amp編集部amp編集部

【超巨大生物】こんなの見たことない!世界の巨大生物たちの姿が想像の遥か上

世界には、まだまだ発見されていない生物や未知の生命体がいるかもしれませんが、現在確認されているだけでも、まさに“怪物”と呼ぶに相応しい生物はたくさんいます。

今回はそんな中でも一度見たら忘れられないような、とてつもないインパクトを誇る“巨大生物”をまとめてみました!


世界最大の“ウサギ”

出典:boredpanda
世界最大の大きさを誇る巨大なウサギ。
その大きさは約1.3mであり、重さは約22kg!ペットとして愛情を持って育てられていますが、そのエサ代は年間約85万円にものぼるそうです。

世界最大の“馬”

出典:liveinrternet
ベルジャン種であり、アメリカのテキサス州で育った、脚から肩までが約2メートルもある巨大な馬です。体重は1088kgにものぼります。

世界最大の“サンショウウオ”

出典:BAZOMATIC
中国の小川や湖に生息し、体長は180センチにもなる世界最大のサンショウウオ、チュウゴクオオサンショウウオ。
珍味であり、中国では漢方薬として古来から利用されてきたために、現在は深刻な絶滅の危機にさらされています。

世界最大の“エイ”

出典:galleryhip
インドシナやボルネオの川底に生息し、体重が590キロにもなるという世界最大の淡水エイ。骨を貫くことができる針をもっていますが、気性は穏やかで無害です。

世界最大の“アザラシ”

出典:WIKIMEDIA
アシカ亜目の中では身体が最も大きい種であるミナミゾウアザラシ。 雄の体長は6.5m、体重は4tに達することがあります。その大きさゆえに、成獣ならば天敵のホオジロザメやシャチなども簡単に手を出すことはできません。
また、ミナミゾウアザラシはハーレムを形成する一夫多妻制であり、強い雄は一繁殖期で40頭もの雌を妊娠させることができます。

世界最大の“サメ”

出典:NATIONAL GIOGRAPHIC
サメとしても軟骨魚類としても現生最大であり、そして、現生最大の魚であるジンベイザメ。幸いなことにその動きは緩慢であり、基本的には人にとって危険性の低いサメです。
スキューバダイビングの世界では“ダイバーの憧れ”とされ、モルディブやガラパゴス諸島、ココ島、および、スミラン諸島などで目撃例が多いです。また、回遊しているため、沖縄や四国、伊豆などでも稀に見られることがあります。

世界最大の“ヘビ”

出典:fox8
南米原産の世界最大のヘビ、オオアナコンダは、体長7.6メートル、体重250キロにもなります。人間やワニからカバまで、自分が倒せるものは、巻きついて窒息させ、なんでもエサにしてしまいます。共食いをすることもあるそうです。

世界最大の“生物”

出典:pixdus
世界最大の生物、シロナガスクジラ。地球上には彼らより大きな生き物はいません。シロナガスクジラの体長は約30m、体約180tになることもあります。その舌だけでも、ゾウと同じくらいの重さがあり、夏季には一日4000万匹のオキアミを食べるといいます。

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP