DJ Яyu (ふりがな:DJりゅう)DJ Яyu (ふりがな:DJりゅう)

小ネタ:中国と日本が30年サイクルで奇妙な符合?〜次はココロの時代?〜

iPhone6が発売されるや、銀座に中国の方が大挙押し寄せて大量に買っていく、そんな話題がありましたね。銀座のお店で大量に買い物をしている姿もよく目にします。

冷ややかな目で見ている方もたくさんいるかもしれませんが、これってどこかで聞いたことがあるような現象です。

30年ほど前、バブル景気に湧いていた日本人は、海外で高級絵画や土地・建物を買いあさって、「エコノミック・アニマル」と皮肉を言われていました。

過去の日本と比べると30年後という奇妙なシンクロをして中国が日本と同じような道を歩んでいるように見えます。


1.バブル??

日本のバブル景気と言われたのが1985年頃です。中国がお金持ちの国として世界で活動している今、ちょうど30年くらいたっています。

2.経済政策の転換は、、

日本が自民党一党中心で国民の所得倍増計画をスタートしたのが1960年。
中国が一党支配の元、社会主義市場経済をスタートしたのが1992年。ほぼ30年後です。

3.生産年齢人口

日本の生産年齢人口(15〜64歳)がピークを過ぎたのが1990年、中国ではそろそろピークだと言われていますので、25年後。30年よりちょっと早いですが、大きな流れとしては国の経済を支える生産年齢人口も似たような動きをしているようです。

4.No1と言われた時

1979年「JAPAN as No1」というタイトルの本が社会学者エズラ・ヴォーゲルによって出版されました。これをもじって「CHINA as No1」とタイトルされた本が出版されたのはなんと2009年。ぴったり30年です。

5.学生運動

日本の学生運動などが盛んだったと言われているのが1960年頃、安保闘争などが繰り広げられていた頃ですが、中国の学生運動といえば民主化運動としての1989年の天安門事件。背景や広がりは別としても30年程度後なのがやはり奇妙な符合です。

大きなトレンド?

経済や社会を構成する要素や指標は様々ですし、30年サイクルと一致しないものもありますが、政治や歴史の大きな流れのせいでしょうか?奇妙な一致が見てとれると思います。

情報社会の到来で物事の変化するスピードも上がっていくかもしれませんが、
これからの中国のながれは2〜30年前の日本のような道を歩んでいくのでしょうか?



日本の対外純資産世界一:1985年

日本のバブル崩壊:1990年

日本の一党中心支配の終了:2009年

そんな視点でこれからの中国がこれからどうなっていくのかを見ても面白いかもしれません。

モノ・カネの時代から心の時代へ?

日本のバブルが崩壊してからよく叫ばれたのが「これからは心の時代」という言葉でした。

モノやお金で満足する時代は終わったという意味かと思いますが、確かに最近私たちは癒やしや心を満足させることへ時間とお金を注いでいると思いせんか?

心を病む人も大幅に増え、心理学やカウンセラーという言葉も一般的になってきました。

そういう面でもこれから中国という大きな国がどうなっていくか見ていくと面白いかもしれません。

ひょっとしたら心理カウンセラーあたりは早めに中国語を勉強しておくといいのかもしれませんね。


注:記事は、両国のどちらが進んでいる・遅れている、優れている・劣っているなどの発想に基づくものではありません。

おすすめ記事

Amp.編集部Amp.編集部

充実のサポート体制に感動! マクドナルドで1日クルー体験してみました

Sponsored by 日本マクドナルド

現在オフィシャルウェブサイトでは、クルーの日常や店舗の裏側など、マクドナルドでしか経験できないストーリーを、新人クルーが成長する姿に乗せて描いたアニメーション作品『未来のワタシ』が公開中。しかも、実際にマクドナルドでのクルー経験があるAKB48の横山由依さんが先輩クルー、AKB48 Team 8のメンバーが新人クルーの声優を努め、ジブリ出身の監督を擁する「スタジオコロリド」が制作を担当しているんです。
……とはいえ、我々にとってマクドナルドの裏側は未知の世界。マクドナルドクルーのお仕事、実際の所はどうなのよ!?と鼻息荒くお伺いしたところ、マクドナルドさんのご厚意により、1日だけクルー業務を体験できる機会をセッティングしていただきました! チャレンジャーに選ばれたのは、学業とモデル業を両立して高校を卒業したばかりの18歳、高崎哉海(たかさきかなみ)ちゃんです!
高崎 哉海ちゃんTwitter
高崎 哉海ちゃんInstagram

居酒屋のホールでのアルバイト経験はあるというかなみちゃんですが、もちろんマクドナルドクルーは未体験。そんな彼女と朝一番に合流して向かったのは、都内でも有数の繁盛店、井の頭通り沿いの「マクドナルド渋谷店」。ここで1日たっぷりクルー体験していただきます!
1年365日、常に多くのお客さんで賑わっている渋谷店!

渋谷店クルーの拠点となっている事務所に向かうと、この日つきっきりで指導してくれるという先輩クルー、イケメンのマネージャーさんが出迎えてくれました。しかし! その温厚そうな雰囲気とは裏腹な鬼の如きスパルタっぷりで……なんてことは全然なく、優しさ全開の対応にかなみちゃんも一安心した様子です。
爽やか&イケメンのマネージャー!
「マクドナルドで働く楽しさや喜び、達成感を味わっていただけると思うので、一緒に頑張っていきましょうね」

渋谷店さんは実際のクルーとまったく同じ体験をできるプログラムを用意してくれていたので、さっそくユニフォームに着替えます。
ネームタグまで用意してもらえるなんて……感激!
じゃーん! 一気にクルー感が出たね。似合ってる~♪

まずは座学からスタート!

「今日チャレンジしていただくのは“フロントカウンター”といって、お店の顔となるポジションです。お客様の注文を受けていただき、商品をご提供するまでの流れを実際に体験していただきます」
「大変そうに見えますが、どなたでもすぐに慣れると思います。安心してくださいね」
マネージャー「じゃあ、まずは挨拶から!」
かなみ「いらっしゃいませ、こんにちは!」
マネージャー「……もう100点満点ですね!(笑)」
その後順調に、お客様からのご注文の受け方などを学ぶかなみちゃん。
そして、マクドナルドと言えば、のアレも練習しました。
マネージャー「マクドナルドのメニューに“スマイル0円”って書いてあるの知ってますか?」
かなみ「知ってます!(ニコッ)」
マネージャー「けっこう笑顔って難しくて、苦手だというクルーも多いんですが……もともと持っているものが素晴らしいので大丈夫ですね!(笑)」

と、ご本人も笑顔が素敵なマネージャーさんから褒められて、かなみちゃんも益々調子が出てきた様子。

ニンテンドーDSを使って、基本対応をゲーム感覚で学びます。

これはかなり新鮮! 最近は色々と進化してるんですね~。
「間違えたり失敗しても平気なので、思う存分やっちゃってください!」

しかも、担当のポジションごとにシミュレーションできるようになっているんですって! 現代っ子のかなみちゃんはサクサクとプレイ。本当にゲーム感覚でクリア(?)してしまいました~♪
真剣な眼差し……。
かなみ「スゴい、いつも行くマックと同じです!」
マネージャー「ところで、居酒屋のホールのアルバイトは大変でしたか?」
かなみ「メニューの名前が長くて、なかなか覚えられなかったです。あと、トレーを両手で持っちゃいけなかったので、よく落として怒られてました……」
マネージャー「トレーナー(クルーの指導役)の役目の一つに、クルーが嫌な気持ちにはならないように盛り上げる、というのがあるんです。マクドナルドでは失敗してもポジティブになれるようにフィードバックしています。」

そう教えてくれたマネージャーは、あらゆるポジションをこなせるそうです。ひとつのポジションをマスターしたら次、そしてまた次へとステップアップしていけるので、最終的にはアルバイトでも新人クルーを教えるポジションなども目指せるそうですよ♪

続いては、パソコンを使ってレジ入力のシミュレーション!

ここまで事前にじっくりレクチャーしてもらえるのは安心ですね~。
店舗のカウンターとまったく同じメニューがモニターに並んでいるので、本格的なシミュレーションが可能! ここでじっくり練習しておけば、店舗での緊張もだいぶ和らぐはず。

複数オーダーの際の入力方法など、レジの仕組み自体を学べるのもポイントですね。ここで接客もシミュレーションしてしまえば怖いものなし!?

座学タイムはこれにて終了。いよいよ実際に店舗に立ってフロントカウンタートレーニング開始です!

カウンター業務のみとはいえ、少し厨房にも入るので髪はまとめて帽子の中へ!
それでは手を洗いましょう~♪
きちんと爪の間まで丁寧に!
ここで、厨房の流れを知るためにハンバーガーやソフトクリームを作ってみることに!
「上手にできました! これが今日のお昼ごはん(笑)」
こちらもお上手! ソフトクリーム作りの才能あるかも!?

そろそろカウンターにスタンバイ! まずは研修タイムです

かなみ「と、とっても緊張してます!」
マネージャー「シミュレーション通りにこなせば大丈夫!」
そうそう、先輩の仕事ぶりを観察して!
スマイルは常にバッチリ!
「いらっしゃいませ、こんにちは!」
「店内でお召し上がりですか?」

いい感じいい感じ!
カッコいい先輩の見事な手際に惚れ惚れ♡

ここでちょっと休憩~! あのアニメをみんなで鑑賞

休憩がてら、アニメ「未来のワタシ」を鑑賞することに。マネージャーも観るのは初めてという「星野先輩 京都弁Ver.」です。
かなみ「楽しそう!」
マネージャー「シェイクの描写とかリアルでスゴいですよね」

AKB48のメンバーが声優さんとして参加しているんですよ!
かなみ「いろんな方言が聞けるんですね~」

クルーたちが主人公のアニメだけに、実際に体験してから観ると楽しみも倍増? ちなみに、星野先輩のモデルは渋谷店のクルーなんだとか。同アニメは、全国各地の方言バージョンも公開しているので、見(聞き?)比べてみると面白いですよ!

いよいよ卒業試験に突入! ここからが本番です!

と言っても精一杯お客様の対応を頑張るのみ。先輩が見守ってくれる心強さよ……。
心なしか表情に余裕が出てきたかな?
動きに躍動感が! クルーの顔になってきましたね~♪
かなりの割合で提示されるクーポンの対応にも慣れてきた!
ドリンクだって作っちゃいます♪
マクドナルドって楽しいかも……!

卒業試験修了! クルーの資質アリ!?

無事に修了しました! ホッと一息~~~♪

かなみ「最初は大変かな~と思って緊張しましたけど、事前にじっくりシミュレーションできたし、カウンターの中でも常にサポートしていただけたので、楽しみながら接客できました!」
この日は卒業試験がスタートしてから約30分、計31組のお客様を対応しました。渋谷店の店長いわく「すごい記録が出ました! この結果は過去最高かも」とのこと。

さらに、非常に優秀だったかなみちゃんを称えて、渋谷店から“修了証明書”とグッズ詰め合わせのプレゼントが!
かなみ「わ~超うれしい! ありがとうございます!!」
最後に全員で記念撮影♪ 本当にお世話になりました!!

マクドナルド1日クルー体験の密着レポート、いかがだったでしょうか? クルーひとりひとりが“お店の顔である”という意識を持って働けるよう、きめ細かなサポート体制が整っていることが今回、よくわかりました。しかもプレッシャーをかけないよう、柔軟なフィードバックも万全。事実、現役高校生のクルーも自信にあふれた表情で働いていました! 良い意味で、マクドナルドの印象がガラッと変わる1日になりました♪

そんなマクドナルドの本来の姿を知った今、「クルーになろう。」キャンペーン特設サイトにて展開中の「未来のワタシ」ストーリーを見たら、俄然クルーという仕事に興味が湧いてくるはず!「オリンピックを夢見る資格。」「コーヒーよりも温かいもの。」に続く第3弾として公開された「一生ものの先輩。」は、先述のアニメ作品にも出演している大学生“星野先輩”が社会人となって登場! より身近な存在となった先輩の“出会い”エピソードは感動モノです……!

なお、休憩中にかなみちゃんとマネージャーが鑑賞した「星野先輩 京都弁Ver.」では、横山由依さんが京都弁で熱演!こちらも要チェックですよ!

今回のチャレンジ、早速かなみちゃんも自身のSNSアカウントに投稿してくれたみたいです! お疲れ様でした~♡

Sponsored by 日本マクドナルド

おすすめ記事

PAGE TOP