bergberg

2015年の新作公開前に『ジュラシック・パーク』シリーズをおさらい

マイケル・クライトンによる小説をスティーヴン・スピルバーグ監督が実写化したのが『ジュラシック・パーク』(1993年)。この1作目が大ヒットし、2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)、3作目『ジュラシック・パークIII』(2001年)と続き、今回、4作目となる『ジュラシック・ワールド』が来年公開されること公表されました。3作目の公開から13年経っているので、「どんなストーリーだっけ?」と忘れてしまっている方のために1〜3作の作品についてをまとめました!


1作目『ジュラシック・パーク』(1993年)

ハモンド財団創始者のジョン・ハモンド氏の招待により、古生物学者のアラン・グラント博士とエリー・サトラー博士、数学者のイアン・マルカム博士が南米コスタリカの沖合に浮かぶ島を訪れます。
その島は、太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学により、現代に蘇った恐竜たちが生息する究極のアミューズメント施設『ジュラシック・パーク』でした。
しかし、オープンを控えた『ジュラシック・パーク』にトラブルが起こり、檻から解き放たれた恐竜たちが人間を襲い始めます。
そしてグラント、サトラー、マルカムたちは島を脱出する…というところまでが1作目です。

2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)

オープン間近に恐竜たちの暴走によって計画が止まってしまった『ジュラシック・パーク』。それにより、ジョン・ハモンド氏の会社は倒産寸前。この会社の危機を救おうと立ち上がったのが、ハモンド氏の甥、ピーター・ルドロー氏。
ルドロー氏は『ジュラシック・パーク』の恐竜を生け捕りにし、見せ物にする計画を発表し、ハンターを送り込みます。ハモンド氏より依頼されたマルカム氏は先に出発した恋人の恐竜学者であるサラを追いかけて、『ジュラシック・パーク』へと向かいます。
そして様々なトラブルが発生し、恐竜たちに教われてしまいます。
1作目同様に島から脱出。そして、島は人間が手を加えることなく、保護しよう、ということになりました。

3作目『ジュラシック・パーク III』(2001年)

パラセーリング中に遭難した少年を助けるため、1作目にも登場したグラント博士を含む捜索チームは、『ジュラシック・パーク』の2つ目の島へ行くことになります。
そして、トラブルが発生し、お約束のごとく恐竜たちに襲われてしまいます。(笑)
それでも少年を無事に見つけ出し、島から脱出します。

最新作『ジュラシック・ワールド』(2015年予定)

出典:YouTube
1作目から22年後の『ジュラシック・パーク』がある島が舞台になります。
倒産の危機にあった『ジュラシック・パーク』を計画したジョン・ハモンド氏のインジェン社をマスラニ・グローバル社が買収。マスラニ・グローバル社(マスラニ社)はインジェン社に遺伝子工学技術により、新たな恐竜を次々に造り出し、新たな恐竜のテーマパーク『ジュラシック・ワールド』を作ります。
その『ジュラシック・ワールド』はオープンし、多くの観光客が訪れる人気のテーマパークとなります。
しかし、新たに造られた新種の肉食恐竜が檻から逃げ出し、多くの観光客を襲いかかる…。



内容を追ってみると、何度恐竜に襲われても人間たちはまったく学習してないことがわかりますね。(笑)

『ジュラシック・ワールド』は2015年8月7日に公開予定。スティーヴン・スピルバーグは制作総指揮として参加しています。
今回も恐竜たちの相当な暴れっぷりが予告から伺えます。
まだまだ時間はあるので、前作を予習して『ジュラシック・ワールド』に臨みましょう!

おすすめ記事

hanahana

高橋名人並みの神業を披露したDub Step DJのプレイが半端ない件

みなさんは高橋名人をご存知ですか?
ゲーム機のボタンを1秒間に16回押す『16連射』で一躍時の人になった、ファミコンブームの牽引役と言っても過言ではない人物。
そんな高橋名人もびっくり(するだろう)ダブステップDJのスーパープレイ映像を御覧ください。



おすすめ記事

PAGE TOP