amp編集部amp編集部

【2020年の日本】未来人ジョン・タイターが予言した日本の未来図がヤバイ!

あなたはジョン・タイターという人物を知っていますか?
彼は2000年に突如インターネットの世界の掲示板に現れた、2036年から当時の現代に訪れたというタイムトラベラーなのです。

彼は複数の予言を残し、2001年の3月に「予定の任務を完了した」として忽然とその姿を消しました。

今回は彼の残した予言が的中したものと、今後の予言をお伝えしていきましょう。


的中した予言

出典:photoAC
<予言1>

イラクが核兵器を隠蔽しているという理由から、第2次湾岸戦争が勃発するものの核兵器が発見されることはない。


<結果>
2003年にイラク戦争が勃発し、核兵器が見つかることはありませんでした。
アメリカ合衆国が中心となり、イラク武装解除問題の進展義務違反を理由として始まったこの軍事介入をズバリ的中させています。

<予言2>

中国が宇宙へと進出。


<結果>
2003年の10月に中国では初となる有人宇宙船「神船5号」打ち上げ、これはソビエト連邦とアメリカ合衆国に次ぐ3番目の成功国となりました。

<予言3>

アメリカ国内にも狂牛病が発生する。


<結果>
イギリスにおいて初めて特定された狂牛病は、2003年12月ワシントン州において狂牛病第1号が発見されることとなりました。

<予言4>

新しいローマ法王が誕生する。


<結果>
2005年の4月、パウロ2世が死去。そこで、新たに第265代法王ベネディクト16世が選出される結果となりました。

<予言5>

アメリカの内政がイラク戦争やハリケーン被災者の救援対策の遅れにより悪化する。


<結果>
2005年8月末にアメリカ南東部に「ハリケーン・カトリーナ」が発生。数千人以上の死者を出すという最悪の結果を招くものとなりました。
出典:photoAC
未来人であることを証明するように、ジョン・タイターの予言は多く的中しています。本当に未来を見てきたような内容ですね。

さらに、IBM5100というIBMが市場に初めて投入したデスクトップコンピュータについても「APLやBASICが普及する前に書かれたIBMのプログラミング言語も解読できる事が判明する」と言及しています。
このことに関して、IBMの元エンジニアであるボブ・ダブックがこの事実を認めています。
なぜジョン・タイターが極秘情報であるこの事実を入手することができたのか不思議がっていたとの声もあるようです。

このように、未来人である信憑性が高まるような情報が様々ある中で、実はジョン・タイターは日本に関しても予言をしているのです!
1 2

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP