amp編集部amp編集部

【シン・ゴジラの制作が再集結】関門PR動画が"シンゴジラ"の再来でしかない…

昨年空前のヒットを記録したパニック映画といえば…そう、「シン・ゴジラ」ですね。
日本でのヒットの後、海外でも話題になりました。

そしてそのCGやVFX(ビジュアル・エフェクツ)などを手掛けた「白組」がとあるPR動画で再集結したんです!
シン・ゴジラに負けず劣らずのクオリティをもつ気になる動画の中身をこれからご紹介します!


COME ON!関門

出典:YouTube
なぜか全編英語のパニック映画風ムービー「COME ON!関門」。
とんでもない見た目の「カイセイドン」が出現し、町中はパニックに…あれ、どこかで見たことあるぞ…。

「カイセイドン」を見事にやっつけたのはヤシオリ作戦!…ではなく関門海峡の流れの速さでした(笑)

ちなみにカイセイドンは壇ノ浦生まれの平家蟹が、長い時を経てふぐやタコと融合し、怪獣へと進化した生物。
沿岸部への上陸が目的で、妨害する者にはタコ触手やカニばさみ、ふぐ毒で攻撃も行うという何とも恐ろしい生物なんですよ…!

しかし元来おっちょこちょいな性格らしく、流れの速さを考慮するのを忘れて踏み出してしまうんだそう(笑)

本家もおさらいしておこう

出典:YouTube
ビジュアル面では「カイセイドン」よりも「ゴジラ」に軍配かも…。
シン・ゴジラを見てないという方にも見た!という方も一度ゴジラについてどれだけ知っているのかチェックしてみましょう!

ゴジラはラドンやモスラと並び、「東宝三大怪獣」と称される怪獣ですが、広辞苑にその名が載っているのはゴジラだけという国内でも最強の怪獣。

名前の由来は何となくわかりますが、強い「ゴリラ」と大きい「クジラ」。
シン・ゴジラのゴジラは過去のゴジラシリーズ最大の118.5メートルの大きさだったんですよ!

シン・ゴジラを見た方は、その体の構成に人体が使われていることを不思議に思った方もいたのではないでしょうか?
実は「完全生物」を描くためにすべての生物の特徴を入れたそうで、爬虫類や魚類だけでなく、「人間」のモチーフも取り入れたんだそう。

最初のゴジラが着ぐるみで撮影したことを考えると、実写映像とCGのコラボレーション技術はものすごいですよね。
今回の関門海峡のPRもリアルすぎるほどでした。
カイセイドンVSゴジラ、見てみたいですねー(笑)

amp編集部amp編集部

【バリアフリーはここまで進歩した】階段を上れてしまう車いす「Scewo」

バリアフリー化が進む現代ですが、全ての人にとって過ごしやすい環境が整備されているかというとそうではない場面ってありますよね。

例えば、車椅子で移動をする人にとっては駅や道路の移動は決して楽ではありません。
そんな中、なんと"階段を登れる車椅子"なるものが開発されたんだとか。
今回はそんな次世代型の車椅子に迫ります!


どこにでもある段差や隙間

出典:photoAC
車椅子で移動する人にとっては、わずか2cmの段差でも大きな負担となっています。
電車とホームの間の隙間や、点字ブロックの凹凸、地上へ上がる階段など電車の駅だけでも移動が難しい場所は多数あります。

今回ご紹介する"階段を登れる車椅子"「Scewo」はそんな困難に対応できる工夫がたくさん。
それでは早速見ていきましょう!

階段を登れる車椅子"Scewo"

出典:YouTube
「Sweco」はSwiss Federal Institute of Technology (ETH)やZurich University of the Artsの学生のチームが手がけており、2015年に発表された旧バージョンの「Scalevo」に比べて、よりスタイリッシュかつ大幅な進化を遂げました。

この車椅子は2つの大きな車輪とゴム製のキャタピラを搭載しており、電動二輪車セグウェイスタイルのバランスシステムを採用しています。
そのため、バランス感覚に優れ、階段を登るというこれまでの車椅子の課題を克服したのです!

フラットな地面では車輪で移動し、階段ではキャタピラを用いて昇降を行うという設計です。
出典:photoAC
この"Sweco"での走行の仕方はいたって簡単。
専用ジョイスティックか体の重心移動でバランスをとり、モード切り替えはボタンひとつで行います。

フラットな走行に適した「Driving Mode」や階段を昇降する「Stair Mode」に加え、静止状態をキープする「Safe Mode」があります。
さらに、目の高さまで椅子が上がる「Elevated Mode」では会話がしやすく、高いところにも手が届きやすくなります。

バリアフリー化はここまで進化したか!と驚きましたね。
そんな、不可能を可能にしてきた開発チームでは現在さらなるバージョンの開発に勤しんでいるとか。

これからも技術の進歩によりバリアフリー化がさらに進歩するといいですね。
気になった方は こちらをチェックしてみてください!

PAGE TOP