DJ Яyu (ふりがな:DJりゅう)DJ Яyu (ふりがな:DJりゅう)

小ネタ:中国と日本が30年サイクルで奇妙な符合?〜次はココロの時代?〜

iPhone6が発売されるや、銀座に中国の方が大挙押し寄せて大量に買っていく、そんな話題がありましたね。銀座のお店で大量に買い物をしている姿もよく目にします。

冷ややかな目で見ている方もたくさんいるかもしれませんが、これってどこかで聞いたことがあるような現象です。

30年ほど前、バブル景気に湧いていた日本人は、海外で高級絵画や土地・建物を買いあさって、「エコノミック・アニマル」と皮肉を言われていました。

過去の日本と比べると30年後という奇妙なシンクロをして中国が日本と同じような道を歩んでいるように見えます。


1.バブル??

日本のバブル景気と言われたのが1985年頃です。中国がお金持ちの国として世界で活動している今、ちょうど30年くらいたっています。

2.経済政策の転換は、、

日本が自民党一党中心で国民の所得倍増計画をスタートしたのが1960年。
中国が一党支配の元、社会主義市場経済をスタートしたのが1992年。ほぼ30年後です。

3.生産年齢人口

日本の生産年齢人口(15〜64歳)がピークを過ぎたのが1990年、中国ではそろそろピークだと言われていますので、25年後。30年よりちょっと早いですが、大きな流れとしては国の経済を支える生産年齢人口も似たような動きをしているようです。

4.No1と言われた時

1979年「JAPAN as No1」というタイトルの本が社会学者エズラ・ヴォーゲルによって出版されました。これをもじって「CHINA as No1」とタイトルされた本が出版されたのはなんと2009年。ぴったり30年です。

5.学生運動

日本の学生運動などが盛んだったと言われているのが1960年頃、安保闘争などが繰り広げられていた頃ですが、中国の学生運動といえば民主化運動としての1989年の天安門事件。背景や広がりは別としても30年程度後なのがやはり奇妙な符合です。

大きなトレンド?

経済や社会を構成する要素や指標は様々ですし、30年サイクルと一致しないものもありますが、政治や歴史の大きな流れのせいでしょうか?奇妙な一致が見てとれると思います。

情報社会の到来で物事の変化するスピードも上がっていくかもしれませんが、
これからの中国のながれは2〜30年前の日本のような道を歩んでいくのでしょうか?



日本の対外純資産世界一:1985年

日本のバブル崩壊:1990年

日本の一党中心支配の終了:2009年

そんな視点でこれからの中国がこれからどうなっていくのかを見ても面白いかもしれません。

モノ・カネの時代から心の時代へ?

日本のバブルが崩壊してからよく叫ばれたのが「これからは心の時代」という言葉でした。

モノやお金で満足する時代は終わったという意味かと思いますが、確かに最近私たちは癒やしや心を満足させることへ時間とお金を注いでいると思いせんか?

心を病む人も大幅に増え、心理学やカウンセラーという言葉も一般的になってきました。

そういう面でもこれから中国という大きな国がどうなっていくか見ていくと面白いかもしれません。

ひょっとしたら心理カウンセラーあたりは早めに中国語を勉強しておくといいのかもしれませんね。


注:記事は、両国のどちらが進んでいる・遅れている、優れている・劣っているなどの発想に基づくものではありません。

おすすめ記事

niconico

知っていると得した気分に。日本の三大◯◯-山編-

日本の三大ほにゃららをまとめるシリーズ第1弾は、山編です。
日本は様々な名峰が存在する、世界中から登山客が訪れる登山にはもってこいの国です。そんな日本の三大◯◯の山編をまとめてみました!


日本三大岩場・三大岩峰・三大岩稜

出典:biglobe.ne.jp
谷川岳(群馬県・新潟県)

おすすめ記事

PAGE TOP