amp編集部amp編集部

【リアルバービー】人間?人形?まるでバービー人形のような姿の女性たち

女の子の永遠の憧れ、バービー。
美しいブロンドヘアに、大きな目、抜群のスタイル。
女の子の理想を詰め込んだとも言える姿です。

そんなバービー人形に憧れるあまり、【リアルバービー人形】となった人々がいました!
本当に生きているんだろうか…?と疑いたくなるほどのお人形感に驚くこと間違いなしです。


アンジェリカ・ケノバ(ロシア)

happy valentine day <3

Posted by Angelica Kenova on 2016年2月14日
出典:AcidCow.com
まずはロシアから。
モデルとして活躍する彼女はまさしくリアルバービー人形!

ヴァレリア・ルカノワ(ウクライナ)

出典:RYOT
最も有名なリアルバービーと言えば彼女かもしれません。
あまりにも人形のようなその顔から整形説も後を絶えませんが否定しています。
ほうれい線などのシワが出来ないようにするため表情をほとんど変えないなど、私達には考えられないような努力をしているよう。
出典:E! Online
そのプロポーションやカクカクとしたポーズも本当にバービー人形のよう…。
彼女はこれまでに「自分は他の惑星から来て、宇宙人と交信したり、自分の身体から出て、他の惑星や世界をトラベルしたりできる」と発言するなどして話題になったこともあります。

アリーナ・コバレスカヤ(ウクライナ)

出典:Mirror
彼女も美人大国ウクライナの出身。
その美しさから彼女の追っかけも現れるほどです。
出典:Vedete Blog
彼女は他のリアルバービーな人々とは異なり、「バービー人形を意識したメイクをしているわけではない」と発言しているそう。
バービー人形になるために凄まじい努力をしているひともいる中、この姿が生まれつきだなんて驚きです…!

ロリータ・リッキ(ウクライナ)

出典:InTouch
ウクライナのリアルバービー率は異常に高いですね(笑)
それにしても、肌質がお人形そのものですね…。
出典:HDPics
そのプロポーションもバービー人形さながら。
そんな彼女は1998年生まれ。現在なんとまだ17才です!
これからどう成長して行くのでしょうか…。

ブロンディ・ベネット(アメリカ)

出典:VillainousVooDoo
最後はこの方、アメリカのブロンディ・ベネットさんです。
彼女は幼い頃からバービー人形がに憧れていましたが、徐々にその気持ちは強迫観念へ。
その結果豊胸手術や脂肪吸引手術などを繰り返すようになりました。
ついには【バービーになりきる催眠術】まで受け、脳が退化してきているというから驚きです。
出典:EXPRESS
しかし彼女の病的なまでのバービー狂やその催眠術は波紋を呼んでおり、心配の声も上がっています。
バービーへの憧れも、ここまでくると怖さを感じますね…。


いかがでしたか?
やっぱりバービーはいつの時代も、女性たちの憧れのシンボルなんですね。
バービー人形になりたいという女性たちの凄まじい努力はこれからも続きそうです。

chiharuchiharu

【バリ特集⑤】≪ベストオブ極上!≫大満足間違いなしのバリのスパ5選!!

バリに来たらスパでしょ!
どこに行けばわからないあなたに、日本人に大人気のスパ、ベスト5をご紹介します。


ルンバ・スパ

出典:4travel.jp
ブタヌ川の渓谷に浮かぶ、島のようなロケーションが特徴的なスパ。ウブドの森を眺めながらのトリートメントはまさに贅沢。メニューはアロマオイルを用いたバリニーズマッサージから、バリの自然素材を用いたスクラブ、話題のイントラーシューティカルのフェイシャルまで豊富に揃います。

テタ・スパ・バイ・ザ・シー

出典:4travel.jp
ギリシャ語で精神を意味する「テタ」の名が付けられたこちらは、心・体・精神のバランスを整えることを目的としたトリートメントが中心。はちみつやニンジン、チョコレートなどを使ったスクラブやラップ、マッサージ、バスが含まれるパッケージ(90〜120分)がおすすめ。

カルマ・スパ

出典:トリップアドバイザー
インド洋を一望する断崖に建つヴィラで、波の音と吹き抜ける風を感じながらトリートメントを受けられる。スパの利用でリゾートのビーチを利用することも可能。海でいっぱい遊んでからスパに行くのも贅沢なバリ旅行ならでは。

ロイヤル・キラーナ

出典:トリップアドバイザー
鬱蒼とした森に佇むロイヤル・ピタマハ自慢のスパ。もともとは資生堂プロデュースのスパだったため、施設は細部にまでこだわった造りとなっている。トリートメントの前後にスパラウンジが利用でき、至福のひと時をゆったりと過ごすことができます。

スパッション

出典:Find Travel
バリ風・インド風・モロッコ風など異なるトリートメントルームが用意されたスパ。観光客に人気な繁華街に位置し、気軽に立ち寄ることができる。金属製のボウルを体に当てて叩き、振動と音でリラックス効果を与えるシンキング・ボウルのメニューが人気。
いかがでしたでしょうか。
非日常的な美しい風景の中で受けるプロのマッサージは至福のひとときとなるはず!
せっかくのバリ旅行なら、自分好みのスパを決めてから行くのがおすすめですよ!

PAGE TOP