amp編集部amp編集部

【色々詰め込みすぎw】オマージュ・流行り満載!長崎市のPR動画に既視感w

今地方自治体が最も力を入れている地方PR動画。
それぞれの個性や主張が様々で、見比べるのも面白いですよね。

今回ご紹介するのは長崎市のPR動画です。
流行りやオマージュをここぞとばかりに詰め込んだこのPRは謎の既視感がたっぷりです(笑)


オマージュたっぷりの「西の国から」

出典:YouTube
ゴマをするというシーンから始まり「?」と思った方は多いでしょう。
移住してほしいからゴマをすっているのではなく、長崎市がすり鉢状の地形だからなんですね。

そして聞こえてきたのはさだまさしさんの名曲。
画面に現れるのは見覚えのあるロゴ「西の国から」。

北の国からも東京から北海道に移住してきた家族の物語でしたね。
そんなさだまさしさんは長崎市出身なんだそうですよ。

「西の国から」第一章〜第四章

出典:Pixabay
そして展開される第一章から第四章。
第二章「坂の上のリア充。」にジブリを感じてしまうのは私だけでしょうか(笑)

PR動画にリア充という言葉が出てくるとは思いませんでしたね。
しかもタイトルの割に出演者は男性二人…?

第四章のタイトルは「KKな街。」
これは確実にDAI語を意識しちゃっていますね?!KKは「空気がきれい」だそう。

多少無理やり入れ込んだ感はありますが、いちいちコメントを残す市長が可愛く見えてくるPR動画でしたね(笑)

逸話「北の国から」

出典:YouTube
「西の国から」を観てからまたさだまさしさんの名曲「北の国から~遥かなる大地より~」が頭にこびりついている方、同感です。
この名曲は、監督である倉本聰さんが即興で作らせた曲で、製作時間はわずか30分ほどだったそう。
一話と二話の、音楽を流す予定の動画を見ながら、さださんはギターを片手に「あ~あ~」と歌いながら完成させたんだとか。

歌詞を付けないという選択は勇気が必要だったそうですが、ここまで歌い継がれる名曲になったというので才能を感じますね。

「西の国から」のおかげで、「北の国から」も見返してみたくなってしまいました(笑)

amp編集部amp編集部

【いつでも全天撮影】腕時計型360度カメラ"Beoncam"でシャッターチャンスを逃すな!

InstagramなどSNSの普及により、「写真」が現在のトレンドになっている昨今。
360度カメラもそんなカメラ業界のなかで進歩を見せている一つです。

今回ご紹介するのは、腕時計型になっているスマートな360度カメラ。
シャッターも簡単に押せるので、大事な瞬間を逃さずに全天撮影ができるのです。


シャッターチャンスを逃さない!Beoncam

出典:YouTube
中央のカメラとガラスレンズのおかげで、周囲360度、上下190度の写真を撮ることが出来るBeoncam。
腕時計型にはなっていますが、使い方はそれだけではありません。

カメラだけを外してカバンなどにつけてアクションカムのように使うこともできるんです。
もちろん防水でWi-Fi、Bluetoothに対応しているのでスマホとの連携も容易。

気になる画質も500万画素CMOSと腕時計型とは思えません。
一回の充電で4日持ち、ワンタッチで起動、撮影することができます。

背景を映したセルフィも簡単にできますよね。
しかも時間の表示をしてくれるという優れものです。

Indiegogoでは3月中に出資を停止してしまいましたが、きっと一般発売されるでしょうと信じています!

世の中のすべてがウェアラブルに

出典:YouTube
今テクノロジーの流れは「スマートに持ち運ぶ」にとどまらず身に着けるガジェット開発に力を注いでいます。
その先駆けとしてあげられるのはやはりスマートウォッチですよね。

いつでもメールが確認できたり、アプリが開けたり…我々はインターネットと同化していくようです。
画面の小ささという問題でスマホと同期しなければ完全には使えませんが、今後はアニメでみるようにホログラムやプロジェクターで操作もできるようになってしまうんでしょう。

今回ご紹介した「カメラ」もこうやってウェアラブルが主流になっていくのかもしれませんし、ampで以前ご紹介したのはバッテリーとUSBコードがリストバンド型になったNiftyX Lifesaving Batteryというのもありました。

他にもリモコンを統合してくれるデバイスが様々開発されていますが、今後は腕時計型になっていくような気がしますね…。

もう腕がいくつあっても足りません。
そのころにはスマートグラスの法的問題も解決されているかもしれません。
未来はワクワクでいっぱいですね!

PAGE TOP