『Amp』リニューアルのお知らせ

Ampは2017年6月中旬よりリニューアルします。
詳細はこちらをクリックしてご確認ください。>>AMPリニューアルのお知らせ

amp編集部amp編集部

【鼻血注意!】「#グラドル自撮り部」がグラビア界に新たな旋風を巻き起こす

倉持由香さんが発起人となりはじまった、Twitterでグラビアアイドルたちが自分撮りを投稿するハッシュタグ「#グラドル自画撮り部」。
その参加者はすでに500人を超え、専用のまとめサイトも登場するほどの人気ぶりになっています!

ここからグラビア界に新たな旋風が巻き起こる!?
「#グラドル自撮り部」の中から、ちょっとだけ部員たちの姿を覗いてみましょう。


倉持由香

出典:Twitter
こちらが部長の倉持由香さん。
“尻職人”と言われるだけあり、とてもキレイなお尻をしてますね!

吉田早希

出典:Twitter
副部長を務める吉田早希さん。
セクシーな衣装を見事に着こなしていらっしゃいます。

茜さや

出典:Twitter
「ミスヤングチャンピオン」オーディションにて、ファイナリストに選ばれた経験を持つ茜さやさん。
童顔なお顔立ちからは想像できないスタイルが輝いていますね!

入山智花

出典:Twitter
グラビアやラジオの仕事で活動中の入山智花さん。
キレイな人にこんなことされた日には…。

川井優沙

出典:Twitter
“Sサイズグラドル”として活躍中の川井優沙さん。
ほっそりとしたスレンダーボディが素敵です!


グラドル自撮り部のみなさん…ありがとう!
SNSからグラビア界を席巻するかもしれない彼女たち。これからもたくさんの写真を投稿して欲しいですね!

<芸能人セクシーまとめ>
【ライバルはマギー!?】色気たっぷりダレノガレ明美、その美貌
【最強スタイル】佐藤かよの絶妙美脚がスバラシイ
【愛人力が高すぎる】“国民の愛人”橋本マナミの妖艶な魅力漂うインスタまとめ
こじはる、菜々緒、中村アンまで!新年から女性芸能人がセクシーすぎる
美脚、美脚、美脚…!菜々緒のインスタがセクシー美脚祭
【セクシーすぎて困る】今、大人気のマギーが魅せる!美しボディ!
【セクシーすぎる】最上もがの魅力に酔いしれる画像7選!宇宙を駆ける金色の異端児!
【セクシー】水で透けたセクシーショットもおっけー!ローラのセクシー画像7選

shunskywalkershunskywalker

世界一有名なカフェ!? “バグダッド・カフェ”はまだLAに存在していた!

♪ I am calling you…♪

「20年経った今も、彼女たちはあなたを呼んでいる」


といえば皆さんご存知“バグダッド・カフェ”ですね!実は劇中に登場した世界一有名なカフェ、「バグダッド・カフェ」、今も現存しているのです


“バグダッド・カフェ”って?

“バグダッド・カフェ”は1987年制作の西ドイツ映画です。主題歌「Calling You」はその年のアカデミー最優秀主題歌賞にノミネートされ、今では80を超えるアーティストがカバーするという名曲です。

さて、あらすじはというと、こんな感じ。

ドイツからの旅行者ヤスミンは、アメリカ旅行中に夫と喧嘩し、車を降りてしまう。重いトランクを転がしながら砂漠を歩いていると、モーテル兼ガソリンスタンド兼カフェである「バグダッド・カフェ」にたどり着く。いつも不機嫌な女主人ブレンダや風変わりな人ばかりが集まるこの「バグダッド・カフェ」。ヤスミンが来てからというものの、少しづつ雰囲気が変わっていき、みんなの心に変化が生まれ始める…。
当時ミニシアターブームを巻き起こしたこの映画、ご覧になったことがある方も少なくないのではないでしょうか?

まだ存在している!

そんなバグダッド・カフェ、実際に撮影に使用された建物が今も存在しているのです!

ロサンゼルス市内のダウンタウンから車を走らせること約2時間、ルート66沿いにバグダッド・カフェは存在します。ちょうどヤスミンが車を降りて歩いているときのように、周りには何もないところから突如、バグダッド・カフェの看板が登場します。
映画の中とはさすがに異なり、モーテルなんかは取り壊されています。
しかし!モーテルの床にはまだ模様が残っていたり、ヤスミンが掃除していた給水塔の名残なんかもあります。
お店は現在も営業中で、お店の中には撮影で使われた小道具も残されています。また世界各地の映画ファンが数多く訪れており、国旗や帽子、お札など、とても愛されているお店であることが容易にわかります。

そしてなんと!お店の方(ブレンダではありません)が「Calling You」をかけてくださるなど、本当に涙が出そうになるくらい幸せな時間を過ごすことができます。

おわりに

市内から少し離れてはいますが、特別な時間が名曲「Calling You」とともに今もあなたを待っています。

LAを訪れる際にぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?

PAGE TOP