amp編集部amp編集部

【イコライザー機能付き】周囲の騒音を操作できる未来型イヤホン"Here One"

スマートフォンでも音楽を持ち歩くことが安価で簡単になり、町中でイヤホンを装着している人がかなり多いように思います。

そんなイヤホン生活をさらに豊かにする「未来のイヤホン」、Here Oneをご紹介します。
リアルタイムで聞きたい音と聞きたくない音を区別し、キャンセリングすることが可能なのです。


周囲の音をコントロールするイヤホン、Here One

出典:YouTube
Here Oneは周囲の音をコントロールできるイコライザー付きの完全ワイヤレスイヤホンです。
イコライザーというのは音声信号の周波数特性を変更する音響機器のこと。これを使うと特定の周波を聞こえなくしたり、逆に聞きやすくすることが可能なのです。

具体的な使用例としては、試合を見ながら歓声と実況の声だけをクリアに聞こえるようにしたり、コンサート等で環境音をカットしてベースの音なども強調させたりと様々。
Bluetooth対応なので、スマートフォンから手持ちの音楽を再生し、ノイズはカットして電車のアナウンスだけは聞こえるようにするなども可能です。
出典:YouTube

環境ごとにベストな音質を得るため、アプリを開いて調整します。
価格はrakunewで50,090円とかなり高め。加えてバッテリー駆動時間は2時間と物足りない時間設定ではあります。
(→rakunew購入ページ

補聴器とイヤホンが一体になったような画期的なイヤホンHere One。
動画では実際の音楽体験ができないので実際の使用感が気になるところですね。

一度使うと普通のイヤホンには戻れなくなりそうな製品ですが、一歩を踏み出す勇気を出すにはもう少し優しい価格設定とバッテリーの持ちの向上を待ちたいところです。

ワイヤレスイヤホンといえばやはりAir pods

出典:YouTube
この動画ではHereOneのイコライザー機能を疑似体験することができます。

ワイヤレスイヤホンといえばApple社のAir podsが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
それと比べてもイコライザーの持つ周囲の音のコントロール性はかなり高いことがうかがえます。

ただAir podsの強みはさらにSiriとの提携がされているところと、バッテリー駆動時間は5時間という持ちの良さではないでしょうか。
価格も16,800円と半額以下なのも強みですね。

実際にHere Oneを使っていないので何とも言えませんが、こだわりの強さによってはAir podsでも困らない人は結構数いるかもしれません。
しかしAppleがイコライザー機能搭載のものを作ってしまう可能性もありそうなので、今後のイヤホン業界にも注目ですね!

amp編集部amp編集部

【埼玉がやってくれたw】行田市のPR動画には宇宙人が参戦!?その全貌とは…

今、地方自治体が最も力を入れているのはPR動画ではないでしょうか。
テレビなどでも取り上げられるようになるほど話題作が増えてきましたよね。

今回ご紹介するのは埼玉県行田市のPR動画。
ここは田んぼアートでギネス記録を樹立した地方自治体なんですよ!
そしてそのお祝いに訪れたのは、なんと宇宙人だったようです。


田んぼアートをお祝いしに来たのは宇宙人

出典:YouTube
ドローンに吊るされて訪れた宇宙人。
身を隠してくるのかと思いきや堂々と「祝」の字を背負い、行田市民へと挨拶をしていきます。

なぜ宇宙人が挨拶に…?と思ったのは私だけではないはず。
その理由が明かされたのは、この動画公開一年後に制作された行田市PR動画でのことでした。

エピソードゼロ~宇宙人がなぜお祝いに?~

出典:YouTube
なんと昨年ドローンで宇宙人を釣り上げていた(だけ)の行田が、今回は本格VRに挑戦したPR動画を制作しました。
客人である我々をもてなしてくださる甲斐姫たち御一行。このお城は「のぼうの城」のモデルにもなった忍城です。

そして最後明かされるのは、客人であった我々が…宇宙人だったという事実!
実は動画の0:38あたり、敵の襲来を受けているときにも右奥の植え込みの奥に連れの宇宙人がウロウロしています(笑)

こういった恩と交流があったから、宇宙人はお祝いしに来たということなんですね!
それにしても寝顔まで堪能させてくれる甲斐姫、可愛いですね…。
出典:Instagram
今や田んぼアートは平面でも立体でも楽しめるまで進歩しています。
田んぼアートの見頃は7月から10月まで。8月下旬が一番濃淡がはっきりしていてきれいに見られますよ!

次の田んぼアートは3月26日から始まります。
来年度はどのようなアートが見れるかが楽しみですね!

PAGE TOP