chiharuchiharu

【バリ特集④】実はグルメが集う国??インドネシアのローカルフード

インドネシアのローカルフードは日本人でも親しみやすい味付けが多く、はまってしまうこと間違いなし。地元の人々も訪れる手頃な価格が魅力なワルン(食堂)で、気軽に楽しめる定番料理をご紹介!


ナシ・チャンプル

出典: BALInavi
白いご飯や様々なおかずを盛り合わせたワンプレートディッシュ。そのまま食べても、混ぜて自分好みの味にアレンジしても美味しい。

▶ナシ・ゴレン

出典: BALInavi
インドネシア版のチャーハン。
具材は鶏肉やエビが使われることが多く、ブンブや醤油、ケチャップで味付けされます。付け合わせは店によって異なりますが、カラッと揚がった香りの良いえびせんは代表格とも言えます。

▶ミー・ゴレン

出典:BALInavi
野菜や鶏肉などが入った焼きそば。甘めの醤油味がスタンダード。具材は店によって異なりますが、辛くないものがほとんどなので誰でも楽しむことができます。

サテ

出典:BALinavi
鶏肉や豚肉、シーフードなどを串に刺して炭火で焼いた串焼き料理。コクと甘みが特徴のピーナッツソースをつければ、具材の旨みとソースが絶妙のバランスで交わり、炭焼きの香ばしさも相まって絶品となること間違いなし。
いかがでしたでしょうか。
甘辛い味付けが多いバリの料理は日本人好みのものが多く、一度食べたらハマること間違いなし!
日本でもインドネシア料理屋さんで楽しめるものばかりですので、気になった方はまずは国内で試してみるといいかもしれませんね。

chiharuchiharu

【バリ特集③】バリだからこそ味わえる贅沢!非日常の時間を盛り上げるリゾート6選

バリといったらスパやヨガなど、都会から解放された自然の中で癒しを求めてしまいますよね。
そんな贅沢なひと時を送るのにふさわしい、極上リゾート6選をご紹介します!


カヨンリゾート

出典:エクスペディア
ウブドの谷を切り開いて作られた自然豊かなナチュラルリゾート。施設内の竹や石、木などの建材は全てバリ島内の天然素材が用いられている。無料のトレッキングや朝ヨガも体験できる。

リッツ・カールトン

出典:エクスペディア
約13ヘクタールもの広大な敷地に、313室のゲストルームが点在する大型リゾート。13カテゴリーあるすべてのスイートルームやヴィラからは、穏やかなインド洋を望む。2015年秋にオープンしたばかり。崖の斜面に造られたユニークなロケーションのバーでは絶景とともに美味しいお酒を楽しめること間違いなし!

リンバ・ジンバラン

出典:エクスペディア
ジンバランエリアにあるアヤナリゾートの姉妹ホテル。リンバ(森)の名の通り鬱蒼とした森に囲まれており、南国植物が生い茂るガーデンが美しい。竹や木、古い木造船の一部などを使ったモダンなインテリアや、眺めの良いプールやバーが楽しめます♪

▶ムリア

出典:エクスペディア
3つのホテルが一体となったムリア・リゾートの中でも、「ムリア」は全室スイートルーム仕様の贅沢なセクション。客室は111室あり、すべての客室に24時間パトラーサービスが付いているので安心。部屋は最もコンパクトなものでも105㎡で、ゆったりと過ごせる。

アイズ・スミニャック

出典:エクスペディア
クロボカンのメインストリートで、バリ島を代表する繁華街に位置するオベロイ通りに面するスタイリッシュなデザインホテル。1階にはビジターに人気のレストラン、3階には深夜3時まで盛り上がるDJバーがあり、音楽とともに楽しく過ごせる。

ザ・サンタイ

出典:エクスペディア
クロボカンの北、ウラマス地区に2014年にオープンした隠れ家的な小型リゾート。11ある客室はすべてヴィラタイプで、各棟にプライベートプールが備えられている。陶器の壺や天然素材で造られた温もりある家具調度品などクラフト感のあるインテリアに、心からリラックスできること間違いなし。

アナンタラ・バリ・ウルワトゥ・リゾート&スパ

出典:エクスペディア
インド洋を望む断崖に位置する絶景を生かしたリゾート。
12×3mのプライベートプールや開放的な屋外のバスタブを備えたオーシャンフロントのプールヴィラが人気。客室内はもちろん、屋外のプールからもインド洋の大海原を楽しむことができる。森に囲まれたスパも人気。
いかがでしたでしょうか。
どれもバリの自然をふんだんに活かしたリゾートばかりで、迷っちゃいますね。
1日ホテル内でゆったりと過ごすのもアリかもしれませんね!

PAGE TOP