amp編集部amp編集部

【3月11日は大切な人を思う日に】岩手日報の「最後だとわかっていたなら」に涙

先日、東日本大震災から6年が経ちました。
今回ご紹介するのは今年の3月11日に合わせて岩手日報が公開した動画です。

「3月11日は大切な人を想う日にしよう」というメッセ―ジが心に響く感動動画。
ぜひ大切な人を思い浮かべながらご覧ください。


最後だと分かっていたなら

出典:YouTube
実はこの詩は、ノーマ・コーネット・マレックさんという女性の、10歳で亡くなってしまった息子への想いを綴ったものなんです。
9.11のアメリカ同時多発テロの際の追悼集会で朗読されたことで話題になりました。

明日が来るのは当たり前ではない。当たり前だと思っている日常はこれが最後かもしれない。
一日一日悔いが残らないように大切に生きよう、と思わせてくれます。
そんな思いを3月11日という日に改めて思い直す日に。そして「大切な人を想う日に。」それが岩手日報のメッセ―ジです。

この詩の全文がサンクチュアリ出版の公式ページで全文公開されていますので、ぜひ読んでみてください。
サンクチュアリ出版 最後だとわかっていたなら 公式ページ

岩手日報が過去にも発信していたメッセージ

出典:YouTube
これは昨年も3月11日に合わせて公開された動画です。
岩手の今を伝え続けてきた岩手日報だからこそ映し出すことのできた5年間の岩手の力強い姿が見られます。

毎年の行事や地域のつながりは、昔に比べて弱くなってきたように思いますが、いざとなったときにはとてつもない原動力になるんです。


私たちはこの経験を活かして、毎年決まった行事や日々繰り返す日常がいかに大切かを思い直しました。
それはこれからもずっと大切であり続けなければならないと思います。
来年の3月11日には、あなたの大切な人や大切な日常を想う日にしていただければいいなと思います。

amp編集部amp編集部

【最新アウトドアガジェット】"火おこし+スマホ充電"と万能な「campstove 2」

アウトドアをする際、火を焚くのとデバイスの充電が同時にできたら…

そんな夢のような話ありえない!と思ったそこのあなた、
"火を焚く+充電機能"を同時に実現させる「CampStove 2」が登場したんです。

今までありえそうでなかった、アウトドアの強い味方「CampStove 2」を早速ご紹介していきましょう!


アウトドアの強い味方"CampStove 2"

出典:YouTube
この「CampStove 2」はたき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げるキャンプストーブです。

ガスやガソリンではなく、小枝などの自然燃料を活用することで強力かつ安定した焚き火をすることができます。
しかも、この「CampStove 2」は焚き火の身ならず蓄電することも可能。
そのため、スマホなど他のデバイスをつないで充電することができてしまいます!
出典:PAKUTASO
今回のモデルは前モデルに比べ発電量が1.5倍に増加。
発電した電気は本体に蓄電されるため、焚き火をしていない時にも充電ができます。

さらに、4段階の風力調節機能と発電量、風力蓄電量が一目でわかるLEDのインジケータと、USBポートにつなげて手元を照らせるフレックスライトがついています。

気になるお値段は17,000円+税。こちらからお買い求め頂くことができます!

まだあるぞ!ハイテクキャンプグッズ

出典:YouTube
「CampStove 2」を販売しているBioLiteでは他にもあるとあなたのキャンプが楽しくなるグッズを多数発売しています。
中でも「SolarPanel 10+」は高出力の単結晶ソーラーパネルを採用した薄型ソーラーパネルで、キャンプ先で電気を作ることができます。

できた電気でそのままデバイスを充電したり、バッテリーに移して蓄電することも可能。
これはキャンプの強い味方ですね。

他にもあなたのキャンプを最強にするアイテムが続々登場。
こちらを是非チェックしてみてください!

PAGE TOP