amp編集部amp編集部

年越しぶどうにソーセージ!?知らなかった世界のお正月料理まとめ

あけましておめでとうございます!!

みなさんはすでにおせち料理を食べましたか?
日本のおせちには、食材一つ一つに意味が込められていますが、そのようなげん担ぎは日本以外にもあるんです。

そこで、世界のお正月料理をまとめてみました。


■アメリカ

出典:hallmark
アメリカの南部では、黒目豆とお米を炊いた「ホッピンジョン」という正月料理が食べられます。

アフリカからアメリカに移送されてきた人たちが受け継いできた料理で、お金を象徴する黒目豆を新年に食べることで縁起がいいとされているそう。

■ドイツ

出典:tarasmulticulturaltable
ドイツでは「ノイヤースプレッツェル」と呼ばれる、顔の倍以上の大きさのプレッツェルを食べます。

大きさの理由は、1年をこの穴から見通すという意味から。

■イタリア

出典:huffingtonpost
イタリアでは、お正月に「ザンポーネ」という、豚足にひき肉を詰めたものを食します。

その時には必ずレンズ豆を添えて食します。なぜなら、レンズ豆は形がお金に似ているので、大晦日に食べるとお金持ちになれるといわれているからだそうです。

■中国

出典:foreigners-in-china
中国では、大晦日から元日にかけて水餃子を食べる風習があります。
なぜなら、1日保つからです。

一家団欒で餃子を食べながら古い年を送り、新しい年を迎えるのは、「喜ばしい団欒」など、めでたい意味があるそうです。
日本でいう年越しそばにあたるみたいです。

■韓国

出典:saykimchirecruiting
韓国では、日本でいうお雑煮の代わりに、「トック」とよばれるモチモチした餅のスープを食べます。

韓国では正月にトックを食べることで1つ歳をとり、来る新年に幸運が訪れると言う信仰があります。

■スペイン

出典:parentmap
スペインでは、年越しにブドウを食べます。

各地の広場に人々が集まり、12時の鐘の音にあわせて、12粒のブドウを一粒ずつ食べるというユニークな習慣があります。
ブドウはあらかじめ皮をむいておくそうです。

■フランス

出典:femmeactuelle
フランスでは、新年に「ガレット・デ・ロワ」と呼ばれる、「王様のケーキ」という意味のケーキを食べます。

しかもこのケーキには、フェーブと呼ばれる小さい人形や小物が入っており、切り分けたときに当たった人は、その日1日「王様」になれるそうです。
パーティーの主役になったり、願い事をかなえてもらったりできるそうです。
パーティー感覚でとても楽しそうな習慣ですね!




国が違うとここまで、年越しの迎え方が違うのは、とても面白いですね。
しかし、新しい年を迎えることに前向きな気持ちであることはどうやら万国共通のようです。

みなさんにとって、今年が去年より素敵な1年になりますように。

chiharuchiharu

秦基博、椎名林檎もコラボ!? じわじわくるリリカル日本史バンド「レキシ」とは?

大物アーティストと次々にコラボを行い、徐々にその実力を広めているバンド「レキシ」。
“きらきら武士“に“かくれキリシタンゴ”など一度聴いたら耳に残る日本史ポップスは中毒性高し!そんなレキシの正体を探ってみました!


実はソロプロジェクト?


楽曲の多様性が特徴のレキシ。そのメンバーは、SUPER BUTTER DOG、100sなどで活動していたキーボーディスト池田貴史のみ。毎回有名ミュージシャンをゲストに迎え、コミカルなリリックをレベルの高い楽曲へと仕上げています。

池田貴文の経歴▶▶

レキシ聴きながら 腹筋に励む年女。 結構いいペースに乗れる。 #レキシ

LUKE🐾さん(@yukittchen)が投稿した写真 -


1974年2月15日生まれ、福井県出身。専門学校在学中に「インド池田と紙袋たち」を結成。1997年にSUPER BUTTER DOGのキーボード担当としてメジャーデビュー。デビュー当時からアフロヘアーがトレードマーク。忌野清志郎や椎名林檎などの楽曲提供、ライブサポートなどの活動も行っている。2004年からは中村一義らとともに100sに参加している。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年アルバム『レキシ』でソロデビューしました。

多くのアーティストを落とす、その人柄とは? まずはこちらを見て頂こう。

出典:youtube
ゆるい雰囲気ながらもしっかりと笑わせてくる、独特な個性が伝わったでしょうか。ユニークな曲を生み出す彼の魅力はトークだけではありません。
ツアータイトルにも“もう一度遺跡について考えてみよう〜大きなハニワの下で〜”、“レキシ 対 オシャレキシ〜お洒落になっちゃう冬の乱〜”など彼の世界観が表れています。そしてアルバムタイトルは1st『レキシ』、2nd『レキツ』、3rd『レキミ』そして最新アルバムは『レシキ』など、本気なのかと疑ってしまうほどふざけ倒しています。さらに今までに発売されたアルバムの初回一万枚は、本人+参加ミュージシャンによる手書きという偉業を成し遂げています。

秦基博=旗本ひろし??レキシネームとは

レキシに参加しているアーティストたちは全員“レキシネーム”と呼ばれる名称が与えられ、作品にはレキシネームでクレジットされています。

そんなレキシネームの一部をご紹介。

椎名林檎→Deyonna’
秦基博→旗本ひろし
山口隆 from サンボマスター→田ンボマスター
斉藤和義→齋藤摩羅衛門
いとうせいこう→足軽先生
安藤裕子→聖徳ふとこ
ハナレグミ→シャカッチ
持田香織 from Every Little Thing→もち政宗
Salyu→カブキちゃん

などなど。
どんな大物アーティストであれ、好きにいじられているようです。

人気なレキシソング レキシ初心者におすすめな曲をご紹介!

出典:youtube
Deyonna(椎名林檎)とのコラボ「きらきら武士」。
ポップチューンに合わせて繰り出される日本史リリック。ちょっと不思議な雰囲気のあるMVは映像監督の児玉裕一さんが手がけたもの。

足軽先生(いとうせいこう)とのコラボ「狩りから稲作へ」。
人類の創生からの歴史をたどる壮大なラブソング(?)聴いた後には謎の感動が訪れるはず。

足軽先生、旗本ひろし(秦基博)とのコラボ「年貢 for you」
あの秦さんがっ….!美しい歌声がミスマッチどころか共に生かされレベルの高い楽曲に仕上げているのはさすがのお手前。ちょんまげ2人がオープンカーで走るMVも違和感無く見てしまうくらい独特な世界観が出来上がっています。

PAGE TOP