佐々木ののか佐々木ののか

【極貧】舞台は築50年の超レトロアパート! 1カ月1万円生活スタートします!

こんにちは! ライターの佐々木ののかです! 突然ですが、ひょんなことから3月18日より1カ月間1万円で暮らさなければいけなくなりました。「ひょんなこと」の理由は話せば長くなるのですが、そもそもの発端はわたしの家にあります。事の発端と顛末を少しお話させてください。


全てはわたしの“家”から始まった

昨年末からわたしは、東京某所に家を借りて一人暮らしを始めました。1K6畳、賃料42,000円、築50年の超レトロアパートです。この家が1カ月1万円生活をしなくてはいけなくなった事の発端なので、ニュアンスが伝わるよう、少し我が家の紹介をさせてください。
まずはこちら、我が家の冷蔵庫と洗濯機と電子レンジです。

12月に引っ越しをしたんですが、2月末まで冷蔵庫と洗濯機がありませんでした。洗濯はコインランドリーに行けばいいので特に困っていませんでしたが、問題は冷蔵庫。とりあえず真冬だったので、ベランダを冷蔵庫代わりにして使っていました。

最近、妹の家から送られてきたので、梱包のときにくっついたガムテープが剥がせていません。洗濯機のホースは付け方がわからないし、タイマーはなぜか2個入っていました。色々と謎が多いです。
こんな感じです。最近はだいぶ暖かくなってきてしまいましたが、冬はビールがよく冷えました。
ちなみに台所はこんな感じ。わたしは平成生まれですが、昭和の匂いが感じられる趣あるキッチンです。ちなみに、ガスコンロを持つのは贅沢な感じがしたので、友達からもらったカセットコンロを使っています。

玄関と台所を仕切る板は、歯磨き粉を置けたり、傘をかけられたりと、スペースをうまく使えるような気の利いたデザインになっています。
ドアの上に取り付けられているブレーカーはシンプルな作りになっています。これを見ると、現在の一般的なブレーカーは必要以上に色々なものが付き過ぎていると気づかされます。今流行りのミニマルデザインですね。
部屋の中はこんな感じ。
一見、カーテンかのように見えるこちらは、ただの布。かわいいカーテンは高くつくので、安全ピンで止めています。

「丈が足りないのでは?」とよく言われることがありますが、下から覗かれることもないと思うので特に気にしていません。
トイレもあります。和式ですが、水色とピンクのタイルが可愛くて一目ぼれしました。この家への入居を決めた理由の4割は、このタイルです。
トイレはありますが、お風呂はないので毎日10分かけて歩いて銭湯に通っています。銭湯のお客さんはおばあちゃんが多く、わたしくらいの年の人は少ないので、やたらとかわいがってもらえます。実家がもう1つできたみたいで嬉しいです。

ちなみに銭湯がお休みの月曜日は近所のコインシャワーか、近所の友達の家にお風呂を借りに行きます。いわば風呂難民ですね。
そんなこんなで、わたしは慎ましくも幸せに、日々の生活を楽しんで生きてきていたのでした。そんなある日、取引先の方から突然、電話が来たのです。

担当者Aさんからの電話、1カ月1万円生活スタートのきっかけ

「はい、もしもし」

「突然ですけど、ののかさん、今ボロアパートに住んでいるんですよね?」

「いえ、超レトロアパートに住んでますけど、どうかしましたか?」

「ののかさんの家にピッタリの企画があって……1カ月1万円生活やってみませんか?」

「急ですね。なんでまた?」

「いや、なんかおもしろそうでしょう?」

「考えなしかよ。いやです。」

「お金たくさん弾みますから……」

「支出極端に少ないんで、間に合ってます」

「今よりもっと良い家に住みたくないんですか?」

「工夫しながら住めてるんで、大丈夫です」

「でもやっぱり限界に挑戦するってカッコいいじゃないですか」

(限界に挑戦するってカッコいい……?)
「でも……いやです」

「限られた環境の中で、最高のパフォーマンスを出すのが本当のクリエイティブだと思うんですよ」

(本当の、クリエイティブ……?)

「でも、でも、できません……」

「一生懸命頑張っている女性に男は魅かれ……」

「やります」

ルール説明

というわけで、本当にひょんなことから始めることになった1カ月1万円生活。
ルールは以下の通りです。

【ルール】
・健康に支障をきたした際にはチャレンジ中断。
・食費/水道光熱費を計上対象とする。
・通信費、移動交通費、生活消耗品は計上されない。
・自分から食べ物を「ください」というのはNG。
ただし、事情を知らない人からの善意の差し入れは、まぁOK。

【水道高熱費等料金について】
・チャレンジ開始日にメーターを計測。
・一週間毎にメーターを計測し、前回計測からの差分×料金単価を計上。

▽電気代に関して
メーター1目盛りの単位1kWhに対して20円として計算
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home02-j.html
※基本料金は考慮外

▽水道代に関して
メーター1目盛りの単位1m3(=1000L)を300円として計算
http://www.sokuteihouhou.com/expression/water-meter.html
※基本料金は考慮外

▽ガス
メーター1目盛りの単位1m3を140円として計算。
http://e-com.tokyo-gas.co.jp/ryokin/Default.aspx?tik=1
※基本料金は考慮外

ノリで始めてしまったので、正直なところ不安だらけですが頑張りますので、皆様、応援のほどよろしくお願いいたします!


佐々木ののかの1カ月1万円生活~第1週目~
【大ピンチ】ガスボンベなしでの自炊サバイバル生活はじまる~1カ月1万円生活2週目
【物資供給】先輩方から○○を大量に授かる!一カ月一万円生活3週目

そらそら

「〇〇までDIY」意外と知らないオーストラリアの珍常識5選

出典:Flicker

オーストラリアと聞けば豊かな自然や可愛らしい動物をイメージする人も多いと思います。しかしそんなオーストラリアには私たち日本人の斜め上をいくありえない常識がいくつも存在するのです。

そこで今回はそんな意外と知られていないオーストラリアの珍常識をいくつか紹介していきます。


①ビールを自宅でDIY

出典:cooper web page

なんとオーストラリアでは自分でビールを作る事が合法的に出来るのです!

普通のスーパーマーケットにもビール醸造キットが売っていて誰でもビール造りができます。

温度や湿度調整などに気をつかう必要はありますが、自分の飲むビールを自分で作るなんてちょっとワクワクしませんか?

自家製とはいえうまくできれば市販のビールと何の遜色もない仕上がりになります。

かなり巨大な樽で作る必要はありますが、安価で大量のビールが出来るのでビール好きには嬉しいですね!



②飲酒運転がOK!?

出典:Flicker

これには驚く方も多いと思いますが、実際に飲酒運転は ”条件付きで” 法律上許可されています。

この条件というのは血中アルコール濃度(BAC)が0.05%を上回らない範囲とされています。大体ビールだったら1本、ワインならグラス1杯分ぐらいの量です。

この分量はあくまで目安ですが、例え1口でも「飲んだら乗るな」を肝に免じている私にとってはかなりのカルチャーショックです。


③エイアイ問題

出典:大塚チルド食品 株式会社

エイアイ問題とは私が勝手に名付けたものですが、人口知能の事ではなく発音の話です。

特にオーストラリアは「 a 」の音をを”エイ”ではなく”アイ”と発音します。
なので「name」だったら”ナイム” 「day」だったら”ダイ”と聞こえます。

たったこれだけのことですが脳は素直に変換してはくれません。

実際私はオーストラリアに留学した当初 その発音の違いから ”what’s your name?”(ワッツユアーナイム?)とという簡単な質問にすら答える事ができませんでした。


また、別れ際にはよく ”good days” 挨拶を交わします。これも私の耳には「グッド大豆」にしか聞こえず聞くたびに豆が頭をよぎっていました。

④裸足の人が多い

出典:Flicker

オーストラリアでは裸足で街を歩いている人をよく見かけます。


QUORAというQ&Aサイトにも「なぜオーストラリア人は裸足で歩くのか?」という質問があったのでその回答を抜粋しました。

・だって靴はナチュラルじゃないし実用的ではない。
・フリーダムを感じる。
・裸足で歩いていると祝日みたいな気分になる。

どうでしょうか? ん〜、分かるようで分からない。

もちろん裸足で日常生活を送っている方は少数ですが、オーストラリアのような温暖な気候で綺麗な海が近くにある環境では自然と肌をさらしたくなってしまうのかもしれませんね。

⑤危険がたくさんオーストラリアの道路事情

出典:Flicker

世界と比べても日本の道路はかなり整備が行き届いてます。
故にその感覚のままオーストラリアでドライブしてしまうと思わぬ事故に巻き込まれる可能性があります。

オーストラリアは砂利道や土路のような未舗装の道も多いですし、補装されている道でも大き目のクレーターが点在している道路も少なくありません。
雨にも弱くまるで雪道のようにタイヤがツルツルと滑ってしまう道路もあります。

また本当にカンガルーやエミューのような野生生物が飛び出してくる地域もあるので標識や路面コンディションはちゃんと確認しましょう!





オーストラリアの珍常識いかがでしたでしょうか?

「郷に入っては郷に従う」ということわざがありますが、
BAC 0.05%以下でもお酒を飲んだら事故率が2倍になるというデータが出ていますし、日本人の足の裏ではオーストラリアの地面は暑すぎて歩けません、、、

是非とも現地の常識やルールは尊重しつつも安全で楽しい旅を満喫してください!!

PAGE TOP