amp編集部amp編集部

24時間世界で誰かが働いている。働く人々の姿を撮影した2014年CBREフォトコンテスト優秀作品

CBREでは毎年アーバン・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー・フォトコンテストを開催している。刻々と変化する都会の本質と現実、日々のルーティンの中にある美しさなどがテーマとなったコンテストで、今年は12000作品を超える応募の中から優秀作品が選ばれた。

上記サムネイル画像はアジア、太平洋地区の優勝者、Ly Hoang Long氏による網のメンテナンス作業をする人々の様子だ。

記事提供:カラパイア


ヨーロッパ、中東、アフリカ部門優勝:「ストリートで踊るおまわりさん」

出典:カラパイア
カルロス・ダ・コスタ・ブランコ

以下は24時間別の受賞作品である。


amp編集部amp編集部

世界の富の約半分を1%の富裕層が所持してる、特にイギリスは所得格差が顕著(スイス研究)

世界の富の半数は、億万長者と呼ばれる1%の富裕者層が所持していることが判明した。クレディ・スイス・グローバル・ウェルスが発表した最新調査によると、特にイギリスは今世紀に入って所得格差が拡大した唯一のG7諸国であった。

記事提供:カラパイア


出典:カラパイア
日本、フランス、ドイツ、カナダ、では所得格差が縮小し、アメリカとイタリアでは同レベルを維持したのに対し、イギリスでは1%の最富裕層での所得が上昇している。この結果、同国の超富裕層が独占する富は2000年における51.5%から54.1%に上昇したという。

NGO団体オックスファムで所得格差是正を担当するエマ・シーリー氏によれば、低所得層の人たちが金融危機のあおりを受けている一方で、富裕層の下にはこれまで以上の資産が流れ込んでいるそうだ。

世界的に資産を見れば、昨年は8.3%増加し、8京円近くにも達した。現在の世界の富は世界金融危機前と比べて20%増加しており、2008年の危機が最も深刻だった時と比べれば39%を越えている。しかし、その分配は増々不公平なものとなっており、成人1人当たりの富の中央値は2007年から14%低下の38万円であった
出典:カラパイア
本レポートによれば、富の増加の大半は北アメリカとヨーロッパで起きたもので、世界の世帯財産に対してそれぞれ34.7%と32.4%を占めるまでになった。また2000年以降、世界の大富豪の数は164%増加の、3400万人に達しているが、その41%がアメリカ在住であった。こうしたことも富の一極集中を象徴しており、金融危機後の経済回復は富裕層にとって都合のよい形でなされたことを如実に物語っている。

出典:カラパイア
なお資産を1億円以上所有する世界のミリオネアの数は、2019年に5300万人を越えると予測されており、特に中国においては現在の118万人から倍増することになりそうだ。
出典:https://www.youtube.com/watch?v=G34zBWifX-Q
お金は集まるところに集まるというけれど、世界的にみて所得格差はかなり広がっているようだ。日本では、1億総中流ほとんどの人が自分の生活は中流であると考えているとされてきた。2013年6月実施の「国民生活に関する世論調査」(内閣府)では、収入・所得については不満も多いものの、9割以上の人が自分の生活は「中」だと感じているそうだが、実際には、若年層では同世代内の格差が広がっており、所得格差の拡大は経済の長期停滞を招くと懸念されている。

記事提供:カラパイア

カラパイアのその他の記事】
生活の質が高い国ランキングトップ20(Quality of Life Index)
富の不平等があるから人と人は協力するようになる(IIASA国際応用システム分析研究所)
アメリカのゆとり世代がダメにした9つのこと

PAGE TOP