amp編集部amp編集部

【穴があったら入りたい】絶望に打ちひしがれる“LINE誤爆”まとめ

老若男女問わずたくさんの人がコミュニケーションツールとして使っているSNS『LINE』。
ほかのツールよりも簡単にメッセージをやりとりできるのが長所ですが、あまりにも手軽すぎてメッセージの誤送信、いわゆる“誤爆”をしてしまった経験がある方もいるのでは?

Twitter上にも上司に、家族に誤爆をしてしまって、絶望に打ちひしがれる投稿が多数ありました!
他人事だからこそ思わず笑ってしまう“LINE誤爆”まとめをお楽しみください。


22枚もの爆弾写真を投下

出典:Twitter
上司相手に22枚ものコスプレ写真を誤爆!
もし会社で噂になってしまったら、と考えると冷や汗モノですね。

かなり“あるある”なスタンプ誤爆

出典:Twitter
「誤爆しちゃったのはしょうがないけど…よりによってなんでそれ!」
なんて経験をかなりの人がやってしまっているのでは?

送信相手間違ったパターン

出典:Twitter
送信相手を間違ったが故に、謎の「電車大好き」発言に…。
お母さんもなんとなく察していることでしょう。

君も魔法少女にならないかい?

出典:Twitter
上司がキュウべぇを知らない人で助かった!
って、いや助かってはないですよね。

ノリで返信してみた

出典:Twitter
上司からの誤爆をノリで返信してみたら…。
翌日会社に出社するのが恐怖で仕方ないですね。

もうどうにでもなーれ♪

出典:Twitter
これじゃどう考えても金曜日に行く気があるとは思えませね。
せっかくのお礼LINEが台無しです。

これやったら一巻の終わり

出典:Twitter
真剣な別れ話の途中に誤爆とはいえこの顔文字を送ったら…。
さすがに取り返しがつかないでしょう。


もしも、これが自分の身に起こったらと思うと…。
LINEの取り扱いには十分注意が必要そうですね。

みなさんも取り返しのつかないことにならないように気をつけましょう!

SaayaSaaya

YouTube再生回数11万越え!アマゾンの"肉食どじょう"が強烈!

出典:YouTube

舞台はブラジルにあるアマゾン。恐ろしい生物といえばピラニアだが、実は肉食どじょう"カンジルー"のほうが現地住民からおそれられているのだそう。まずは動画をご覧あれ。


カンジルーとは?

出典:Wikipedia
カンジルーとは、日本ではカンジル、カンディルなどとも呼ばれるナマズの仲間。アマゾン水系の泥で濁った川に生息する肉食の淡水魚である。血の匂いに敏感で、獲物のあらゆる穴から入り込み内側から食い尽くしていく。現地では"人食い"と忌み嫌われ、絶対に食べないという。先住民の女性はカンジルーの侵入を防ぐために股間に三角形の土器をあて、それがビキニの原型だという説もあるくらいだ。

幻の魚・カンジルー

アマゾンには乾期があり、水量が減って水が澄むとカンジルーはどこかへ移動してしまう。アマゾン釣り紀行「オーパ!」では、カンジルーが"幻の魚"と記されているのだ。著者の開高健が訪れたときにはちょうど乾期にあたり、どうしても見つけられなかったそう。

撮影者の"Toru Sadamori"って何者・・・?

出典:Toru Sadamori
このビデオを撮影した定森徹氏はどんな人なのだろうか。彼は学生時代の旅行をきっかけに、20年以上ブラジルで暮らしている。都市のスラムにある孤児院や、NPO法人のスタッフとしてアマゾンの農業支援などの活動に奮闘している。アマゾンを思い、共に生きる彼だからこそ撮影できたのだろう。カンジルーの他にも、幸せを呼ぶピンクイルカなど様々な動画を投稿している。

PAGE TOP