『Amp』リニューアルのお知らせ

Ampは2017年6月中旬よりリニューアルします。
詳細はこちらをクリックしてご確認ください。>>AMPリニューアルのお知らせ

amp編集部amp編集部

【香川の全力うどんPR】うどん県副知事"要潤"がうどんをすすって◯◯を解決!?

うどんが有名な香川県は別名「うどん県」として県のPRを行っています。
そんな香川県では、俳優・要潤さんがうどん県副知事として就任しているのをご存知ですか?

今回、うどん県副知事である要さんが行ったのは香川県での子育てに興味を持ってもらおうと企画された「イクケン香川」のPR。
なんと、うどんをすする音で赤ちゃんが泣き止むのか!?という実験に体を張ってチャレンジしているのです。


「イクケン香川」

出典:YouTube
激しく泣いている赤ちゃんの元を、うどん県副知事の要さんがうどんをすすりながら巡るという内容になっています(笑)

なんと、泣いている赤ちゃん10人中9人がうどんをすする音で泣き止むという結果に!
10人の赤ちゃんのためにうどんをすすりまくるうどん県副知事…ご苦労様です(笑)

うどんをすする音はあの音と似ている!?

出典:YouTube
香川県民のソウルフード・うどん。
コンビニの数よりうどん屋の数が多いとも言われている香川県では様々なところでうどんをすする音がしています。

こちらの動画でも、なかなか泣きやまない赤ちゃんに対してうどんをすすりまくるうどん県副知事(笑)
副知事の奮闘の結果、赤ちゃんは無事泣き止みました。

なぜ赤ちゃんが泣き止んだかというと、
お母さんのお腹の中で聞いていた胎動音とうどんをすする音は似ているそうで、気が和むからだそうです!

「日本一小さい県は、日本一子どもに目が届く県だ。」

出典:共同通信PRワイヤー
至るところでうどんをすする音が聞こえる香川県。
赤ちゃんにとっては気が和む音がして過ごしやすい環境かもしれませんね。

そんな香川県は日本一小さな県でありながら、人口密度は全国11位で都市公園や図書館の数は6位となっています。
また、救急病院の数も全国で2位など自然に囲まれながらも子育てのしやすい環境が整っています。

「イクケン香川」と題し、県をあげて子育てしやすいまち作りに取り組んでいます。
今回のうどん県副知事の実験はそんな子育て支援のPRの一環だったんですね!
うどんが美味しい上にこんなにかっこいい副知事がいて、子育てもしやすいなんて魅力がありすぎです。

香川県の子育て支援については詳しくはこちらを見てみてください!

amp編集部amp編集部

【彦根城410年の歴史】鳥獣戯画×ラップが織りなす彦根城PR動画がアツい!

現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に登場する井伊直政の子、井伊直継・直孝によって建設された彦根城。
ドラマの影響のみならず、2017年には築城410周年を迎えることから、ますます活気づいています!

そんな彦根城ですが、2017年に滋賀県彦根市で開催される『国宝・彦根城築城410年祭』のPR動画「彦根に集え!」を知っていますか?
今回はそんな彦根城のPR動画についてご紹介します。


彦根に集え!

出典:YouTube
彦根城といえば、2007年の滋賀県彦根市のキャラクター「ひこにゃん」が有名ですよね。
しかし、そんなひこにゃんの誕生から早10年。
彦根城では2017年に迎える築城410年祭に向けて新しいシンボルを産みだそうと活気立っていました。
そんな中現れたのは謎の一向…

国宝である彦根城天守や歴史ある能舞台などを美術背景に、彦根の魅力をラップで伝えています!

人気ラッパー「鎮座DOPENESS」が登場

出典:prtimes
今回のPR動画に登場するのは人気フリースタイルラッパー「鎮座DOPENESS(チンザドープネス)」やブレイクビーツユニット「HIFANA(ハイファナ)」。
今までにない新感覚のご当地PR動画になっており、まさに築城410周年にふさわしい豪華さですね!

鳥獣戯画に登場する動物たちも動き出し、日本の昔の伝統文化と今の文化が融合したエンターテイメントムービーは必見です。
一度見たら、彦根城が築城410周年だということを決して忘れないでしょう!

なお、彦根城では築城410周年を記念して様々な観光企画を開催するようです。
詳しくはこちらをご覧ください!

PAGE TOP