amp編集部amp編集部

「おいしいごはんをありがとう!」 いつも餌をくれる少女にカラスがカラス的な宝物を持ってくるようになった。(イタリア)

イタリア、ローマから届いたほのぼのニュース。8歳の少女、ガビちゃんはカラスが大好き。そこで庭に木箱を置き、ナッツやドッグフード、残ったおかずなどを入れ、カラスに食べてもらうようにした。

カラスも木箱の存在に気が付き、ここで餌を食べるようになった。しばらくすると不思議なことが。なんと木箱の中に、金属部品や、ボタン、クリップ、イヤリングなどが置いてあるのだ。これらはカラスにとっては宝物と呼べる品物である。

どうやらカラスはおいしいエサをくれるガビちゃんに、お礼にと置いていっているようなのだ。


記事提供=カラパイア


この画像はカラスがガビちゃんにもってきた貢物の一部である。

出典:karapaia
ナットにボルト、ペーパークリップにボタン、片方だけのイヤリングなどに、訳の分からない金属部品。中にはガビちゃんのお母さんが以前、外で写真を撮っている時に無くしてしまったレンズキャップもあり、これには当のお母さんもびっくりしたという。

この木箱にカラスからの貢物が頻繁に入ってくる。

出典:karapaia
カラスは社会性のある動物である。そしてとても賢い。専門家の話によると、カラスは、自分たちに餌をくれる人間と友好関係を築こうとするという。カラスは光物などを集める習性があるが、それらは人目のつかない場所に隠してある。それをあえて餌箱という人目のつく場所に入れておいたということは、やはり恩返しをしているとことなんだろう。
出典:karapaia
ガビちゃんはカラスからのプレゼントを、もらった日付を付け、1つずつ小分けして大事に保管しているという。

ガビちゃんとおかあさん

出典:karapaia
カラスは、自分たちを大切に思っている人間がわかるようだね。心温まるカラスと少女の触れ合い物語だ。私もいつかカラスのヒナを保護して、申請して最後まで育ててやろうともくろんでいるのだが、カラスは頭がいいからヒナを人間の目の届かない場所に隠しているようで、めったにお目にかかることができないんだよな。

せめて近所にいるカラスとは友好関係を築こうと近づいたりするのだが、あたりまえだが速攻逃げられちゃうよね。でも仲良くしたいオーラを身にまとっていればきっといつかは分かり合えるのかな?


via:metro

記事提供:カラパイア

カラパイアの他の記事】
カラス、初めての雪滑り。面白すぎて滑ったりでんぐり返ったり
猫と犬を餌付けする気マンマンのカラス
頭脳派カラスの最強伝説クエスト:仕掛けられた8つの謎を解き、餌をゲットするカラスの行動を完全解説
ウォッカをたしなむロシアのカラス。「カァー!きくぅ!」
カラスの知能は天井知らず?自分に危害を加えた人物を認識しそれを仲間に伝える能力も(米研究)

amp編集部amp編集部

救急車で運ばれるホームレスの主人を必死で追いかける犬、やっと気が付いてもらい救急車でともに病院へ(ブラジル)

ブラジル、タグアチンカで、ホームレス男性が突然てんかんで倒れた。通報を受けた救急隊員が男性を救急車に乗せ病院へと搬送していたところ、後ろから1匹の犬が必死に追いかけてくる。

この犬は男性が倒れた時もずっとそばにいた犬だ。犬は救急車を全力で追いかけ、速度を落としたときは、自分の姿がわかるように前に来たり、横に来たりと、とにかく救急車のそばを離れない。


記事提供=カラパイア


出典:karapaia
運転手はバックミラーに写る犬の姿に気が付いた。
出典:karapaia
速度を落とすと車両の横に回って車に乗りたそうにしている。
出典:karapaia
この犬は男性が倒れたときにそばにいたあの犬だ。
追いかけてきていることに気付いた救急隊員らは犬を中に入れてあげることに。
出典:karapaia
ストレッチャーに乗せられた男性を心配そうに見守る犬。
出典:karapaia
犬は病院でも意識を失っている男性のそばを離れなかったという。

これは今年3月に撮影されたものだそうだが、飼い主を気遣う犬の姿が感動を呼びフェイスブックなどでシェアされた。
また、救急車がこの犬を受け入れたことに関しても英断であるとして一部称賛を浴びたそうだ。

この犬は男性が意識を取り戻したのち男性と一緒に帰って行ったそうだ。


via:9news

記事提供:カラパイア

カラパイアのその他の記事】
飼い主が亡くなった病院に2年間、ひたすら通い続けるロシアの忠犬、マーシャの物語
命がけでピットブル犬を救おうとしたホームレス男性、感動の再会を果たす。
心揺さぶられる10の犬の物語
犬は最初に飼ってくれた家族のことを決して忘れない。たとえ捨てられた後でも・・・
5ヶ月間毎日、交通事故で亡くなった主人の帰りを道路わきで待ち続ける犬(アメリカ)

PAGE TOP