DJ Яyu (ふりがな:DJりゅう)DJ Яyu (ふりがな:DJりゅう)

小ネタ:中国と日本が30年サイクルで奇妙な符合?〜次はココロの時代?〜

iPhone6が発売されるや、銀座に中国の方が大挙押し寄せて大量に買っていく、そんな話題がありましたね。銀座のお店で大量に買い物をしている姿もよく目にします。

冷ややかな目で見ている方もたくさんいるかもしれませんが、これってどこかで聞いたことがあるような現象です。

30年ほど前、バブル景気に湧いていた日本人は、海外で高級絵画や土地・建物を買いあさって、「エコノミック・アニマル」と皮肉を言われていました。

過去の日本と比べると30年後という奇妙なシンクロをして中国が日本と同じような道を歩んでいるように見えます。


1.バブル??

日本のバブル景気と言われたのが1985年頃です。中国がお金持ちの国として世界で活動している今、ちょうど30年くらいたっています。

2.経済政策の転換は、、

日本が自民党一党中心で国民の所得倍増計画をスタートしたのが1960年。
中国が一党支配の元、社会主義市場経済をスタートしたのが1992年。ほぼ30年後です。

3.生産年齢人口

日本の生産年齢人口(15〜64歳)がピークを過ぎたのが1990年、中国ではそろそろピークだと言われていますので、25年後。30年よりちょっと早いですが、大きな流れとしては国の経済を支える生産年齢人口も似たような動きをしているようです。

4.No1と言われた時

1979年「JAPAN as No1」というタイトルの本が社会学者エズラ・ヴォーゲルによって出版されました。これをもじって「CHINA as No1」とタイトルされた本が出版されたのはなんと2009年。ぴったり30年です。

5.学生運動

日本の学生運動などが盛んだったと言われているのが1960年頃、安保闘争などが繰り広げられていた頃ですが、中国の学生運動といえば民主化運動としての1989年の天安門事件。背景や広がりは別としても30年程度後なのがやはり奇妙な符合です。

大きなトレンド?

経済や社会を構成する要素や指標は様々ですし、30年サイクルと一致しないものもありますが、政治や歴史の大きな流れのせいでしょうか?奇妙な一致が見てとれると思います。

情報社会の到来で物事の変化するスピードも上がっていくかもしれませんが、
これからの中国のながれは2〜30年前の日本のような道を歩んでいくのでしょうか?



日本の対外純資産世界一:1985年

日本のバブル崩壊:1990年

日本の一党中心支配の終了:2009年

そんな視点でこれからの中国がこれからどうなっていくのかを見ても面白いかもしれません。

モノ・カネの時代から心の時代へ?

日本のバブルが崩壊してからよく叫ばれたのが「これからは心の時代」という言葉でした。

モノやお金で満足する時代は終わったという意味かと思いますが、確かに最近私たちは癒やしや心を満足させることへ時間とお金を注いでいると思いせんか?

心を病む人も大幅に増え、心理学やカウンセラーという言葉も一般的になってきました。

そういう面でもこれから中国という大きな国がどうなっていくか見ていくと面白いかもしれません。

ひょっとしたら心理カウンセラーあたりは早めに中国語を勉強しておくといいのかもしれませんね。


注:記事は、両国のどちらが進んでいる・遅れている、優れている・劣っているなどの発想に基づくものではありません。

関連記事

Amp.編集部Amp.編集部

あのクールな鈴木亮平も大興奮! 東京2020パラリンピックをめざす「車椅子バスケットボール」の現場を描いたレア映像がアツい!

Promoted by 三菱電機株式会社

ドラマ「花子とアン」で一躍有名になった俳優、鈴木亮平さん。美しい肉体が話題に上ることの多い鈴木さんですが、実は東京外国語大学の英語専攻出身という超インテリ。アメリカへの留学経験もあり、難関と言われる英検1級にも合格したほか、世界遺産検定も保持するなど、賢く、クールな一面が新たなファンを増やし続けているようです。


そんな彼が普段と違う“アツい”表情を見せている三菱電機のTVCMがあります。みなさんは既にご覧になったでしょうか?
CMで描かれているのは、東京2020パラリンピックを目指す、車椅子バスケットボール選手たちの迫力あるプレー。
このCM本編は三菱電機の東京2020スペシャルサイトでご覧いただけます。
そのCMの撮影風景を見られる、貴重なメイキングムービーがこちら!
普段のクールで穏やかな表情とは一変。選手たちの白熱するプレーに興奮したり、自身もシュートに挑戦したりと、他ではなかなか見られない鈴木さんのスポーティーな一面を見られる、ファンならずとも必見のレアな内容になっています。
選手たちの白熱する練習風景を目の当たりにし、「なによりも激しさに圧倒されました」と語る鈴木さん。その表情から、競技のエキサイティングさがありありと伝わってきます。
中でも臨場感があったのは、鈴木さんの「車輪のゴムの焼けるにおいまで伝わってくる」というコメント。車椅子がぶつかりあう音など、五感を総動員して感じるプレーの躍動感に、鈴木さん自身「興奮を抑えられない」という印象でした。
また、今回のCMで取り上げた「車椅子バスケットボール」の選手の中でも、最も注目度が高かったのは、川原凜選手。長崎出身で周囲の反対を押し切って1人で東京に出てきたという川原選手について、鈴木さんは「あの明るさの中にも秘めた強い想い、意志の強さっていうのを感じられて、僕自身もすごく刺激を受けるところが大きかったです」とコメントしています。
CMで川原選手は東京2020パラリンピックに向けて、「日本代表になって、活躍したい」とコメント。4年後の出場に向けた意気込みを改めて語ってくれました。
最後に、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、鈴木さんはこう、コメントしています。

「母国開催のオリンピック・パラリンピックですので、すごく今から興奮していますし、楽しみな気持ちが強いです。世界最大のスポーツの祭典ですから、それが自分たちの国にくるっていうことで、ある種日本というのを世界に向けてアピールする機会でもあると思うので、精一杯楽しんで、盛り上がって、東京2020オリンピック・パラリンピック成功させたいですね」
そう力を込めて語り、見事なスリーポイントシュートでメイキングムービーの最後を締めくくった鈴木さん。既にスタートダッシュを切っている選手たちの練習を通じて刺激を受け、期待を新たにしたようです。

4年後の東京2020オリンピック・パラリンピックはもう、すぐそこまで来ています。

Promoted by 三菱電機株式会社

関連記事

PAGE TOP