山本麻美山本麻美

【カップル必読】結婚を考える前に読んでおくべきこと4つのコト

恋愛を経て、大好きな人同士が「共に人生を歩む」というステージに進むのが「結婚」です。でも、恋愛の延長という訳にはいかないのも「結婚」です。これから結婚生活をスタートするカップルが、より良い人生を築くために、心に留めておいて欲しい「恋愛と結婚の違い」4ヶ条についてお話しします。それでは早速いってみましょう。


#1恋愛ではケンカしたら別れればいい。結婚したら仲直りしなければならない。

結婚したら、「ケンカ」しても、毎日生活を共にしなければなりません。恋人時代よりも遠慮がなくなるので、売り言葉に買い言葉の応酬になりがちです。二度と仲直りできないなんていう事にならないように、「とことんまで話し合わない」という切りかえも大切です。

#2 恋愛では「お金」は、“今日の楽しみ”のために使う。結婚したら、将来の備えのために、“今日は使わない”ということを楽しむ。

結婚後は、将来のことを考えて、思うようにお金を使えなくなります。お金を使わないと、男性は“男らしい甲斐性”がなくなり、女性は“女らしい華やぎ”がかげろう、そんな風に思いがちです。誕生日に貰うバラ代や、美を保つためのエステ代の代わりに、ふたりの未来が豊かになっていくという選択を楽しみましょう。

#3 恋愛ではテレビドラマのような「トレンド」を重視する。結婚では家族としての「定番」を重視する。

子供を持つということを視野に入れると、“二人が楽しければいい”という訳にも行かなくなります。ドラマチックなデートを楽しむことよりも、結婚したら、家族を支える「安心感」が優先されます。男女の役割の変化を受け入れて、新しい人生のステージに乗り出しましょう。

#4 恋愛では「好きな人に出会えた喜び」に感謝する。結婚では「恋愛の時よりもっと心を込めて」感謝する

結婚生活に入ると、恋人期間中にはなかった「甘え」が生まれ、伝えたり与えたりすることを疎かにしがちです。今日一日、外で接した人に対する以上に、パートナーに「ありがとう」と伝えられましたか?不足したと思ったら、「おやすみ」と共に「ありがとう」を伝えて一日を終えましょう。

いかがでしたか?この4ヶ条を気に留めておくだけで、恋愛からスムーズに結婚生活を豊かに送れるようになります。結婚というパートナーシップを理解して、世界一幸せなカップルになって下さい!

関連記事

Amp.編集部Amp.編集部

あのクールな鈴木亮平も大興奮! 東京2020パラリンピックをめざす「車椅子バスケットボール」の現場を描いたレア映像がアツい!

Promoted by 三菱電機株式会社

ドラマ「花子とアン」で一躍有名になった俳優、鈴木亮平さん。美しい肉体が話題に上ることの多い鈴木さんですが、実は東京外国語大学の英語専攻出身という超インテリ。アメリカへの留学経験もあり、難関と言われる英検1級にも合格したほか、世界遺産検定も保持するなど、賢く、クールな一面が新たなファンを増やし続けているようです。


そんな彼が普段と違う“アツい”表情を見せている三菱電機のTVCMがあります。みなさんは既にご覧になったでしょうか?
CMで描かれているのは、東京2020パラリンピックを目指す、車椅子バスケットボール選手たちの迫力あるプレー。
このCM本編は三菱電機の東京2020スペシャルサイトでご覧いただけます。
そのCMの撮影風景を見られる、貴重なメイキングムービーがこちら!
普段のクールで穏やかな表情とは一変。選手たちの白熱するプレーに興奮したり、自身もシュートに挑戦したりと、他ではなかなか見られない鈴木さんのスポーティーな一面を見られる、ファンならずとも必見のレアな内容になっています。
選手たちの白熱する練習風景を目の当たりにし、「なによりも激しさに圧倒されました」と語る鈴木さん。その表情から、競技のエキサイティングさがありありと伝わってきます。
中でも臨場感があったのは、鈴木さんの「車輪のゴムの焼けるにおいまで伝わってくる」というコメント。車椅子がぶつかりあう音など、五感を総動員して感じるプレーの躍動感に、鈴木さん自身「興奮を抑えられない」という印象でした。
また、今回のCMで取り上げた「車椅子バスケットボール」の選手の中でも、最も注目度が高かったのは、川原凜選手。長崎出身で周囲の反対を押し切って1人で東京に出てきたという川原選手について、鈴木さんは「あの明るさの中にも秘めた強い想い、意志の強さっていうのを感じられて、僕自身もすごく刺激を受けるところが大きかったです」とコメントしています。
CMで川原選手は東京2020パラリンピックに向けて、「日本代表になって、活躍したい」とコメント。4年後の出場に向けた意気込みを改めて語ってくれました。
最後に、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、鈴木さんはこう、コメントしています。

「母国開催のオリンピック・パラリンピックですので、すごく今から興奮していますし、楽しみな気持ちが強いです。世界最大のスポーツの祭典ですから、それが自分たちの国にくるっていうことで、ある種日本というのを世界に向けてアピールする機会でもあると思うので、精一杯楽しんで、盛り上がって、東京2020オリンピック・パラリンピック成功させたいですね」
そう力を込めて語り、見事なスリーポイントシュートでメイキングムービーの最後を締めくくった鈴木さん。既にスタートダッシュを切っている選手たちの練習を通じて刺激を受け、期待を新たにしたようです。

4年後の東京2020オリンピック・パラリンピックはもう、すぐそこまで来ています。

Promoted by 三菱電機株式会社

関連記事

PAGE TOP