amp編集部amp編集部

【バリアフリーはここまで進歩した】階段を上れてしまう車いす「Scewo」

バリアフリー化が進む現代ですが、全ての人にとって過ごしやすい環境が整備されているかというとそうではない場面ってありますよね。

例えば、車椅子で移動をする人にとっては駅や道路の移動は決して楽ではありません。
そんな中、なんと"階段を登れる車椅子"なるものが開発されたんだとか。
今回はそんな次世代型の車椅子に迫ります!


どこにでもある段差や隙間

出典:photoAC
車椅子で移動する人にとっては、わずか2cmの段差でも大きな負担となっています。
電車とホームの間の隙間や、点字ブロックの凹凸、地上へ上がる階段など電車の駅だけでも移動が難しい場所は多数あります。

今回ご紹介する"階段を登れる車椅子"「Scewo」はそんな困難に対応できる工夫がたくさん。
それでは早速見ていきましょう!

階段を登れる車椅子"Scewo"

出典:YouTube
「Sweco」はSwiss Federal Institute of Technology (ETH)やZurich University of the Artsの学生のチームが手がけており、2015年に発表された旧バージョンの「Scalevo」に比べて、よりスタイリッシュかつ大幅な進化を遂げました。

この車椅子は2つの大きな車輪とゴム製のキャタピラを搭載しており、電動二輪車セグウェイスタイルのバランスシステムを採用しています。
そのため、バランス感覚に優れ、階段を登るというこれまでの車椅子の課題を克服したのです!

フラットな地面では車輪で移動し、階段ではキャタピラを用いて昇降を行うという設計です。
出典:photoAC
この"Sweco"での走行の仕方はいたって簡単。
専用ジョイスティックか体の重心移動でバランスをとり、モード切り替えはボタンひとつで行います。

フラットな走行に適した「Driving Mode」や階段を昇降する「Stair Mode」に加え、静止状態をキープする「Safe Mode」があります。
さらに、目の高さまで椅子が上がる「Elevated Mode」では会話がしやすく、高いところにも手が届きやすくなります。

バリアフリー化はここまで進化したか!と驚きましたね。
そんな、不可能を可能にしてきた開発チームでは現在さらなるバージョンの開発に勤しんでいるとか。

これからも技術の進歩によりバリアフリー化がさらに進歩するといいですね。
気になった方は こちらをチェックしてみてください!

amp編集部amp編集部

【色々詰め込みすぎw】オマージュ・流行り満載!長崎市のPR動画に既視感w

今地方自治体が最も力を入れている地方PR動画。
それぞれの個性や主張が様々で、見比べるのも面白いですよね。

今回ご紹介するのは長崎市のPR動画です。
流行りやオマージュをここぞとばかりに詰め込んだこのPRは謎の既視感がたっぷりです(笑)


オマージュたっぷりの「西の国から」

出典:YouTube
ゴマをするというシーンから始まり「?」と思った方は多いでしょう。
移住してほしいからゴマをすっているのではなく、長崎市がすり鉢状の地形だからなんですね。

そして聞こえてきたのはさだまさしさんの名曲。
画面に現れるのは見覚えのあるロゴ「西の国から」。

北の国からも東京から北海道に移住してきた家族の物語でしたね。
そんなさだまさしさんは長崎市出身なんだそうですよ。

「西の国から」第一章〜第四章

出典:Pixabay
そして展開される第一章から第四章。
第二章「坂の上のリア充。」にジブリを感じてしまうのは私だけでしょうか(笑)

PR動画にリア充という言葉が出てくるとは思いませんでしたね。
しかもタイトルの割に出演者は男性二人…?

第四章のタイトルは「KKな街。」
これは確実にDAI語を意識しちゃっていますね?!KKは「空気がきれい」だそう。

多少無理やり入れ込んだ感はありますが、いちいちコメントを残す市長が可愛く見えてくるPR動画でしたね(笑)

逸話「北の国から」

出典:YouTube
「西の国から」を観てからまたさだまさしさんの名曲「北の国から~遥かなる大地より~」が頭にこびりついている方、同感です。
この名曲は、監督である倉本聰さんが即興で作らせた曲で、製作時間はわずか30分ほどだったそう。
一話と二話の、音楽を流す予定の動画を見ながら、さださんはギターを片手に「あ~あ~」と歌いながら完成させたんだとか。

歌詞を付けないという選択は勇気が必要だったそうですが、ここまで歌い継がれる名曲になったというので才能を感じますね。

「西の国から」のおかげで、「北の国から」も見返してみたくなってしまいました(笑)

PAGE TOP