amp編集部amp編集部

【あまりにも絶景な胸元】自撮りしながらパラグライダーに挑戦した結果…

滑空性能をもつ四角いパラシュートを地上で開き、斜面を利用して滑空しようという発想から産まれたスカイスポーツ、パラグライダー。
高度を上げて上空から見たことのない景色を眺めたり、鳥と一緒に飛ぶことを楽しめるスポーツとして人気ですが…。

これに”自撮り”をしながら挑戦したひとりの女性が現れました。
その彼女の撮影した映像には、それは美しい絶景が残されていたのです。


自撮りしながらパラグライダーに挑戦した結果…

出典:YouTube
出典:YouTube
まずはしっかりと安全装置を取り付けてもらい…。
出典:YouTube
いざ、スタート!
パラシュートでしっかりと風を受けながら助走をしていきます。
出典:YouTube
彼女の目前には、きっと想像も絶するような景色が広がっているのでしょう。
出典:YouTube
楽しかった余韻か、飛行が終わったあともテンションが高い彼女。
謎のポーズでその気持を表現しています。

この映像を残してくれてありがとう!と伝えたいですね。

SaayaSaaya

YouTube再生回数11万越え!アマゾンの"肉食どじょう"が強烈!

出典:YouTube

舞台はブラジルにあるアマゾン。恐ろしい生物といえばピラニアだが、実は肉食どじょう"カンジルー"のほうが現地住民からおそれられているのだそう。まずは動画をご覧あれ。


カンジルーとは?

出典:Wikipedia
カンジルーとは、日本ではカンジル、カンディルなどとも呼ばれるナマズの仲間。アマゾン水系の泥で濁った川に生息する肉食の淡水魚である。血の匂いに敏感で、獲物のあらゆる穴から入り込み内側から食い尽くしていく。現地では"人食い"と忌み嫌われ、絶対に食べないという。先住民の女性はカンジルーの侵入を防ぐために股間に三角形の土器をあて、それがビキニの原型だという説もあるくらいだ。

幻の魚・カンジルー

アマゾンには乾期があり、水量が減って水が澄むとカンジルーはどこかへ移動してしまう。アマゾン釣り紀行「オーパ!」では、カンジルーが"幻の魚"と記されているのだ。著者の開高健が訪れたときにはちょうど乾期にあたり、どうしても見つけられなかったそう。

撮影者の"Toru Sadamori"って何者・・・?

出典:Toru Sadamori
このビデオを撮影した定森徹氏はどんな人なのだろうか。彼は学生時代の旅行をきっかけに、20年以上ブラジルで暮らしている。都市のスラムにある孤児院や、NPO法人のスタッフとしてアマゾンの農業支援などの活動に奮闘している。アマゾンを思い、共に生きる彼だからこそ撮影できたのだろう。カンジルーの他にも、幸せを呼ぶピンクイルカなど様々な動画を投稿している。

PAGE TOP