amp編集部amp編集部

【2020年の日本】未来人ジョン・タイターが予言した日本の未来図がヤバイ!

あなたはジョン・タイターという人物を知っていますか?
彼は2000年に突如インターネットの世界の掲示板に現れた、2036年から当時の現代に訪れたというタイムトラベラーなのです。

彼は複数の予言を残し、2001年の3月に「予定の任務を完了した」として忽然とその姿を消しました。

今回は彼の残した予言が的中したものと、今後の予言をお伝えしていきましょう。


的中した予言

出典:photoAC
<予言1>

イラクが核兵器を隠蔽しているという理由から、第2次湾岸戦争が勃発するものの核兵器が発見されることはない。


<結果>
2003年にイラク戦争が勃発し、核兵器が見つかることはありませんでした。
アメリカ合衆国が中心となり、イラク武装解除問題の進展義務違反を理由として始まったこの軍事介入をズバリ的中させています。

<予言2>

中国が宇宙へと進出。


<結果>
2003年の10月に中国では初となる有人宇宙船「神船5号」打ち上げ、これはソビエト連邦とアメリカ合衆国に次ぐ3番目の成功国となりました。

<予言3>

アメリカ国内にも狂牛病が発生する。


<結果>
イギリスにおいて初めて特定された狂牛病は、2003年12月ワシントン州において狂牛病第1号が発見されることとなりました。

<予言4>

新しいローマ法王が誕生する。


<結果>
2005年の4月、パウロ2世が死去。そこで、新たに第265代法王ベネディクト16世が選出される結果となりました。

<予言5>

アメリカの内政がイラク戦争やハリケーン被災者の救援対策の遅れにより悪化する。


<結果>
2005年8月末にアメリカ南東部に「ハリケーン・カトリーナ」が発生。数千人以上の死者を出すという最悪の結果を招くものとなりました。
出典:photoAC
未来人であることを証明するように、ジョン・タイターの予言は多く的中しています。本当に未来を見てきたような内容ですね。

さらに、IBM5100というIBMが市場に初めて投入したデスクトップコンピュータについても「APLやBASICが普及する前に書かれたIBMのプログラミング言語も解読できる事が判明する」と言及しています。
このことに関して、IBMの元エンジニアであるボブ・ダブックがこの事実を認めています。
なぜジョン・タイターが極秘情報であるこの事実を入手することができたのか不思議がっていたとの声もあるようです。

このように、未来人である信憑性が高まるような情報が様々ある中で、実はジョン・タイターは日本に関しても予言をしているのです!
1 2

amp編集部amp編集部

【あなたは信じる?】ハローバイバイ"関暁夫"が語る恐ろしくもリアルな都市伝説

都市伝説って「造り話じゃないか?」と思っていても、聞けば聞くほどリアルで身が震えますよね。
ハローバイバイの関暁夫さんの語る都市伝説は、そのどれもが疑いようのないほどの真実味をもっているのです。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、みなさんにも不思議な都市伝説を紹介したいと思います。


発売中止になった「イルミナティカード」

出典:YouTube
1995年に、「イルミナティカード」というカードゲームがアメリカで発売されました。
闇の支配者となって世界を征服するというルールでしたが、なぜか一年で販売中止に。

実はこのカード、未来を予測していると言われているのです。
例えば、9.11のテロや、東日本大震災での原子力事故の絵柄もカードに組み込まれているのだとか。

拡張パックとして、1998年に再びこのカードは発売されています。
Amazonで購入できるので、気になった人はぜひ購入してみてください。

2020年の日本と思われる絵柄や、今回の大統領選を示唆するカードが動画内にも見て取れるそう。
1 2 3

PAGE TOP