chiharuchiharu

目に見えない展覧会「Don't Follow The Wind」とは

展示物は何もない??誰も見ることができない展覧会「Don't Follow The Wind」のサテライト展に行ってきました。


「Don't Follow The Wind」

「Don't Follow The Wind」、このプロジェクトの存在をご存知でしょうか。
東京電力福島第一原子力発電所周辺の帰還困難区域内で開催されている展覧会です。

東日本大震災から4年が経った2015年3月11日にスタートしたこの展覧会では、国内外12組のアーティストの作品を同区域内にある民家を借りるかたちで設置しています。
同展は帰還困難区域の封鎖が解除された時に初めて見ることができるというもの。
帰還困難区域の封鎖がいつ解除されるかは明らかではなく、3年後になるか10年後になるのか、ひょっとすると私たちが生きている間には見ることができないのかもしれません。

「見ることが出来ないと言う現実は強い力を持っている。帰還困難区域の封鎖がいつ解除されるかは明らかではなく、3年後になるか10年後になるかわからない。その期間は現在を生きる私たちの生涯を越えてまたがり、私たちにアートと時間の関係性、時間と環境の関係性を再び問いかける」
出典:Don't Follow the Wind公式サイト
公式ウェブサイトでは真っ白な画面から音声のみが発信されており、このようなメッセージが伝えられています。
出典:THE CREATORS PROJECT公式YouTube channnel
現在、神宮前にあるワタリウム美術館では同展のサテライト展が行われており、会場では『Don't Follow the Wind』にまつわる資料や、参加アーティストが制作した関連作品や過去の代表作を紹介しています。
さらに、福島の帰還困難区域と東京、海外の2都市を同時刻に繋いで行われた参加アーティストによる対談の映像がインスタレーション形式で展示されており、展覧会へのイメージを断片的に入手できます。

発案者のアーティスト集団 Chim↑Pom

出典:ワタリウム美術館公式サイト
Chim↑Pom (チンポム)
卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20 代の6名が、2005 年に東京で結成したアーティスト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンスなど、メディアを自在に横断しながら表現している。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開している。2015 年、アジアの若手現代アーティストを表彰する『Prudential Eye Awards For Contemporary Asian Art』で大賞にあたる「Emerging Artist Of The Year」およびデジタル・ビデオ部門の最優秀賞に選出され「Emerging Artist Of The Year」およびデジタル・ビデオ部門の最優秀賞に選出された。

気合い100連発|KI-AI 100
2011© Chim↑Pom
Courtesy Of The Artist And MUJIN-TO Production, Tokyo
見ることができないからこそ私たちはその姿を想像し、情報を求めることで脳内の像を無限にアップデートすることができる。
見えないから見たくなる、知りたくなる。
この展示はこれまでのアートとは全く異なるアプローチで人々の心を動かそうとしています。

目に見えないものを、アートは可視化しうるのか。

政府によって区域の封鎖が解除される「そのとき」まで見ることができないその姿を、人々が自身のなかで思い描き続けることで、問題の「風化」「風評」を受け入れずに乗り越えるための力となるのかもしれません。
出典:ワタリウム美術館公式サイト
各メディアにも取り上げられ、11月3日(火)までの会期延長が決定。想像力次第でかたちが変わり、自身とアートとの関係も変わる。アートがメディアとして果たす機能を体感することができるはずです。

amp編集部amp編集部

アバンテ世代熱狂! TAMIYAの本気にミニ四駆世代大興奮

ミニ四駆、それはたった2つの単三乾電池で走る四輪駆動のプラモデル。
男性なら子供のころミニ四駆を組み立て、走らせたことのある人も多いはず。
第一次、第二次ブームが過ぎ去り、今第三次ブームとして盛り上がりを見せているのです。

そんなミニ四駆の中でも世代を超えて人気な車種、それが“アバンテ”。
今回そんな人気のアバンテの最新モデルである“エアロアバンテ”がなんと、実車化されたのです!!


どうですか?実際に走るエアロアバンテの勇姿!
子供の頃ミニ四駆に夢中になっていた人ならきっとこの感動わかりますよね?
最近のミニ四駆はシャーシが三分割だったり、ダブルシャフトモーターだったり、昔とは少し違うマシンもあるようですが、また昔のように走らせてみたい!そして実際に実車版エアロアバンテにも乗ってみたいですね!

PAGE TOP