Amp編集部Amp編集部

【親子も白熱!】ポッキー&プリッツ×スヌーピー!かわいい“位置ゲーム”が登場

Sponsored by 江崎グリコ株式会社

「ポッキー」&「プリッツ」ブランドと、スヌーピーたち「PEANUTS(ピーナッツ)」キャラクターがコラボレーションした、楽しいスマホゲームが開発されました。そこで実施されたのが、公園でのアプリ体験会。イベントは、参加した親子たちで大盛り上がりでした!


江崎グリコは、春のお出かけシーズンに向けた取り組みとして、「2017年そとポ!そとプリ!」キャンペーンを4月18日(火)から実施。キャンペーン対象製品(ポッキー6品、プリッツ5品)のパッケージにピーナッツのキャラクターをデザインして発売しました!
キャンペーンでは、このかわいいパッケージから“逃げ出した”スヌーピーたちを探すスマホゲーム「そとポ!そとプリ!~逃げたスヌーピーたちを捕まえろ!~」も展開されます。これは、スマホやタブレット端末の位置情報を利用したAR(拡張現実)ゲームとなっています。

ゲームの遊び方は動画でも紹介されているので見てみましょう♪
アプリ体験会でも、動画で遊び方を確認した後、参加者たちは実際に公園へ。子どもたちも「かんた~ん!」と声を上げていたほど、ゲームの始め方は簡単! まず、スマホにアプリをダウンロードし、対象商品を携えて、アプリに登録されている日本全国約8万か所の公園に出かけることでゲームを開始することができます。
そして、公園で対象商品のパッケージに、アプリをダウンロードしたスマホをかざすと……! 画面上には、スヌーピーたちが実際に“公園内を慌ただしく駆け回っている”ような画像が登場。タッチするとキャラクターを捕まえることができ、そのキャラクターはアプリ内の「ポッキーのアルバム」(全18種類)と「プリッツのアルバム」(全15種類)にコレクションされていきます。
それではアプリを立ち上げて、ピンの立っている場所へスヌーピーを探しに行きましょ
う!歩きスマホには気を付けて!
赤いピンが表示されたらピンをタップ!
ポッキーまたはプリッツの箱をかざすとキャラクターが登場!
3秒キープしてキャラクターを捕まえましょう!
体験会でゲームにトライした子どもたちは、「スヌーピー捕まえたよ~!」「イエ~イ!GET!GET!」「いっぱい捕れて嬉しい」と、思い切り楽しんでいる様子。「僕もそれ捕ったよ」とコレクションを見せ合っている子どももいました。
また、子どもたちのお母さんや、招待された女性参加者たちからも好評で、「(公園内を駆け回っているキャラクターを捕まえるために)子どもと一緒に動けて面白い!」「好きなお菓子を買ったら、このゲームもできるなんていいことだらけ」「ポッキーはインスタにもよく登場する定番お菓子。若い女の子にも浸透しているお菓子だから、今回登場したこのスヌーピーのゲームも女子たちの間ですぐに浸透しそう」とのコメントが。参加したお父さんも「子どもはみんな冒険が好きなので、公園にキャラクターを探しに出かけるというこのゲームは大好きだと思う!」と笑顔を見せてくれました。
ちなみに、「ポッキーのアルバム」「プリッツのアルバム」それぞれのアルバムを完成させるとPEANUTSオリジナル壁紙がプレゼントされるとのこと。また、キャラクターを捕まえて、完成させたパッケージを撮影の上、シリアルナンバーと共に応募すると、抽選で総計2000名に、スヌーピーお出かけグッズが当たるそうです(ポッキー賞:『スヌーピー春のおでかけクールバッグ』1000名、プリッツ賞:『スヌーピーフリースおでかけシート』1000名)。

さらに、キャンペーンサイトからARアプリ「aug!( オーグ)」をダウンロードし、アプリを立ち上げてキャンペーンパッケージ裏面のキャラクターをスマートフォンで読み込むと、キャラクターの“オリジナルダンス動画”が楽しめるコンテンツも用意されています。

ぜひ、家族や友達と一緒に春の公園にお出かけして、新ゲーム「そとポ!そとプリ!~逃げたスヌーピーたちを捕まえろ!~」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

※歩きスマホは危険なのでゲームをプレイする時は迷惑にならないところで立ち止まってのプレイをお願いいたします。
※子どもの夜間外出の危険回避および、暗い場所でのAR読み込み精度の問題により、アプリ利用可能時間は9時~19時となります。詳細はキャンペーンサイトを要確認


Sponsored by 江崎グリコ株式会社
amp編集部amp編集部

【アリスの世界観】広島県竹原市の公開した「Alice in Takehaland」が可愛すぎ

地方PR動画のクオリティは時を経るごとに上がっているように感じます。
クオリティの追求と、地元の良さの両方を追い求めなければいけません。

今回ご紹介する広島県竹原市のPR動画「ALICE’S ADVENTURES in Takehaland」はその二つをしっかりと追い求めたとってもかわいい動画です。
是非皆さんもこの不思議で素敵なTakehalandに迷い込んでみませんか?


ALICE’S ADVENTURES in Takehaland

出典:YouTube
かわいいアリスと、素朴なBGM。
そして言葉を抜きに語られる竹原市の魅力。

作られた世界観が浮かないのは、竹原市そのものが美しい景観や文化を保っているからですね。
まるでジブリのような場所もあり、なんだかときめいてしまいました…!

そしてなぜモチーフにアリスが使われたのかは、たくさん出てきたウサギがヒントです!

竹原市にあるうさぎの島

出典:Instagram
実は竹原市にある大久野島はうさぎの島なんです!
しかもこのたくさんのうさぎはみんな野生化したうさぎ。

もとは太平洋戦争時にひそかに化学兵器の製造が行われていたという歴史のあるこの大久野島。
別名毒ガス島とも呼ばれ、機密として日本地図からも完全に消し去られていた過去があるんです。
そして敗戦後放置されたこともあり、この島のうさぎは増殖してしまったとか。

うさぎと触れ合いに訪れた際には、ぜひ戦争が残した大きな負の歴史にも触れてみてください。
大久野島には資料館や、製造拠点であった建物なども現存していますよ!

このAliceはいったい誰?

出典:YouTube
「ALICE’S ADVENTURES in Takehaland」に出演していたAliceさん。
実は「アリスムカイデ」という名前で活動しているアリス役にぴったりのモデルさんなんです!
しかも家でもうさぎのティアちゃんを飼っているんだとか。

MAN WITH A MISSIONの「Dead End in Tokyo」のMVや、ユニクロ、西友のCMなどにも出演しているんですよ!
個性的で自分というものをしっかり貫き通しているモデルさんです。

Takehalandだけでなく、アリスムカイデさんにも迷いこんでみませんか?

PAGE TOP