『Amp』リニューアルのお知らせ

Ampは2017年6月中旬よりリニューアルします。
詳細はこちらをクリックしてご確認ください。>>AMPリニューアルのお知らせ

amp編集部amp編集部

【群衆1にスポットがw】脇役の脇役が主人公に!話題のモブキャラ漫画がジワる

アニメや漫画の中で、原則として名前を持たず「群衆」として扱われる「モブキャラ」。
群衆キャラ・背景キャラとも呼ばれ、普段の物語の中で彼らが注目されることはまずありません。
そんな彼らを主人公として扱った、 れたへ*野蔵(@riman114)さんの漫画が今話題となっているんです!


モブキャラにスポットライトが当たった!

出典:Twitter
普段スポットライトを浴びることのないモブキャラ。
そんな彼らが主人公の漫画が登場!?
しかも黒髪スーツのモブ顏キャラが登場するそう。
これは面白そうな予感がします!

【チンピラ役がハマる女岳さん】

出典:Twitter
見事に名前をパロッた、曽野瑛(その えい)、群秀一(ぐん しゅういち)、女岳奈衣(めだけ ない)、園田大誠(そのた おおぜい)の4人の登場で始まった物語。

普段注目されることのない彼らはつい後ろに隠れてしまったり、顔のパーツは無いものだと認識されてしまったりと様々…(笑)

しかし、普段悪役を演じることの多い女岳さんはチンピラ役が上手でしたね!(笑)
まだまだモブキャラの彼らについて新たな発見がありそうです。
1 2

amp編集部amp編集部

【字幕なしでは聞き取れない】青森県民vs大阪府民がラップでディスり合い!

先日、青森県は訪問数の少ない関西に向け"青森の良さをもっと知ってもらうため"のPR動画を公開しました。

その内容はまさかの「青森県民の皆さまと関西代表の諸見里大介さんとのラップバトル」!
しかし超難解な「津軽弁」や「南部弁」を話す青森県民と、滑舌悪い芸人として知られる諸見里さんのバトルは日本一聞き取りづらいと話題なんです。

字幕機能必須のラップバトルをお楽しみください(笑)


青森の魅力は「リンゴ」「ねぶた」だけじゃない!

出典:Youtube
リンゴ農家のおばさまは、青森の魅力が「リンゴ」「ねぶた」だけではないことを力説。
白神山地や十和田湖などの、大阪にはない美しい景色が楽しめるんだそうです!

「なんで」は方言で「なひゃ」になるのか…序盤から先が思いやられます(笑)

女子高生は青森グルメ推し!

出典:YouTube
女子高生がラップで教えてくれるのは青森のグルメ。
大間のマグロは有名ですが、個人的に気になったのは味噌カレー牛乳ラーメン。食べてみたい…。

ちんちんアイスという人気デザートもあるそう。女子高生の方言っていいですね。

最後には知事…つづも参戦!

出典:YouTube
知事も方言満載で青森の魅力をPR!
たくさんの温泉地に「あべあべ」(来い来い)と誘います。

知事まで参戦した熱意と青森の魅力にやられた諸見里さんは、青森行きを決定!?

大阪代表としてラップを刻む、滑舌悪い芸人の諸見里さんの渾身のラップにも注目です!

ディス(り)カバリー青森

出典:YouTube
難解なラップバトル、字幕機能があってよかったですね(笑)
個人的にはおばさまがおっしゃっていた「おめだばなにをゆっちゃんだばって(意味:あんな何言ってんだよ)」を私生活で使ってみたいなと思いました(笑)

最近は地方自治体のPR動画が流行っていますが、ユーモア溢れる動画で、青森県もまた新しい一面を見せてくれましたね。

PAGE TOP