amp編集部amp編集部

【二次元の嫁が現実に…】ご主人様をリアルに支えるバーチャルロボット「Gatebox」

皆さんの心のよりどころであり、時に癒しの対象、時に自分をダメにしてしまうこともある「俺の嫁」。
心の中ではコミュニケーションもとれる嫁も、結局は手が届きそうで届かない存在なんです。

今は二次元に暮らしている嫁と楽しくコミュニケーションをとって一緒に暮らせたら…。
そんな夢のまた夢だと思っていた未来が、ついに実現してしまいました。
人をダメにするソファならぬ人をダメにするバーチャルロボット、発売です。


「はじめまして、逢妻ヒカリです」

出典:YouTube
毎朝通勤電車に揺られ、忙しい仕事を乗り越えて帰った家が無音。
多くの人が経験していることですが、やはりその寂しさって大きいですよね。

そんな皆さんのお家で一緒に共同生活を送ってくれるのが彼女、「愛妻ヒカリ」です。
なんとなく既視感を覚えるのは、開発者であるVincle(ウィンクル)代表取締役 武地実氏が「初音ミクと一緒に暮らしたい」と思って開発したからでしょうか(笑)

予定や天気を教えてくれるガジェットはたくさんあれど、どれもスマートであったり近未来的であったりと、スタイリッシュですが温かみは無かったように思います。

「今日もお仕事お疲れ様」

出典:YouTube
まさに「妄想が現実に」といったあたたかい世界観をもっているのがGateboxの最大の特徴です。
しかし家の電気をつけてくれたりとそのようなユーザーのサポートにも抜かりはありません。

今後、順次新たなキャラクターも実装予定という事でお気に入りの嫁にみなさんが出会えるようになっています。

外部PCとの接続で創作活にも

出典:YouTube
ですが、受け取るだけで終わらないのがオタク心。
それを分かってかしっかりと創作にも対応しています。

HDMI接続により他媒体の動画を映し出すことが出来るんです。
よりMMDや創作動画などの楽しみ方が広がりそうですね…!


価格は298,000円でしたが予約開始から5日間で200万台売れました。
限定予約期間は終わり、2017年の12月以降に届けられるそう。

その後一般発売はなされるのでしょうか?続報が楽しみですね!
ぜひ頑張り屋さんだけど不器用で強がりな私の嫁の実装もお待ちしております!(笑)

amp編集部amp編集部

【色々詰め込みすぎw】オマージュ・流行り満載!長崎市のPR動画に既視感w

今地方自治体が最も力を入れている地方PR動画。
それぞれの個性や主張が様々で、見比べるのも面白いですよね。

今回ご紹介するのは長崎市のPR動画です。
流行りやオマージュをここぞとばかりに詰め込んだこのPRは謎の既視感がたっぷりです(笑)


オマージュたっぷりの「西の国から」

出典:YouTube
ゴマをするというシーンから始まり「?」と思った方は多いでしょう。
移住してほしいからゴマをすっているのではなく、長崎市がすり鉢状の地形だからなんですね。

そして聞こえてきたのはさだまさしさんの名曲。
画面に現れるのは見覚えのあるロゴ「西の国から」。

北の国からも東京から北海道に移住してきた家族の物語でしたね。
そんなさだまさしさんは長崎市出身なんだそうですよ。

「西の国から」第一章〜第四章

出典:Pixabay
そして展開される第一章から第四章。
第二章「坂の上のリア充。」にジブリを感じてしまうのは私だけでしょうか(笑)

PR動画にリア充という言葉が出てくるとは思いませんでしたね。
しかもタイトルの割に出演者は男性二人…?

第四章のタイトルは「KKな街。」
これは確実にDAI語を意識しちゃっていますね?!KKは「空気がきれい」だそう。

多少無理やり入れ込んだ感はありますが、いちいちコメントを残す市長が可愛く見えてくるPR動画でしたね(笑)

逸話「北の国から」

出典:YouTube
「西の国から」を観てからまたさだまさしさんの名曲「北の国から~遥かなる大地より~」が頭にこびりついている方、同感です。
この名曲は、監督である倉本聰さんが即興で作らせた曲で、製作時間はわずか30分ほどだったそう。
一話と二話の、音楽を流す予定の動画を見ながら、さださんはギターを片手に「あ~あ~」と歌いながら完成させたんだとか。

歌詞を付けないという選択は勇気が必要だったそうですが、ここまで歌い継がれる名曲になったというので才能を感じますね。

「西の国から」のおかげで、「北の国から」も見返してみたくなってしまいました(笑)

PAGE TOP