karapaiakarapaia

アメリカで絶対的終身刑を言い渡された子供たち

出典:karapaia

 アメリカには幼くして罪を犯し、終身刑に服役している子ども受刑者が200人ほどいる。

 長年、アメリカではこの状況が議論されている。犯行当時まだ子どもだった人間を、鉄格子の向こうにずっと閉じ込めておいていいものだろうかと。

 確かに子どもでも凶悪な殺人犯はいる。だが子どもの重罪犯のおよそ80%が、虐待家庭出身者で、多くが性的な虐待を受けていたという事実もある。次にあげる5人は、犯行当時未成年でありながら、絶対的終身刑(仮釈放の可能性がない)を言い渡されたケースである。

記事提供:カラパイア


ライオネル・テート:殺人

出典:karapaia
 終身刑を言い渡された、アメリカ史上最年少の少年。テートは犯行当時13歳になっていなかった。2001年にテートが犯した罪は、あまりにも残酷だと言われている。

 6歳年下の近所の女の子相手にレスリングの練習をしていただけとテートは主張しているが、被害者の体の傷はもっと多くのことを物語っていた。彼女は激しく踏みつけられたり、押しつぶされたりした結果、多数の裂傷や骨折のせいで亡くなったのだ。ただのレスリングの練習ではとうていつくはずのない傷だった。

ブライアン・リー・ドレイパー:計画殺人

出典:karapaia
 1999年に起きたコロンバイン高校銃乱射事件に触発されたのか、2006年にクラスメートを計画的に殺した。

 ブライアンと共犯者のトレイ・アダムシックは16歳になる前に、クラスメートのキャシー・ジョー・ストッダートを殺すため、用意周到に計画を練っていた。ふたりは彼女の家に忍び込んで隠れ、電力を遮断して、29回もめった差しにしたのだ。ふたりはそれぞれほかのありとあらゆる罪状でも告訴され、両者とも終身刑で服役している。

ジョシュア・フィリップス:殺人

出典:karapaia
 14歳になる前に、近所の8歳の女の子の首を絞めて刺し殺し、遺体を自分の部屋のウォーターベッドの下に隠した。

 8日後、母親がジョシュアの部屋を掃除していたとき、異臭に気がついた。そこにはみんなで捜索していた行方不明の幼児の遺体が隠されていた。ジョシュアは、偶然に女の子に野球のボールが当たってしまったが、父親を激怒させるのを怖れて、殺して遺体を隠したと主張した。

エリック・スミス:殺人

出典:karapaia
 1993年、まだ13歳前だったエリックは、近所の4歳の子どもが公園にひとりでいるのに気がついた。エリックは少年を森の中に誘い込み、頭に石を打ちつけて、性的いたずらをした。

 エリックによると、この事件のきっかけはクラスメートへの怒りだったという。分厚いメガネや赤毛のせいでいじめられていたエリックは、その怒りの矛先を幼児に向けた。現在エリックは36歳だが、8回申し立てられている仮釈放をどれも却下されている。

ケネス・ユースフル

出典:karapaia
 ケネスのケースは特殊だ。ほかの子どもたちと違って、殺人にとりつかれていたわけではないが、服役している。

 ケネスは15歳になる前に、母親にドラッグを売りつけていた男に脅迫された。強盗を手伝わないと、ケネスのガールフレンドや幼い子供たちを傷つけると言われたのだ。ケネスはやむなく従ったが、ガールフレンドが売人に暴行されるのだけは阻止した。異例なケースにもかかわらず、ケネスは1つのみならず、4つの罪状で終身刑の判決を受けた。

via:5 Children Who Have Been Sentenced To Life In Prison/ translated konohazuku / edited by parumo
記事提供:カラパイア

カラパイアの他の記事】
未成年で殺人を犯す人間の特徴とは?犯罪者に多い5つのリスク因子が特定される(米研究)
看守に脅され、囚人に脅され・・・非行少年に刑務所体験をしてもらう更生プログラム、13歳窃盗常習犯の少年の場合
原因は貧困にあり。1870年代における子どもの犯罪者ビンテージ写真
実際の犯罪を誘発したと言われている10の映画とその犯罪事例
テレビゲームによって引き起こされたと言われている10の悲劇的な死

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP