shunskywalkershunskywalker

今から始めるSTARWARS!公開までの下準備Part1 

全世界を熱狂させたSTARWARSの続編が今年やってくる!
今からでも遅くはない、最高にSTARWARSを楽しむためにやることPart1。


遠い昔は1977年、遥か彼方のアメリカ大陸で・・・。

広大な宇宙を舞台に、人類に共通する親子の絆、友情、裏切り、正義、悪、愛、憎しみ...を描いたこのサーガは全世界を熱狂させただけでなく、38年の時を経て再び全世界を熱狂の渦に巻き込もうとしている…!
といえばもちろん”STARWARS”ですね!
そしてみなさんご存知の通り、2015年12月18日に「エピソード7・フォースの覚醒」が公開されます。
ちなみにこちらがエピソード7の予告編。僕はもう泣きそうです。

「スター・ウォーズって6作品もあって長いよ…」
「そんな昔のSF映画観て何が面白いんだ、観たことないよ!」
「あ、ダースベイダーのやつ」
「緑の人形が出てくるやつね!」

こんな声がちらほら聞こえて来る今日この頃ではありますが、こんな素晴らしい映画を観ないわけにはいかない!そしてこの歴史的な作品の公開に乗り遅れるわけにはいかない!

と、いうことで最初の夢はジェダイだった僕が、エピソード1~6をまだ観たことがない人のために、その魅力や楽しむ方法を3つのパートに分けて書いていこうと思います。

観る前に知っておきたい3項目 その1 「伝説と呼ばれる理由」

出典:公式Facebookページ
なぜこんなにも"STARWARS"が神格化されているのか。それは単純におもしろい、ということは置いておいて、他の様々な部分で常識を打ち破り、革命を起こしたからなんです。

伝説その① SFXがものすごい!実はあのピ◯サーも絡んでいた!?
簡単に言えば特撮のことです。フィルムに美術や光学処理を加えることによってありえない映像を作り出す技術で、あの壮大な宇宙感、革新的な映像を作り上げたんです。ちなみにここの段階で、ピクサーの前身である集団が一役買っていて、結果的に脱退してしまうものの38年の時を経てまた舞い戻るという数奇な運命を辿っています。

伝説その② 映画館の仕組みを変えた!
「1枚の上映チケットで観ることができる映画は◯時からの1本」
今では当たり前のこんなシステムだって、"STARWARS"がきっかけです。昔は一日中スクリーンの前にいたって何も言われなかったんですが、おもしろすぎて客が回転しないぞ!と映画館が焦って作り上げました。
恐るべし、"STARWARS"...。

伝説その③ 映画の軸、ストーリーが壮大!
この記事でも多少触れましたが、とにかくストーリーが厚い、そしてアツい。こんな言葉では言い表せないほどすごいんです。喜びや悲しみ、怒り、憎しみ、希望、裏切り、絆、愛...。ネタバレはしたくないので誰と誰がどうこうみたいなことは書きません。とにかく分厚い。すごいです。

観る前に知っておきたい3項目 その2 「順番が大事」

物事には順番がつきものです。料理をする順番、化粧をする順番...。どれも間違うと悲惨ですよね。そうです、それは全部で6作品あるSTARWARSも然り。これを順番通り1から観てしまうと大惨事になってしまうという凄まじい映画です。

「数も数えられないのかよ!」

そうです、確かにナンバリングはとても大事です。しかし、今回重要なのは、
「物語の時系列」よりも「公開された時系列」
なんです。ここ、すごく大事です。

簡単に4~6、1~3を説明すると、
4~6 → 親子の愛を描いた映画
1~3 → 若さゆえの過ちを描いた映画
です。

4~6に登場する様々な人物の過去が描かれているのが1~3、つまりこの順番に観ないと感動もへったくれもありません。
もっと踏み込んで言ってしまうと、実はエピソード5には映画史で5本の指に入るほどの衝撃の事実が隠されています。それを全く持って無視しようなんて、STARWARSだけではなく全ての映画に失礼です。

なのでこれから初めて観るよ!って方はちゃんと4,5,6,1,2,3(4,5,6)→7の順番で観てみてください。

観る前に知っておきたい3項目 その3 「愛すべきキャラクターたち」

出典:ディズニー
「"STARWARS"といえばどのキャラクターを思い出しますか?」

こんな質問を"STARWARS"ファンにぶつけてみてください。即答するか、ものすごく悩みます。そのくらいキャラクター数が多く、それぞれが濃い。悪役でさえ愛すべきキャラクターだったりします。
上の写真に写っているのは全作品通して出演しております、R2-D2(写真左)とC-3PO(写真右)です。この2人は特に有名ですが、主人公のルークやソロ、レイア、そしてチューバッカやヨーダ、
ダース・ベイダーにジャバ、果てしなく出てきます。もうどこからが有名でどこがマイナーなのかわかりません。

きっとそれぞれお気に入りのキャラクターが出てくると思います。ちょっとした仕草がたまらなかったり、あのセリフがすごい!みたいなことになってくるはずです。

ちなみに僕の身長は一説によるとイウォークとほぼ同じだとかそうでないとか...。気になる方はエピソード6をチェックしてみてください。
この3つを知っておくだけで少し興味が湧いたのではないでしょうか。地球全体が盛り上がる12月18日を全力で楽しめるように、次回はエピソード4~6について書いていきます。記事と合わせて映画もご覧ください。
それでは、
May the Force Be with You!

chiharuchiharu

秦基博、椎名林檎もコラボ!? じわじわくるリリカル日本史バンド「レキシ」とは?

大物アーティストと次々にコラボを行い、徐々にその実力を広めているバンド「レキシ」。
“きらきら武士“に“かくれキリシタンゴ”など一度聴いたら耳に残る日本史ポップスは中毒性高し!そんなレキシの正体を探ってみました!


実はソロプロジェクト?


楽曲の多様性が特徴のレキシ。そのメンバーは、SUPER BUTTER DOG、100sなどで活動していたキーボーディスト池田貴史のみ。毎回有名ミュージシャンをゲストに迎え、コミカルなリリックをレベルの高い楽曲へと仕上げています。

池田貴文の経歴▶▶

レキシ聴きながら 腹筋に励む年女。 結構いいペースに乗れる。 #レキシ

LUKE🐾さん(@yukittchen)が投稿した写真 -


1974年2月15日生まれ、福井県出身。専門学校在学中に「インド池田と紙袋たち」を結成。1997年にSUPER BUTTER DOGのキーボード担当としてメジャーデビュー。デビュー当時からアフロヘアーがトレードマーク。忌野清志郎や椎名林檎などの楽曲提供、ライブサポートなどの活動も行っている。2004年からは中村一義らとともに100sに参加している。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年アルバム『レキシ』でソロデビューしました。

多くのアーティストを落とす、その人柄とは? まずはこちらを見て頂こう。

出典:youtube
ゆるい雰囲気ながらもしっかりと笑わせてくる、独特な個性が伝わったでしょうか。ユニークな曲を生み出す彼の魅力はトークだけではありません。
ツアータイトルにも“もう一度遺跡について考えてみよう〜大きなハニワの下で〜”、“レキシ 対 オシャレキシ〜お洒落になっちゃう冬の乱〜”など彼の世界観が表れています。そしてアルバムタイトルは1st『レキシ』、2nd『レキツ』、3rd『レキミ』そして最新アルバムは『レシキ』など、本気なのかと疑ってしまうほどふざけ倒しています。さらに今までに発売されたアルバムの初回一万枚は、本人+参加ミュージシャンによる手書きという偉業を成し遂げています。

秦基博=旗本ひろし??レキシネームとは

レキシに参加しているアーティストたちは全員“レキシネーム”と呼ばれる名称が与えられ、作品にはレキシネームでクレジットされています。

そんなレキシネームの一部をご紹介。

椎名林檎→Deyonna’
秦基博→旗本ひろし
山口隆 from サンボマスター→田ンボマスター
斉藤和義→齋藤摩羅衛門
いとうせいこう→足軽先生
安藤裕子→聖徳ふとこ
ハナレグミ→シャカッチ
持田香織 from Every Little Thing→もち政宗
Salyu→カブキちゃん

などなど。
どんな大物アーティストであれ、好きにいじられているようです。

人気なレキシソング レキシ初心者におすすめな曲をご紹介!

出典:youtube
Deyonna(椎名林檎)とのコラボ「きらきら武士」。
ポップチューンに合わせて繰り出される日本史リリック。ちょっと不思議な雰囲気のあるMVは映像監督の児玉裕一さんが手がけたもの。

足軽先生(いとうせいこう)とのコラボ「狩りから稲作へ」。
人類の創生からの歴史をたどる壮大なラブソング(?)聴いた後には謎の感動が訪れるはず。

足軽先生、旗本ひろし(秦基博)とのコラボ「年貢 for you」
あの秦さんがっ….!美しい歌声がミスマッチどころか共に生かされレベルの高い楽曲に仕上げているのはさすがのお手前。ちょんまげ2人がオープンカーで走るMVも違和感無く見てしまうくらい独特な世界観が出来上がっています。

PAGE TOP