SmartripSmartrip

ピクニックへ行こう!芝生が美しい東京の公園7選

新緑の美しい、あたたかな陽気が続いています。ピクニックやBBQを楽しむには絶好のシーズンが到来。公園は予約も不要で、おでかけにはもってこい。そこで、都内にある広々とした芝生が美しい公園をご紹介します。こんどの週末は家族や友人とピクニックに出かけませんか?


国営昭和記念公園/東京都立川市・昭島市

国営昭和記念公園
出典:国営昭和記念公園 | 立川市
とにかく敷地が広大なこちらの公園。入園料はかかるものの、東京ドームの約39倍の広さの園内には、各種スポーツ施設、日本庭園、屋外プール、ドッグランを始め、「虹のハンモック」など巨大遊具が充実。あちらこちらに芝生広場があるので、ストレスを感じることなくのんびりと過ごせます。レンタサイクルの利用がおすすめです。
国営昭和記念公園公式ホームページ
アクセス:JR青梅線「西立川」駅下車 徒歩2分 有料駐車場有
入園料:大人4Ⅰ0円、小中学生80円

新宿御苑/東京都新宿区

新宿御苑
出典:SABOの東京名所写真
新宿にこんな広大な芝生が、と驚くはず。皇室の歴史を受け継ぐ庭園・新宿御苑は新宿とは思えない貴重な場所です。芝生でピクニックもよし、木陰でのんびり読書や昼寝をするもよし。大温室もあるので、デートにもぴったり。レジャーシートを持って行くことをオススメします。
新宿御苑
アクセス:JR・京王・小田急線「新宿」駅下車 南口より徒歩10分 有料駐車場有
入園料:大人200円 小中学生50円

代々木公園/東京都渋谷区

代々木公園
出典:photo by Katsuhiko Wakyama
都内で一番広い空が見える森林公園。都内のお花見スポットとしても有名です。芝生や噴水だけでなく、各種陸上競技場や野外ステージなどもある都会のオアシス。大道芸や趣味にいそしむ方など人間観察をしているだけでも充分楽しめる。隣接する明治神宮に足を伸ばしてみるのもおすすめです。
代々木公園
アクセス:JR「原宿」下車 徒歩3分 有料駐車場有
入園無料

砧公園/世田谷区

砧公園
出典:photo by Masuda Nobuyuki
東京インターの近くにある砧公園は、元々ゴルフ場だったことから、なだらかな起伏があるのが特徴。ファミリーでにぎわう芝生広場、園内には多摩川の支流のひとつ、谷戸川が流れており、都内では珍しい「吊り橋」が掛かっている。バードサンクチュアリ、サイクリングコースのほか園内には世田谷美術館もあり、一日楽しめる。
砧公園
アクセス:東急田園都市線「用賀」下車 徒歩20分または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車 有料駐車場有
入園無料

神代植物公園 自由広場/調布市

神代植物公園 自由広場
出典:photo by birdhead_2000
深大寺の観光地として有名な「神代植物公園」は植物公園としては都内で最大の広さでバラ、つつじ、梅、さくら、大温室など四季折々に美しい花で彩られる。有料ゾーンの周辺にある無料の自由広場は広い芝生が広がり、お弁当を広げるのにぴったり。深大寺に立ち寄ったり、有名な蕎麦を食べたり、観光気分で楽しめそう。
神代植物公園
アクセス:JR中央線「三鷹駅」「吉祥寺駅」京王線「調布駅」の三駅からバス利用「神代植物公園」下車 有料駐車場有
入園無料
※「神代植物公園」は大人500円、中学生200円、都内在住の中学生および小学生以下無料

野川公園/調布市・三鷹市・小金井市

野川公園
出典:photo by タチカワオンライン
三鷹、調布、小金井の3市にまたがる広大な野川公園の前身は、大学のゴルフ場。野川公園の中には、国分寺崖線からの湧水が集まってできた野川が流れ、柵を設けていないので水辺までおりることができ、豊かな自然を間近で体感できる。大芝生のほか、BBQ広場やアスレチック遊具もあり、思い思いに自然を満喫できる場所。
野川公園
アクセス:西武多摩川線「新小金井」または「多磨」下車 徒歩15分または京王バス、小田急バス利用「野川公園一之橋」下車 有料駐車場有
入園無料

葛西臨海公園/東京都江戸川区

葛西臨海公園 のコピー
出典:photo by mapple
日本一の観覧車、マグロの回遊水槽が見られる水族園が有名ですが、東京湾に面した水辺に広々とした芝生広場があり、ピクニックには最適。人工の渚があり、BBQも可能。敷地内の橋から水辺での遊びも楽しめる。電車を降りて徒歩1分という好立地も魅力です。
葛西臨海公園
アクセス:JR京葉線「葛西臨海公園」駅下車 徒歩1分 有料駐車場有
入園無料

SaayaSaaya

YouTube再生回数11万越え!アマゾンの"肉食どじょう"が強烈!

出典:YouTube

舞台はブラジルにあるアマゾン。恐ろしい生物といえばピラニアだが、実は肉食どじょう"カンジルー"のほうが現地住民からおそれられているのだそう。まずは動画をご覧あれ。


カンジルーとは?

出典:Wikipedia
カンジルーとは、日本ではカンジル、カンディルなどとも呼ばれるナマズの仲間。アマゾン水系の泥で濁った川に生息する肉食の淡水魚である。血の匂いに敏感で、獲物のあらゆる穴から入り込み内側から食い尽くしていく。現地では"人食い"と忌み嫌われ、絶対に食べないという。先住民の女性はカンジルーの侵入を防ぐために股間に三角形の土器をあて、それがビキニの原型だという説もあるくらいだ。

幻の魚・カンジルー

アマゾンには乾期があり、水量が減って水が澄むとカンジルーはどこかへ移動してしまう。アマゾン釣り紀行「オーパ!」では、カンジルーが"幻の魚"と記されているのだ。著者の開高健が訪れたときにはちょうど乾期にあたり、どうしても見つけられなかったそう。

撮影者の"Toru Sadamori"って何者・・・?

出典:Toru Sadamori
このビデオを撮影した定森徹氏はどんな人なのだろうか。彼は学生時代の旅行をきっかけに、20年以上ブラジルで暮らしている。都市のスラムにある孤児院や、NPO法人のスタッフとしてアマゾンの農業支援などの活動に奮闘している。アマゾンを思い、共に生きる彼だからこそ撮影できたのだろう。カンジルーの他にも、幸せを呼ぶピンクイルカなど様々な動画を投稿している。

PAGE TOP