amp編集部amp編集部

【人気絶頂時になぜ…】伝説的バンドたちの”解散”理由とその背景が悲しい

私たちの日常を彩ってくれる音楽。その音楽を世に生み出してくれるのが多くのバンドの数々!
でも、バンドはやはり人の集まりなのでいかに売れていたバンドであったとしても”解散”という悲しい結果になることも多々あります。

あんなに大人気だったのに解散にいたってしまった気になるバンドの経緯をご紹介しましょう!


JUDY AND MARY

出典:Wikipedeia
ボーカルのYUKIを中心に凄まじい人気を誇っていたJUDY AND MARY(通称:JAM)。
JAMはリーダーであるベースの恩田が作ったバンドでした。
ただ、ギターであるTAKUYAがかなりの野心家であったようで、バンドでの実権をどんどん握って行きました。そして、バンド内でのヒエラルキーが当初とかなり変わってしまったようです。
後のインタビューでは、5thアルバムの製作中に「悪いけどみんなと同じだけの金じゃあやってやれないっすよ」とTAKUYAが発言していたとの発言もありました。
その直後、リーダーの恩田が脱退し、その理由を「TAKUYAひとりでもうできるのでは」としています。
結果、これが解散の直接の理由になったのだとか。

X JAPAN

出典:Twitter
その後のバンドに音楽性、ビジュアルともに多大な影響を与えたX JAPAN。
YOSHIKIを除く他のメンバーは次第にソロ活動を展開していきます。
そしてYOSHIKIが楽曲の相談をメンバーにしても「YOSHIKIがいいなら…」という楽曲に対する熱意があまり感じられない状態へ。
レコーディングも5人揃って行うことも終盤には少なくなっていたようで、結果的にTOSHIが脱退。
ボーカルはTOSHI以外には考えられないということで解散の道を辿ってしまいました。

REBECCA

出典:Twitter
今では女性ボーカルのバンドはたくさん存在しますが、今の日本に女性ボーカルのロックバンドを根付かせたのはREBECCAなのです。
オリコンで3ヶ月間トップを守ったという伝説的な記録を持つ楽曲”フレンズ”で爆発的ヒットを起こし、その地位を築いたのですが、人気絶頂期の1991年に解散。
もともと同じ音楽性を共有していたわけではないようで、「売れるバンド」作りを目標にしていたため、その目標を果たした結果続けていくモチベーションが下がってしまったのではないかとも言われています。

BLANKEY JET CITY

出典:YouTube
いかすバンド天国(通称:イカ天)という番組から有名になったBLANKEY JET CITY。メンバーはギターボーカルの浅井健一、ベースの照井利幸、ドラムの中村達也で構成されていました。
楽曲はほぼ全て浅井が作詞作曲しており、「Saturday Night」などで人気を得ました。
しかし、活動をしていくうちにメンバー間の確執が取りざたされており、ファンの間では浅井と照井の不仲が語られていました。
その中で浅井の興味はどんどんとソロに映ってしまい、結果として解散をする形に。

いかに人気があったバンドだったとはいえ、そこには人間関係が絶えずあり、そこにお金や音楽性の違いという要素も入ってしまうことで”解散”に至るのですね。
好きだったバンドの解散には”もったいない”という感情や”悲しい”という感情を持つファンが多くいることでしょう。
バンドをずっと続けていくということが難しいことはもちろんわかりますが、今活動しているバンドたちには是非今後も頑張って素晴らしい楽曲を届けて行ってほしいものですね!

佐々木ののか佐々木ののか

壁に描いたはずの絵がはがせる? 空間を自由にデザインできるテープ「HARU」とNittoのテクノロジー

Sponsored by Nitto

ワクワクするようなストーリーと驚きの仕掛けで話題の「日東電工株式会社(以下Nitto)」のWeb動画、あなたはもうご覧になりましたか?


実はこちら、手軽に貼ってサッとはがせるカラフルなテープ「HARU stuck-on design;」の動画なのです。

サッとはがせるテープと言えば「マスキングテープ」ですが、身の回りの小物などに貼って装飾するだけでなく、大きな“空間を自由にデザインできる”テープなのです。

一体どんな使い方ができるのか、実際に動画を見てみましょう。

「白い壁をキャンバスに、カラフルテープはフレームに」

最初に登場するのは、小さな男の子。壁に向かって何かをしているようです。
なんとクレヨンで絵を描いてしまっています。真っ白い壁にこれだけ派手に描かれてしまうと落ちなさそう。もう、壁紙ごと変えるしかないのでしょうか。
しかし、それを見たお母さんは笑顔で壁に向かい、絵をべリっとはがしてしまいました。その光景はまるで魔法のようですが、予め「HARU stuck-on design;」を貼っていたんですね。マスキングテープの使い方の概念を覆す、全く新しい提案です。

もちろん、壁は元の白いままです。
はがした絵はそのままのキレイな状態で、壁に貼っておけます。カラフルな「HARU stuck-on design;」で縁取れば、すぐにかわいいフレームのできあがりです。
壁に自由に描いたおえかきが立派な「作品」になりました。
また、「HARU stuck-on design;」で“おうち”を作って貼っておくと、小さい子でもお片付けができるように!まだあまりおしゃべりができない時期の“会話”。「HARU stuck-on design;」は言葉以外のコミュニケーションもデザインするのです。

“簡単に貼ってはがせる”から1日だけの特別な日にも

次の動画は、ランドセルを背負った男の子が帰宅するところから始まります。階段のタイルに貼ってあるカラフルな装飾をステップしながら歩いていく男の子。
ポップな装飾を辿って歩いてくると、家の中までたどり着きました。出迎えるお母さんの奥の壁に広がっていたのは……
「HARU stuck-on design;」で彩られたHAPPY BIRTHDAYの飾りつけ。今日はお子さんの誕生日だったようです。
文字だけでなく、動物の形やガーラント柄もつくれてしまうのは、50mm~600mmというサイズがある「HARU stuck-on design;」ならでは。3種類の素材を採用し、8種のカラーを軸としたグラフィックパターンが用意されているなど、バリエーションが豊富なのもうれしい特長です。
これだけ大胆に装飾しても、もちろん簡単にはがせます。ちょっともったいない気もしますが、後片付けのことを考えて小さくまとまるよりは、思いっきりお祝いしてあげたいですよね。

“はがれにくくてはがしやすい”防サビテープ「AEROSEAL®」

ポップに生活をデザインする「HARU stuck-on design;」をご紹介してきましたが、Nittoでは見えないところで皆さんの生活を支える製品も開発しています
その1つが「AEROSEAL®(エアロシール)」。航空機のフロアを支えるフレームを、温度差から発生した結露によるサビから保護するために開発された粘着テープで、厳しい米国航空機基準を通過し、現在は北米の航空会社で正式採用されています。
この製品が開発された背景には、機内客室の温度を適切に保つための特殊な断熱材の影響で、補強フレーム周辺は結露しやすく、サビやすいという問題がありました。過酷な環境にありながら、飛行機に要求される「燃えにくい、錆びにくい、」を実現したのが、AEROSEAL®だったのです。
さらに、はがれにくさを持ちながら、万が一小さなサビを見つけた際にはすぐにメンテナンスできる「はがしやすさ」も兼ね備えているのがAEROSEAL®のすごいところ。今後航空機以外にも、より身近なシーンでも活躍してくれそうです。

おわりに

Nittoの2つの製品の動画とサイトをご紹介してきました。生活をポップにデザインしたり、見えないところで堅実に安全を支えていたり。

Nittoのテクノロジーは色々なシーンで、私たちの生活に寄り添ってくれているようです。


Sponsored by Nitto
PAGE TOP