佐々木ののか佐々木ののか

【極貧】舞台は築50年の超レトロアパート! 1カ月1万円生活スタートします!

こんにちは! ライターの佐々木ののかです! 突然ですが、ひょんなことから3月18日より1カ月間1万円で暮らさなければいけなくなりました。「ひょんなこと」の理由は話せば長くなるのですが、そもそもの発端はわたしの家にあります。事の発端と顛末を少しお話させてください。


全てはわたしの“家”から始まった

昨年末からわたしは、東京某所に家を借りて一人暮らしを始めました。1K6畳、賃料42,000円、築50年の超レトロアパートです。この家が1カ月1万円生活をしなくてはいけなくなった事の発端なので、ニュアンスが伝わるよう、少し我が家の紹介をさせてください。
まずはこちら、我が家の冷蔵庫と洗濯機と電子レンジです。

12月に引っ越しをしたんですが、2月末まで冷蔵庫と洗濯機がありませんでした。洗濯はコインランドリーに行けばいいので特に困っていませんでしたが、問題は冷蔵庫。とりあえず真冬だったので、ベランダを冷蔵庫代わりにして使っていました。

最近、妹の家から送られてきたので、梱包のときにくっついたガムテープが剥がせていません。洗濯機のホースは付け方がわからないし、タイマーはなぜか2個入っていました。色々と謎が多いです。
こんな感じです。最近はだいぶ暖かくなってきてしまいましたが、冬はビールがよく冷えました。
ちなみに台所はこんな感じ。わたしは平成生まれですが、昭和の匂いが感じられる趣あるキッチンです。ちなみに、ガスコンロを持つのは贅沢な感じがしたので、友達からもらったカセットコンロを使っています。

玄関と台所を仕切る板は、歯磨き粉を置けたり、傘をかけられたりと、スペースをうまく使えるような気の利いたデザインになっています。
ドアの上に取り付けられているブレーカーはシンプルな作りになっています。これを見ると、現在の一般的なブレーカーは必要以上に色々なものが付き過ぎていると気づかされます。今流行りのミニマルデザインですね。
部屋の中はこんな感じ。
一見、カーテンかのように見えるこちらは、ただの布。かわいいカーテンは高くつくので、安全ピンで止めています。

「丈が足りないのでは?」とよく言われることがありますが、下から覗かれることもないと思うので特に気にしていません。
トイレもあります。和式ですが、水色とピンクのタイルが可愛くて一目ぼれしました。この家への入居を決めた理由の4割は、このタイルです。
トイレはありますが、お風呂はないので毎日10分かけて歩いて銭湯に通っています。銭湯のお客さんはおばあちゃんが多く、わたしくらいの年の人は少ないので、やたらとかわいがってもらえます。実家がもう1つできたみたいで嬉しいです。

ちなみに銭湯がお休みの月曜日は近所のコインシャワーか、近所の友達の家にお風呂を借りに行きます。いわば風呂難民ですね。
そんなこんなで、わたしは慎ましくも幸せに、日々の生活を楽しんで生きてきていたのでした。そんなある日、取引先の方から突然、電話が来たのです。

担当者Aさんからの電話、1カ月1万円生活スタートのきっかけ

「はい、もしもし」

「突然ですけど、ののかさん、今ボロアパートに住んでいるんですよね?」

「いえ、超レトロアパートに住んでますけど、どうかしましたか?」

「ののかさんの家にピッタリの企画があって……1カ月1万円生活やってみませんか?」

「急ですね。なんでまた?」

「いや、なんかおもしろそうでしょう?」

「考えなしかよ。いやです。」

「お金たくさん弾みますから……」

「支出極端に少ないんで、間に合ってます」

「今よりもっと良い家に住みたくないんですか?」

「工夫しながら住めてるんで、大丈夫です」

「でもやっぱり限界に挑戦するってカッコいいじゃないですか」

(限界に挑戦するってカッコいい……?)
「でも……いやです」

「限られた環境の中で、最高のパフォーマンスを出すのが本当のクリエイティブだと思うんですよ」

(本当の、クリエイティブ……?)

「でも、でも、できません……」

「一生懸命頑張っている女性に男は魅かれ……」

「やります」

ルール説明

というわけで、本当にひょんなことから始めることになった1カ月1万円生活。
ルールは以下の通りです。

【ルール】
・健康に支障をきたした際にはチャレンジ中断。
・食費/水道光熱費を計上対象とする。
・通信費、移動交通費、生活消耗品は計上されない。
・自分から食べ物を「ください」というのはNG。
ただし、事情を知らない人からの善意の差し入れは、まぁOK。

【水道高熱費等料金について】
・チャレンジ開始日にメーターを計測。
・一週間毎にメーターを計測し、前回計測からの差分×料金単価を計上。

▽電気代に関して
メーター1目盛りの単位1kWhに対して20円として計算
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home02-j.html
※基本料金は考慮外

▽水道代に関して
メーター1目盛りの単位1m3(=1000L)を300円として計算
http://www.sokuteihouhou.com/expression/water-meter.html
※基本料金は考慮外

▽ガス
メーター1目盛りの単位1m3を140円として計算。
http://e-com.tokyo-gas.co.jp/ryokin/Default.aspx?tik=1
※基本料金は考慮外

ノリで始めてしまったので、正直なところ不安だらけですが頑張りますので、皆様、応援のほどよろしくお願いいたします!


佐々木ののかの1カ月1万円生活~第1週目~
【大ピンチ】ガスボンベなしでの自炊サバイバル生活はじまる~1カ月1万円生活2週目
【物資供給】先輩方から○○を大量に授かる!一カ月一万円生活3週目

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP