hanahana

時代は“飲む”から“吸う”へ。「吸うカフェイン」が今アメリカで話題

眠気覚ましや運動神経・集中力向上の効果があるとして、現代人が摂取する「カフェイン」。主にコーヒーやエナジードリンクなどの飲料として親しまれています。

そんなカフェインも、“飲む”から“吸う”へと時代が変わっています!
今、“吸う“カフェインとして、アメリカを中心に話題となっているのが、電子カフェイン吸入器『Eagle Energy Vapor』です。


『Eagle Energy Vapor』

出典:YouTube
見た目はタバコのようですが、中身はカフェインが入っており、急速に且つ強烈に目を覚ますことができます。
コーヒー1杯に含まれているカフェインは、約120mg。一方、こちらの商品にはたった2mgしか含まれていませんが、蒸気化したカフェインを肺から直接吸収することによって、劇的な効果があらわれるそう。
もちろん、たばこやコーヒーとはまったく違うものなので、ニコチンや砂糖は一切入ってません。
出典:Twitter
ユーザーによると、5回くらい吸うと、すぐに溢れ出るエネルギーを感じることができるそう。変な吐き気や体調不良になることもないようです。

某通販サイトでは、2万円で販売していたことから、「高すぎる!」という声が続出していましたが、公式サイトから直接取り寄せれば、3本セットが約3000円(+送料)で購入可能。
1本を約500回吸引可能なので、たばこを買うよりも圧倒的に安い値段となっています。

まだまだ日本では知られていないこの商品…。
勇気がある方は、お試しになってみては?

おすすめ記事

SaayaSaaya

花粉症を根本から治す!舌下免疫療法をやってみた

国民のおよそ4人に1人が抱えるスギ花粉症。今年もいよいよその季節がやってきました。毎年の薬代もばかにならないし、そろそろ本気で花粉症を治してみませんか?花粉症を根本から治すといわれる舌下免疫療法、ためしてみました。


今年のスギ花粉はいつから?

出典:日本気象協会
日本気象協会によると、2016年のスギ花粉飛散は2月上旬~3月中旬に始まります。そして既に、九州~関東地方ではわずかながら飛散しています・・・。

薬は“対処療法”でしかない

花粉が気になると、市販のものや医師に処方してもらった薬を使いますよね。それに加えて、マスクや花粉除去効果のある除菌スプレーも買ってみたり。でも、合うものを見つけるのが大変な方も多いのでは?

しかもこれらは対処療法にすぎず、スギ花粉が根本から治るわけではないのです。これを毎年繰り返していたら膨大な出費になっています・・・。

花粉症を根本から治す「舌下免疫療法」

出典:最上クリニック
舌下免疫療法とは、アレルギーの原因物質を舌の下に投与し、すこしずつ体内に吸収させる治療法です。続けていくとアレルギー反応が弱まり、症状が軽減されていきます。

治療は2~5年間かかり、毎日投与する必要があります。また、いままで反応があった方はいないそうですが、まれにアナフィラキシーショックという重篤なアレルギー反応を起こすこともあります。

舌下免疫療法をやってみた①アレルギー検査

2015年10月28日
(料金:5000円ほど)
まずは血液採取をして、スギ花粉のアレルギー検査をしました。舌下免疫療法はスギ花粉に特化しており、ここで陽性が出ない場合は投与ができないとのこと。

2015年12月4日
検査結果は、スギ花粉の測定値181、レベル6!!一緒に行った母は測定値31.6、レベル4。どうりで私のほうが辛いと思ってた・・・。

舌下免疫療法をやってみた②初回は病院で投与

2015年12月4日
(料金:2000円ほど)
ついに治療開始。まずは舌下免疫療法について冊子を読み、副作用のおそれを了承したサインを書きます。この辺りでびびりがMAXに。

問診で聞いた事は以下の通り。
・ 副作用として舌のしびれや腫れを感じる方もいるが、そのせいで治療の継続をやめた方はいない。
・ 風邪でのどが痛い場合は、飲み込まずに吐き出してもいい。
・ 飲み忘れた場合は、次の日にまわせばいい。
なんだか気が楽になってきました。

そして投与。アナフィラキシーショックの危険があるので、初回のみ病院で投与します。投与の手順は4つだけ。
1. 舌下にエキスをたらし2分間保持。
2. 飲み込む
3. 5分間は飲食やうがいをしない。
4. 2時間は激しい運動や入浴もしない。

アナフィラキシーショックは投与後30分間に起こりやすいそうなので、待合室で待機しました。筆者はびびりすぎて手汗が止まりませんでしたが、母は居眠り・・・。この日は無事なにごともなく、帰宅!

舌下免疫療法をやってみた③家で毎朝投与

2015年12月5日~12月10日
まずは左の青いボトルから始まります。筆者は毎朝歯をみがいた後に投与することにしました。2分間は皿洗いをして、5分間は着替えたりしているとあっという間ですよ。

2015年12月11日~12月18日
量の増えた、右の白いボトルに。3日間だけ鼻水がなだれのように流れました。花粉症の症状が出る人もいるそうです。17日は忘れてしまいましたが、18日にまわして投与完了。

舌下免疫療法をやってみた③3度目の通院

2015年12月18日
(費用:2000円ほど)
3度目の通院。問題がなかったため、1mlずつ分かれたものにレベルアップしました。28日分処方され、これからはこの量を繰り返し投与していきます。

2015年12月19日~2016年2月2日
2分以上保持していると舌の下が腫れることに気付き、気をつけるようにしています。忘れたりしながらも続けていますが、いまのところ花粉の症状はありません。今シーズンの効果はあるのか・・・楽しみです!
「花粉症を根本から治す!舌下免疫治療をやってみた」いかがでしたか?シーズン中の投与開始はできないため、今からだと6月以降になるそうです。副作用や効果など個人によって差があるので、ご自身の判断で試してみてくださいね!

おすすめ記事

PAGE TOP