amp編集部amp編集部

【欧州を中心にヒット!】2000年に生まれた次世代体鳴楽器"ハンドパン"

みなさん「ハンドパン」を知っていますか?
食べるパンでもドラえもんの秘密道具でもありません。

いま欧州を中心に、日本でも奏者がじわじわと増えている次世代楽器なんです!
全くどんなものか分からないと思いますが、UFOを彷彿とさせる近未来的な外見とは裏腹に一度音色を聞くと忘れられないほど綺麗な音が出るんですよよ。


まずは音色を聞いてみて

出典:YouTube
こちらはハンドパンでデュオをしている「Hang Massive」の演奏動画です。

見た目に似合わずとっても凛としていて不思議な音が出るんです!
しかもドラムと言えども音階があり、他のドラムのように強くたたくと凹んで音が変わってしまうというデリケートな楽器でもあるんです。

ハンドパンって?

出典:YouTube
スイスで2001年に生まれた歴史の浅い楽器。
どこでも演奏でき、ハンドパンひとつでも音階やメロディがつくれるとしてヨーロッパで大ヒット中なんです!

叩くだけでなく擦ったりと弾き方によっても色々な音が出せる、まさに革新的な楽器だというのがこちらの動画を見ていただくとわかるかと思います。
音階も、ものによって幅が変わるというのも面白いですよね!


自分の手で自分の気持ちいい音楽が奏でられるハンドパン。
日本でも扱っている音楽店は数店舗あるほか、ストリートも行っているハンドパン奏者の方もいらっしゃいます。
ぜひ今のうちに新しい楽器ハンドパンを知っておいてください!

amp編集部amp編集部

【言葉の壁さようなら】一瞬で音声翻訳する新デバイス"ili"がもはや翻訳こんにゃく


Google翻訳がリアルタイムで画像を改造し翻訳するサービスが世間をにぎわせたことは記憶に新しいですよね。
今回ご紹介するのはさらに最先端の翻訳技術です。

法人向けウェアラブルデバイスili(イリー)は、わずか0.2秒で正確な翻訳と音声変換までしてくれるまさに革新的なデバイスなのです。


ウェアラブル音声翻訳端末ili

出典:YouTube
まずは基本的な使い方となるオフィシャルのPR動画をご覧ください。

ポケットにもすっぽり入ってしまうほどの大きさのiliは、見て分かる通り非常にスムーズに英語を日本語に翻訳。
その精度の高さも十分伝わると思います。

日本語→英語も完璧

出典:YouTube
こちらは日本語を英語に瞬間翻訳してくれるバージョン。

非常にスマートかつ、アクセントやイントネーションの違いにも柔軟に対応しているのが分かります。

現在対応している言語は、英語、日本語、中国語の3ヵ国。
韓国語は2017年夏に予定されているほか、タイ語、スペイン語にも対応していく予定だそうです。

iliの画期的なポイント

出典:YouTube
iliの最大のポイントはやはりインターネットを使用しないところではないでしょうか。
通信状態や電波に阻害されることなく、使用ができるのです。

また0.2秒という瞬間的でストレスフリーな最小のタイムラグも魅力的です。
iliは"旅"に特化した端末として、旅行中に発せられるであろう単語にフォーカスすることで翻訳精度と翻訳スピードをあげているのです。

とは言っても1月31日に申し込みが開始された法人向けサービス「ili for Guest」では、辞書をカスタマイズすることでブランド名やショップ名などの固有名詞含め、必要な単語を追加できるという機能も。

日本語から英語、英語から日本語というように双方向でなく一方向の翻訳のみの切り替え式ではあるものの、世界各国の言葉の壁が取り除かれる日にぐっと近づいたのではないでしょうか。

法人向けサービス「ili for Guest」は月額3,980円。第一弾は2月28日まで申し込み受付中です。
これが一般的に実用されるようになったら、海外旅行や外国人とのコミュニケーションも夢が広がりますね。


PAGE TOP