済規模。


――自分にとって新しい業界外の発想に常に触れながら、大規模なプロジェクトも起こせる。


鳥取西部ならではのエキサイティングさは来間さんの表情が物語っていました。

「なりたい理想の人」が移住の理由 シェアハウスと“家”運営でコミュニティづくりを


3人目のプレゼンターは、大山町在住の薮田佳奈さん。地域おこし協力隊として大山町に移住したのは、今から3年ほど前のこと。

仕事の関係で一度鳥取に住んだことがあった薮田さんは、あるときふらりと鳥取を再訪。コミュニティスペース「まぶや」でのアートプロジェクトで出会った方々がみんなキラキラしていて自分も「こういう人になりたい」と思い、移住を決意したのだといいます。

移住するにあたって、「地域のコミュニティの1つになれば」と薮田さんは一軒家を購入。突如として移住を決め、加えて10部屋もある一軒家を買うと話した翌日に、お母さんが飛んできたエピソードを笑顔で話してくれました。

そんな苦労(?)もあって買った家は、移住を考えている人を泊めてあげたり、月に1度「おでん屋」として開放したりするなど、コミュニティの実験の場として機能しているよう。

現在はシェアハウス運営をするなど、地域とのかかわり方を模索しながら、地域おこし協力隊として活躍している薮田さん。

他にも、地域の方々と行なった「しめ縄づくり」や、大山町合併10周年を記念したイベント「大山ワワワ」など、様々な行事について話してくれましたが、どの話をしているときも「とにかく楽しそう」なのが印象的でした。

地域協力隊の任期が終わっても、大山町に住み続ける薮田さんの「とっとりWEST」ストーリーはこれからも続いていきます。

“次なる”「とっとりWEST」に話を聞きました


休憩を挟んだ後半は、各プレゼンターがテーブルを回り、参加者の方々の質問に答える時間に。移住を考えている人に向けて具体的なアドバイスをしていきます。

「仕事」や「地域との関わり方」、「地域おこし協力隊になるうえで大事なこと」など、かなり具体的な質問が挙がっていたことを考えると、皆さん真剣に移住を検討されているようです。

20代から70代まで幅広い年齢の方が参加されていましたが、そのうちの1人の女性にお話を伺うことができました。

現在21歳の彼女と鳥取との“出会い”は免許合宿。そのとき感じた居心地の良さが忘れられず、大学卒業後から地域おこし協力隊になることを視野に入れているそうです。

今後は、「ひとまず自分自身が鳥取西部エリアに対して何がしたいか、できるのかを考えていきます」と語ってくれた彼女。次なる「とっとりWESTストーリー」を聞くまでに時間がかからないかもしれません。

おわりに

家族の時間について考えさせてくれた「とっとりWEST」の動画、そしてそんな鳥取西部で過ごす人たちのストーリーを聞かせてもらったイベント。

どちらも鳥取西部エリアの魅力を伝える、心あたたまるものでした。

すぐに移住、とはなるのは難しいですが、そんな方のために、家族で鳥取移住を“体験”できるツアーがあります。
この移住体験ツアーは、「そば打ち体験」や「大山友禅染め体験」など、アクティビティが盛りだくさんのもの。3泊4日の日程に鳥取西部の魅力がぎっしり詰まっています。

往復の交通費以外の参加費は「無料」。締め切りは1月20日までとさし迫っていますが、普段忙しくされている方こそ応募して、家族との時間を鳥取で満喫してみてはいかがでしょうか。

Sponsored by 鳥取県西部地域振興協議会
PAGE TOP