chiharuchiharu

目に見えない展覧会「Don't Follow The Wind」とは

展示物は何もない??誰も見ることができない展覧会「Don't Follow The Wind」のサテライト展に行ってきました。


「Don't Follow The Wind」

「Don't Follow The Wind」、このプロジェクトの存在をご存知でしょうか。
東京電力福島第一原子力発電所周辺の帰還困難区域内で開催されている展覧会です。

東日本大震災から4年が経った2015年3月11日にスタートしたこの展覧会では、国内外12組のアーティストの作品を同区域内にある民家を借りるかたちで設置しています。
同展は帰還困難区域の封鎖が解除された時に初めて見ることができるというもの。
帰還困難区域の封鎖がいつ解除されるかは明らかではなく、3年後になるか10年後になるのか、ひょっとすると私たちが生きている間には見ることができないのかもしれません。

「見ることが出来ないと言う現実は強い力を持っている。帰還困難区域の封鎖がいつ解除されるかは明らかではなく、3年後になるか10年後になるかわからない。その期間は現在を生きる私たちの生涯を越えてまたがり、私たちにアートと時間の関係性、時間と環境の関係性を再び問いかける」
出典:Don't Follow the Wind公式サイト
公式ウェブサイトでは真っ白な画面から音声のみが発信されており、このようなメッセージが伝えられています。
出典:THE CREATORS PROJECT公式YouTube channnel
現在、神宮前にあるワタリウム美術館では同展のサテライト展が行われており、会場では『Don't Follow the Wind』にまつわる資料や、参加アーティストが制作した関連作品や過去の代表作を紹介しています。
さらに、福島の帰還困難区域と東京、海外の2都市を同時刻に繋いで行われた参加アーティストによる対談の映像がインスタレーション形式で展示されており、展覧会へのイメージを断片的に入手できます。

発案者のアーティスト集団 Chim↑Pom

出典:ワタリウム美術館公式サイト
Chim↑Pom (チンポム)
卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20 代の6名が、2005 年に東京で結成したアーティスト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンスなど、メディアを自在に横断しながら表現している。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開している。2015 年、アジアの若手現代アーティストを表彰する『Prudential Eye Awards For Contemporary Asian Art』で大賞にあたる「Emerging Artist Of The Year」およびデジタル・ビデオ部門の最優秀賞に選出され「Emerging Artist Of The Year」およびデジタル・ビデオ部門の最優秀賞に選出された。

気合い100連発|KI-AI 100
2011© Chim↑Pom
Courtesy Of The Artist And MUJIN-TO Production, Tokyo
見ることができないからこそ私たちはその姿を想像し、情報を求めることで脳内の像を無限にアップデートすることができる。
見えないから見たくなる、知りたくなる。
この展示はこれまでのアートとは全く異なるアプローチで人々の心を動かそうとしています。

目に見えないものを、アートは可視化しうるのか。

政府によって区域の封鎖が解除される「そのとき」まで見ることができないその姿を、人々が自身のなかで思い描き続けることで、問題の「風化」「風評」を受け入れずに乗り越えるための力となるのかもしれません。
出典:ワタリウム美術館公式サイト
各メディアにも取り上げられ、11月3日(火)までの会期延長が決定。想像力次第でかたちが変わり、自身とアートとの関係も変わる。アートがメディアとして果たす機能を体感することができるはずです。

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP