『Amp』リニューアルのお知らせ

Ampは2017年6月中旬よりリニューアルします。
詳細はこちらをクリックしてご確認ください。>>AMPリニューアルのお知らせ

amp編集部amp編集部

【首長族、骸骨化粧、特殊言語…】世界の民族の独特の文化・驚きの風習まとめ

世界にはまだ現代文明といまだに接触していない部族が、全世界に100以上存在しているといいます。
しかし、その一方ですでに現代との交流をしている部族もたくさんあり、そんな彼らには独特の文化や歴史、想像を絶する驚きの風習などを持っています。

今回は、そんな変わった習わしを持つ部族をまとめてみました。


あの有名な首長族“カヤン族”

出典:Wikipedia
タイの有名な首長族であるカヤン族。
首長族と呼ばれるものの、正確には首が伸びているのではなく、幼少時から徐々に真鍮コイルを増やしていく過程で顎の高さが圧力によって引き上げられ、真鍮の重みで鎖骨と肋骨が沈下し、肩の位置が下がることで極端な撫で肩となり、首部全体に真鍮リングを纏うことにより首が伸びているように錯覚して見えています。
カヤン族が首を長く見せる理由には諸説ありますが、どの説も信憑性を欠いており、現代の認識ともズレがあります。

皿が大きいほど美しい“ムルシ族”

出典:HOW AFRICA
エチオピアの少数民族、ムルシ族。ここの女性は、思春期から結婚へ向かうときに、唇に「デヴィニヤ」と呼ばれる土器で作った皿をはめ込みます。そして、皿は成長するにしたがってにだんだん大きなものに換えていきます。
ムルシ族の価値観では大きな皿をつけているほど美しい女性とされ、結婚する時の結納に交わされる牛の数も多くなるそうです。

恐ろしきマッドマン“ゴロカ族”

出典:FREE IMAGES
アサロ川流域に住むゴロカ族は、戦うことをあまり好まず、敵に襲われると逃げ回っていました。
あるとき、敵に追われているとアサロ川の沼地にはまって転んでしまいました。「敵に捕まる」と思って、起き上がって後ろを振り返ると、敵は彼の姿を見て恐ろしくなり逃げたそうです。(転がったときに全身に泥がついたため、その姿が亡霊のように見えた)
それから、この部族はこの方法を使い敵を脅して戦いに勝ったと伝えられ、今でもその風習が残っています。

見た目に反する陽気さ“クマン族”

出典:imgbuddy
パプアニューギニアには、今でもいろいろな精霊や悪霊が棲んでいると人々に信じられています。その中で、山岳地帯のチンブー州のミンディマ村という村は、村の山奥に住む悪霊マサライを退治した村として知られています。
村ではその武勇伝が伝説となって伝わり、今は観光客や村の大事なお客様が来たときなど、その話を劇にして演じてくれます。
見た目はとても怖く感じますが、とても陽気な部族のようです。

特殊な言語を操る“ピダハン族”

出典:UN ANRROPOLOGA
南米アマゾンに暮らす、世界に他に類を見ない独特の言語をもった400人ほどで生活をしている少数民族、ピダハン族。
ピダハン族は特殊な装飾をつけないし、手の込んだ儀式もしないので、アマゾンのほかの部族のようにはっきりと目に見える形で文化を誇示しません。
しかし、彼らが使うピダハン語は、言語学上の論争を呼ぶような要素がさまざまに含まれているため、大きな注目を集めています。
ピダハン語に含まれる音素は、現存する言語のなかで最も少ない11種類しかなく、そのほかにも多くの言語に見られる要素が欠落しています。長い間外国人と接触する機会がなく、独自の発展をしたその言葉は、口笛でも、ハミングでも、言葉として成立してしまうそうです。

体にワニの文様を施す“セピック族”

出典:LARS KRTAK
祖先をワニだと信じるパプアニューギニアのセピック族は、男子が成人すると体にワニの紋様を施します。
その方法は非常に痛々しく、背中一面の皮膚を村長のデザインした模様状にカミソリで削ぎ、そこに特殊な樹液を塗って傷口を膨らませることで紋様を作るというものです。激痛のあまりショック死する者が現われるほどの凄惨な儀式ですが、それを乗り越えなければ一人前の男とは認められません。


世界にはまだまだ不思議な風習や文化が残った部族がいるものですね。
もし、彼らが歓迎してくれるのであれば、一度訪れてみたいものです。

SaayaSaaya

花粉症を根本から治す!舌下免疫療法をやってみた

国民のおよそ4人に1人が抱えるスギ花粉症。今年もいよいよその季節がやってきました。毎年の薬代もばかにならないし、そろそろ本気で花粉症を治してみませんか?花粉症を根本から治すといわれる舌下免疫療法、ためしてみました。


今年のスギ花粉はいつから?

出典:日本気象協会
日本気象協会によると、2016年のスギ花粉飛散は2月上旬~3月中旬に始まります。そして既に、九州~関東地方ではわずかながら飛散しています・・・。

薬は“対処療法”でしかない

花粉が気になると、市販のものや医師に処方してもらった薬を使いますよね。それに加えて、マスクや花粉除去効果のある除菌スプレーも買ってみたり。でも、合うものを見つけるのが大変な方も多いのでは?

しかもこれらは対処療法にすぎず、スギ花粉が根本から治るわけではないのです。これを毎年繰り返していたら膨大な出費になっています・・・。

花粉症を根本から治す「舌下免疫療法」

出典:最上クリニック
舌下免疫療法とは、アレルギーの原因物質を舌の下に投与し、すこしずつ体内に吸収させる治療法です。続けていくとアレルギー反応が弱まり、症状が軽減されていきます。

治療は2~5年間かかり、毎日投与する必要があります。また、いままで反応があった方はいないそうですが、まれにアナフィラキシーショックという重篤なアレルギー反応を起こすこともあります。

舌下免疫療法をやってみた①アレルギー検査

2015年10月28日
(料金:5000円ほど)
まずは血液採取をして、スギ花粉のアレルギー検査をしました。舌下免疫療法はスギ花粉に特化しており、ここで陽性が出ない場合は投与ができないとのこと。

2015年12月4日
検査結果は、スギ花粉の測定値181、レベル6!!一緒に行った母は測定値31.6、レベル4。どうりで私のほうが辛いと思ってた・・・。

舌下免疫療法をやってみた②初回は病院で投与

2015年12月4日
(料金:2000円ほど)
ついに治療開始。まずは舌下免疫療法について冊子を読み、副作用のおそれを了承したサインを書きます。この辺りでびびりがMAXに。

問診で聞いた事は以下の通り。
・ 副作用として舌のしびれや腫れを感じる方もいるが、そのせいで治療の継続をやめた方はいない。
・ 風邪でのどが痛い場合は、飲み込まずに吐き出してもいい。
・ 飲み忘れた場合は、次の日にまわせばいい。
なんだか気が楽になってきました。

そして投与。アナフィラキシーショックの危険があるので、初回のみ病院で投与します。投与の手順は4つだけ。
1. 舌下にエキスをたらし2分間保持。
2. 飲み込む
3. 5分間は飲食やうがいをしない。
4. 2時間は激しい運動や入浴もしない。

アナフィラキシーショックは投与後30分間に起こりやすいそうなので、待合室で待機しました。筆者はびびりすぎて手汗が止まりませんでしたが、母は居眠り・・・。この日は無事なにごともなく、帰宅!

舌下免疫療法をやってみた③家で毎朝投与

2015年12月5日~12月10日
まずは左の青いボトルから始まります。筆者は毎朝歯をみがいた後に投与することにしました。2分間は皿洗いをして、5分間は着替えたりしているとあっという間ですよ。

2015年12月11日~12月18日
量の増えた、右の白いボトルに。3日間だけ鼻水がなだれのように流れました。花粉症の症状が出る人もいるそうです。17日は忘れてしまいましたが、18日にまわして投与完了。

舌下免疫療法をやってみた③3度目の通院

2015年12月18日
(費用:2000円ほど)
3度目の通院。問題がなかったため、1mlずつ分かれたものにレベルアップしました。28日分処方され、これからはこの量を繰り返し投与していきます。

2015年12月19日~2016年2月2日
2分以上保持していると舌の下が腫れることに気付き、気をつけるようにしています。忘れたりしながらも続けていますが、いまのところ花粉の症状はありません。今シーズンの効果はあるのか・・・楽しみです!
「花粉症を根本から治す!舌下免疫治療をやってみた」いかがでしたか?シーズン中の投与開始はできないため、今からだと6月以降になるそうです。副作用や効果など個人によって差があるので、ご自身の判断で試してみてくださいね!

PAGE TOP