『Amp』リニューアルのお知らせ

Ampは2017年6月中旬よりリニューアルします。
詳細はこちらをクリックしてご確認ください。>>AMPリニューアルのお知らせ

amp編集部amp編集部

【騙されるな!】頭が固い人には絶対に理解できないミステリーマンガが話題

『マンガで分かる心療内科』で一躍有名となったゆうきゆう(@sinrinet)さん。
うつ病、認知症、適応障害などの症例について、登場人物のやり取りを通して解説を行う作風で人気を集めていますが…。

今、Twitter上でゆうきゆうさんが新たに描いた“頭の固い人には理解できない”ミステリーマンガが話題となっています!


出典:Twitter
とある女子大教授である“アキヒコさん”は御年68歳。
そんな彼が今年入学してきた女子大生“マリさん”に一目惚れしてまさかの結婚!50歳もの年の差カップルに周囲は驚きを隠せません。

そんな2人の結婚式に100歳近い老人が現れ、“マリさん”を「ママ」と呼び、彼女も「息子です」と言いました。

え?アキヒコさんと50歳差の女子大生なのに、100歳近いおじいさんが息子ってどういうこと!?

さぁ、この謎は解けましたか?

出典:photoAC
頭の柔らかい方は、すぐにピンときたのでしょうか。
わからなかったみなさんは、ココでつまずいてしまいますよね…

「今年入った女子大生だから18歳なのに…」

実はこれこそがこのマンガのミステリーを解く鍵なのかもしれません!

今年入った女子大生だからと言って、“マリさん”が18歳なんて、誰も言っていませんよね?

Twitterではさまざまな自論が展開されていましたが、有力なのは
そう!年の差“50”と言っても、実は年上なのはマリさんだということ。
お年を召してから大学に入学されたおばあちゃん女子大生だったのかもしれません!

Q2.「交通事故と執刀医のミステリー」

出典:Twitter
出典:Twitter
とある父娘がドライブに出かけると、不幸なことに事故に遭ってしまい、父親は即死、娘も重体で大学病院に運ばれました。
そこで待っていたのは高名なベテラン外科医。この方がその娘のオペを担当することに…。

しかし、その外科医は彼女の顔を見るなり驚いた表情でこう言いました。

「これは私の娘じゃないか…!」

え?父親は事故で即死してしまったのに、娘の親が執刀医を務めているってどういうこと!?

もちろん、もう謎は解けましたよね?

出典:photoAC
みなさん、このミステリーは解けましたか?
わからなかった人はきっとこう思ったことでしょう。

「執刀医をする男性が本当の親でドライブは義理の父としていた?」

この考え方も重大なミスかもしれません!
第1問と同じであなたの固定概念が答えの妨げになっています。

誰も“女の子の父親が執刀医を務める”とは言っていませんよね?

こちらもいろいろな意見が飛び交っていましたが、
そう!あなたが見落としていたのは“もう1人の親の存在”だったのかも!
つまり、執刀医を担当するのは、父親ではなく母親だったという答えが有力そうです!

“固定概念”に騙されるな!

人間とは怖いもので、知らず知らずのうちに自分の中で勝手に決めつけたり、固定概念を作り出してしまうものです。

普段から頭を柔らかく使うことができないと、咄嗟のときに対応が遅れてしまうかもしれませんよ!
固定概念は取り払い、フラットな状態で物事を見ることができるといいですね。

amp編集部amp編集部

【考えただけでゾッとする…】相手は幽霊じゃない!恐ろしすぎる“恐怖体験”7選

みなさんは、“恐怖体験”といったら何を思い浮かべますか?

普通の人ならば心霊現象を考えるかもしれませんが、それ以外にも世の中には怖い出来事であふれかえっています。

今回は"幽霊は登場しない"のに思わずゾッとするエピソードをまとめてみました。


突然声をかけてきたお姉さん

出典:Twitter
何このスパイ映画のような展開!
現実世界で起こるなんて怖すぎる…!
その後…
出典:Twitter
お姉さんナイス!
もし、この方がいなかったらどうなっていたことか…?
ご無事で何よりでした…。

アメリカ人が誘ってくれたパーティー

出典:Twitter
イケメンだからって油断してたらまさか“ゲイパーティー”だったなんて!
逆にチューだけで済んでよかったのかもしれません…。

毎日やってくる迷惑メール

出典:Twitter
迷惑メールを送ってくる輩ですら恋人がいるのに私ときたら…。
一体、このわびしさをどこにぶつければいいのでしょうか?

太ったお腹が気になっていたら…

出典:Twitter
異状を感じて病院に行ってよかった…!
先生は冷静に告げているものの、聞いた瞬間にはヒヤッとしたことでしょう。

残業して帰宅中に…

出典:Twitter
これは絶対に見たくない光景…!
おびただしい数のGなんて、人が人なら見た瞬間卒倒してもおかしくありません。

入院中に点滴が…

出典:Twitter
これは見た瞬間にギョッとしたでしょうね。
点滴が曲がっていたなんて…何事もなくて幸いでした。

どれももし自分の身に起こったら“ゾッとする”なんて言葉じゃ済まないような出来事ばかり!
みなさん、こんな現実に起こり得る恐怖体験に出会わないように、気をつけて日々を過ごしましょう!

PAGE TOP